藤原岳 鈴鹿山脈

広がる雪原 藤原岳 表登山道~木和田尾

2015-02-15


前回は雷雨に無展望と散々な結果に終わった藤原岳。
季節を冬に変え、バリエーションルートで再挑戦!

概要

三重県いなべ市と滋賀県東近江市に境界にある1,140mの山「藤原岳」
積雪期の鈴鹿山脈では綿向山、御在所岳に次ぐ人気の山です。

(「藤原岳-いなべ市観光協会 」より)

三重県の山」掲載の表登山道(大貝戸道)から登り、木和田尾へ下りる周回ルートを歩いてきました。

日程 2015年2月11日
ルート 表登山道(大貝戸道) ⇒ 藤原岳 ⇒ 木和田尾
アクセス Googleマップで「藤原岳登山口休憩所 」を確認!
三角点 頭蛇ヶ平 二等三角点 「坂本村」
周辺情報 大貝戸登山口駐車場 20台

トレッキングレポート


表登山道の登山口には25台ほどの専用駐車場があります。
Googleマップでここまで来れてすごく便利!
8時半にはほぼ満車になっていました。


(8:50)
表登山口の神武神社。
「藤原さん、今日もよろしくお願いします。」
そうお辞儀をする登山者にならってペコリ。


ここ数日の雪に覚悟をしてきました・・・
登山道は地肌が見えていますね。雪は何合目からかな?


(9:25)
30分ほどで四合目へ。登山道が雪に覆われてきました。
緩やかな綿向山は大丈夫でしたが既にきつい!
開始1時間はきついものだと言い聞かせながら足を進めます。


五合目から看板が見当たらないまま30分ほど進むと
雪深い急登が始まります。これはもしや・・・?


(10:05)
聖宝寺道との合流地点、八合目に到着!
ここから冬道の直登となるのでアイゼンを装着。


九合目付近に来ると眺望が得られます。
鈴鹿山脈と養老山地に囲まれたいなべ市が一望!


足元に視線を落とすと雪庇を発見。
登っている時には全く気付くけませんでした。


九合目を越え、藤原山荘の新トイレ横を通過。
残念ながらまだ未完成ですがありがたいですね。


(11:05)
藤原岳山頂は目前ですが藤原山荘へ。
混雑する前に昼食にします。


(11:50)
食事休憩をたっぷり取って足も回復!
緩やかな下りは足が軽快に進みます。


下るだけ下ってこのピークを登り切れば山頂です。
登頂したわけでもないのにテンションもピーク!


その数十秒後にホワイトアウトへ突入!
幸いすぐに霧散しましたが変化の速さが尋常じゃない・・・。


(12:10)
藤原山荘から15分で山頂へ到着。
前回は真っ白で見られなかった展望がやっと!
一度は登った山だけど、来て良かった!


眺望を夢中に撮っているところを盗撮されました。
撮られたのに全く気が付かなかった・・・。


山頂付近は樹氷も確認できます。
綿向山と比べると小ぶりですが立派に樹氷です。


(12:35)
達成感と共に嬉々として駆け下り、藤原山荘裏から天狗岩へ。
広がる雪原に思わず1枚パチリ。


(12:50)
トレースを追いかけて天狗岩に向かったつもりがP1128。
ここから撮った藤原岳がトップ画となりました。


天狗岩へはトレースがしっかりついています。
雪はかなり深くなってきました。


(13:25)
天狗岩へ到着したものの岩はどこ?状態です。
看板の先は雪庇が怖くて行けません・・・。


藤原岳から遠くまで歩いてきました。
薄いながらにトレースが見つかったので木和田尾方面へ。


(13:30)
天狗岩から少し北へ降りると展望地がありました。
こちらは鈴鹿山脈の最高峰、御池岳。


頭蛇ヶ平までは大変でした。
スノーシュ一人分のトレースを軽アイゼンで追いかけるわけですから
一歩一歩が全て踏み抜き。お尻に力が入らなくなりました。


(14:30)
鉄塔の立つ頭蛇ヶ平はパノラマビュー!
こちらは烏帽子岳、三国岳方面。
ここまでに溜めたストレスが一気に解放されます。


この辺りは雪と氷が混じった不思議な雪面。
足が軽い!一歩が軽い!


木和田尾はペンキの案内が充実していて安心。
下りはアイゼンを外すタイミングが難しいですね。


(15:25)
こちらは坂本谷分岐ですが、坂本谷は登山道崩壊で通行禁止。
そのまま木和田尾を進みます。


(15:50)
主要登山道から少し離れて子向井山へ寄り道。
雪が消え薄い踏跡を追いますがなかなか不安でした。

踏跡が獣道に突入し、シューズを泥で汚しながら進みました。
この登山口の少しずれたところへ出てきました。
恐らく踏跡の主も迷い込んだのでしょうね。

ここから45分歩いて大貝戸パーキングへ戻りました。
さすがに17時を超えると車はありません。
日暮れ前に戻ってこれて本当に良かった!

二度目の藤原岳ですが、季節を変えるとこうも新鮮なんですね。
雷雨に無展望で残念な記憶を綺麗に塗り替えられました。
花の百名山でもあるので花の時期にルートを変えてまた来ようと思います。

最後まで読んでくださってありがとうございました!

藤原岳はいかがでしたか?

登山ランキング

興味が湧いた人は応援クリック!


参考になった書籍

紹介された記事


藤原岳の山行記録

藤原岳 鈴鹿山脈

2019/9/8

藤原岳 孫太尾根 念願の福寿草に会えた!

2014年に福寿草を知り、2015年は入道ヶ岳で空振り。 2年もの時を待ち続け、藤原岳で福寿草と対面を果たしました! この記事が気に入ったらいいね ! しよう

藤原岳 鈴鹿山脈

2020/6/11

広がる雪原 藤原岳 表登山道~木和田尾

前回は雷雨に無展望と散々な結果に終わった藤原岳。 季節を冬に変え、バリエーションルートで再挑戦! この記事が気に入ったらいいね ! しよう

藤原岳 鈴鹿山脈

2020/5/13

藤原岳 裏登山道(聖宝寺道)~表登山道(大貝戸道)

鈴鹿セブンマウンテンの年内制覇を目指して鈴鹿山脈へ。 2座目は花の百名山にも名を連ねる藤原岳! この記事が気に入ったらいいね ! しよう

鈴鹿山脈の山行記録

鈴鹿山脈

2020/7/8

菰野富士 鈴鹿山麓の展望台 鳥居道ルート

菰野富士は鈴鹿山脈・濃尾平野・伊勢湾を望める絶好の展望台です。 明瞭な登山道を歩けば20分でパノラマビューが楽しめます。 この記事が気に入ったらいいね ! しよう

霊仙山 鈴鹿山脈

2020/7/3

森林限界越えの光景が楽しめる 霊仙山 榑ヶ畑ルート

霊仙山は広大な山頂台地をもち、アルプス的な光景が広がり 森林限界を越えた世界を覗き見ることができる。 初心者を連れて行くなら、霊仙山を選びます。 この記事が気に入ったらいいね ! しよう

鈴鹿山脈

2020/3/12

鍋尻山 カルスト台地に咲く福寿草へ会いに行こう!

登山口の標高が600mを超えるからかすぐに福寿草に会えます。 山頂までゆっくり登っても1時間あれば十分登れるでしょう。 アクセスに難がありますが、それを補って余りある価値がありました! この記事が気に入ったらいいね ! しよう

鈴鹿山脈

2020/6/27

連続するピークは鈴鹿屈指の高度感 仙ヶ岳 南尾根~白谷道

鈴鹿セブンマウンテンに次ぐ鈴鹿山脈の名峰、仙ヶ岳。 落石だらけの石谷川林道に荒々しい岩稜が続く南尾根。 朽ちた橋、ハシゴ、鎖場と変化に富んだ楽しいお山でした! この記事が気に入ったらいいね ! しよう

鈴鹿山脈 入道ヶ岳

2019/12/28

幸福を招く福寿草を求めて 入道ヶ岳 井戸谷~北尾根

存在は知りつつも、場所が分からず会えなかった入道ヶ岳の福寿草。 しっかりと情報収集した甲斐あって、無事会えました。 幸福をもたらす福寿草・・・見に行きたくなりませんか? この記事が気に入ったらいいね ! しよう

烏帽子岳 鈴鹿山脈

2019/9/8

シロヤシオとホンシャクナゲ咲く 烏帽子岳 細野ルート

竜ヶ岳以外でシロヤシオが楽しめると訪れた烏帽子岳。 花は咲いてはいたものの、裏年でその数は寂しいものでした。 表年のシロヤシオは是非、ご自分の目で楽しんでくださいね! この記事が気に入ったらいいね ! しよう

鈴鹿山脈

2019/9/8

ミツマタ浮かぶ幽玄の森 野登山 ミツマタの森~表参道

一面に広がるミツマタはまさに群生! 100座以上登っても知らない景色がそこには広がっていました。 鈴鹿山脈では今一つぱっとしない野登山ですがミツマタの森は必見です! この記事が気に入ったらいいね ! しよう

霊仙山 鈴鹿山脈

2020/7/3

霊仙山 今畑~落合 残雪の西南尾根から石灰岩高原の頂へ

西南尾根は展望が良く、歩き応えのある期待通りの素晴らしさ。 やや距離があるので無雪期がオススメです。 この記事が気に入ったらいいね ! しよう

鈴鹿山脈 御在所岳

2019/9/8

御在所ロープウェイで行く!雪の御在所岳 裏道をヒップソリ滑走

御在所ロープウェイと観光リフトの利用して山頂までワープ。 寒さと雪に体力を奪われる過酷な雪山も下山だけなら楽しさしかありませんでした。 自らの足で登られる方々には申し訳なく思うものの、「あり」と断言します! この記事が気に入ったらいいね ! しよう

鈴鹿山脈 入道ヶ岳

2019/9/8

雪山初級者おすすめ!入道ヶ岳 二本松尾根~井戸谷

二本松尾根は良く踏まれており、アイゼンなしで登れました。 井戸谷は濃尾平野を眺めながらのシリセードが楽しい! 雪の深さにも幅があり、雪山初心者にもおすすめしたいお山でした! この記事が気に入ったらいいね ! しよう

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

-藤原岳, 鈴鹿山脈
-, , , , , , ,

© 2020 いちのトレッキングブログ