鈴鹿山脈

菰野富士 鈴鹿山麓の展望台 鳥居道ルート


菰野富士は鈴鹿山脈・濃尾平野・伊勢湾を望める絶好の展望台です。
明瞭な登山道を歩けば20分でパノラマビューが楽しめます。

概要

三重県三重郡にある、標高369mの山「菰野富士」
鈴鹿山脈の麓、笠を伏せたような山容の独立峰。
山頂からは360度の大展望が楽しめる。

(「『菰野富士』チャレンジハイキングコース-鳥居道駐車場」より)

日程 2020年6月28日
ルート 鳥居道駐車場 ⇒ 菰野富士
アクセス Googleマップで「鳥居道駐車場 」を確認する
近鉄湯の山線 湯の山温泉駅から徒歩35分
三角点 三角点はありません
周辺情報 鳥居道駐車場 12台 無料

トレッキングレポート


(14:10)
菰野富士登山の起点となる鳥居道駐車場。
雨上がりの鈴鹿山脈、ヤマビルに会いませんように・・・


近鉄湯の山温泉から菰野富士山頂までは3,776m。
富士山の標高と同じ距離を歩く・・・面白い取り組みですね!


案内板の左から降り、川へ向かいます。
川のせせらぎと苔生す道が安らぎをくれました。


石が埋め込まれた階段を下り、うぐいす橋を渡る。
木造りの橋は温もりを感じられて良いですね。


雨上がりで蒸し暑い中、耳は心地良い。
川のせせらぎは暑さを少しだけ忘れさせてくれました。


うぐいす橋を渡って道なりに右へ。
鈴鹿山脈らしい良く踏まれた登山道が始まります。


ドクダミの花が咲いていました。
田舎でたまに見かけるけど、登山道では珍しい。


菰野富士・鳥居道キャンプ場分岐。
折り返すように丸太階段が続きます・・・段差がきつい!


(14:10)
丸太階段を登り切ると、菰野富士・東海自然歩道分岐。
東海自然歩道を離れ、登山道が始まります。


足元にはどこか可愛らしい葉っぱ達。
葉っぱが可愛くみえるって珍しいけど、どうでしょうか?


雨水に削られた登山道。
明瞭なのも良いけど、自然を感じられるのも良い。


鈴鹿らしい踏みに踏まれた明瞭な登山道。
痩せ尾根を抜けると杉の植林帯に入ります。


道なり右へ曲がった小ピークにある陸軍用地碑。
ここだけでなく度々姿を現します。


小ピークを過ぎると少しだけ下ります。
傾斜があると水が登山道を削って表情が出ますね。


陸軍用地碑が引き続き案内してくれます。
「第六二号一」・・・日露戦争後に軍用地とされたそうです。


緩やかに下ってちょっぴり登り返し。
登山道を守るための補強が目印になります。


土砂が流れ、木の根が露出。
どこか自然を感じられて好きだな。


苔生す岩が露出したところがありました。
雨上がりは滑りやすくなるので注意してください。


すぐに合流する分岐は丸太とほうきでブロック!


(14:20)
尾根・巻道分岐はどちらも山頂へ続きます。
迷ったときは尾根を歩くと外しません。


頭上が開け、明るくなりました。
山頂が近く感じられて歩幅が広がります。


案内板を過ぎれば、ほぼ山頂。


地平線へ続き、空と繋がる登山道。
気持ちのままに駆け出しても緩やかだから大丈夫!


こんもりとして芝生が広がる菰野富士。
360度の眺望を楽しみましょう!


(14:25)
菰野富士の山頂からは菰野町の町並みが見渡せる。
この眺望まで15分。訪れたくなりませんか?


山頂にある石造りのベンチ。
座って眺望を楽しめば、山談義に花が咲きます。


鈴鹿スカイラインの奥には鈴鹿山脈を代表する山々。
左から鎌ヶ岳、御在所岳、国見岳。


御在所岳 紅葉の中登山道~国見岳

地元の低山が続いたので気分を一新し、三重県へ初進出! 御在所ロープウェイで知られる御在所岳を登って来ました。 この記事が ...


P550越しに顔を覗かせる雲母峰。
次回の鈴鹿低山はきっとここを登りに行きます。


松門の奥には伊勢湾が広がっていました。
海や琵琶湖を見て嬉しくなるのはどうしてでしょうね?


笠岳越しに見える養老山地。
トレイルランニングレースに盛り上がる山域です。


(14:45)
山談義をたっぷり20分楽しみました。
名残惜しいけど、そろそろ帰ろう。


傾斜がきつく、距離が短い北ルートで下山します。


鳥居道ルートと比べ、かなり急。
滑りやすいので本当に注意してください。


肉眼では良く踏まれた明瞭な登山道。
写真では分かりません。油断しないでください。


尾根に乗るとぐっと傾斜が落ち着きます。
下るより登り向きのルートですね。


登山道の案内板に癒されました。
人の温もりってどうしてこんなに心温まるんだろう?


山では珍しい柊。
節分の魔除け・・・柊鰯以来の再会です。


心地良いせせらぎを奏でる沢を一跨ぎ。
ヤマビルが怖いので歩幅を広げて行きます。


沢を右に見て、緩やかで明瞭な登山道。
走れるくらいの傾斜になりました。


驚きの大駐車場が整備されていました。
まさか菰野富士登山のため・・・?


駐車場手前にある森林の風施業地。
鳥居道駐車場へは繋がっていませんでした・・・


国道477号を歩いて鳥居道駐車場へ戻ります。
ガードレールがなくなるので注意してください。


山で見られなかったギボウシが労ってくれました。
道路歩きは退屈だけど、こんな出会いがあるから面白い。


鳥居道駐車場に戻って、ヤマビルを確認・・・
・・・いました。幸い血は吸われず被害はありません。

菰野富士は鎌ヶ岳・御在所岳を望む、絶好の展望台です。
明瞭な登山道を歩いて20分でパノラバビューが楽しめます。

名古屋から近く人気が高い鈴鹿山脈にはこんな山もあるんです。
距離が短く緩やかなので子連れ登山にもおすすめです!
ただし、ヤマビルに注意してくださいね!

最後まで読んでくださってありがとうございます!

菰野富士はいかがでしたか?

登山ランキング

興味が湧いた人は応援クリック!


ヤマビル対策の決定版!

株式会社エコ・トレード
¥1,320 (2020/08/04 09:42:30時点 Amazon調べ-詳細)

紹介された記事

鈴鹿山脈の山行記録

鈴鹿山脈

2020/7/8

菰野富士 鈴鹿山麓の展望台 鳥居道ルート

菰野富士は鈴鹿山脈・濃尾平野・伊勢湾を望める絶好の展望台です。 明瞭な登山道を歩けば20分でパノラマビューが楽しめます。 この記事が気に入ったらいいね ! しよう

霊仙山 鈴鹿山脈

2020/7/3

森林限界越えの光景が楽しめる 霊仙山 榑ヶ畑ルート

霊仙山は広大な山頂台地をもち、アルプス的な光景が広がり 森林限界を越えた世界を覗き見ることができる。 初心者を連れて行くなら、霊仙山を選びます。 この記事が気に入ったらいいね ! しよう

鈴鹿山脈

2020/3/12

鍋尻山 カルスト台地に咲く福寿草へ会いに行こう!

登山口の標高が600mを超えるからかすぐに福寿草に会えます。 山頂までゆっくり登っても1時間あれば十分登れるでしょう。 アクセスに難がありますが、それを補って余りある価値がありました! この記事が気に入ったらいいね ! しよう

鈴鹿山脈

2020/6/27

連続するピークは鈴鹿屈指の高度感 仙ヶ岳 南尾根~白谷道

鈴鹿セブンマウンテンに次ぐ鈴鹿山脈の名峰、仙ヶ岳。 落石だらけの石谷川林道に荒々しい岩稜が続く南尾根。 朽ちた橋、ハシゴ、鎖場と変化に富んだ楽しいお山でした! この記事が気に入ったらいいね ! しよう

鈴鹿山脈 入道ヶ岳

2019/12/28

幸福を招く福寿草を求めて 入道ヶ岳 井戸谷~北尾根

存在は知りつつも、場所が分からず会えなかった入道ヶ岳の福寿草。 しっかりと情報収集した甲斐あって、無事会えました。 幸福をもたらす福寿草・・・見に行きたくなりませんか? この記事が気に入ったらいいね ! しよう

烏帽子岳 鈴鹿山脈

2019/9/8

シロヤシオとホンシャクナゲ咲く 烏帽子岳 細野ルート

竜ヶ岳以外でシロヤシオが楽しめると訪れた烏帽子岳。 花は咲いてはいたものの、裏年でその数は寂しいものでした。 表年のシロヤシオは是非、ご自分の目で楽しんでくださいね! この記事が気に入ったらいいね ! しよう

鈴鹿山脈

2019/9/8

ミツマタ浮かぶ幽玄の森 野登山 ミツマタの森~表参道

一面に広がるミツマタはまさに群生! 100座以上登っても知らない景色がそこには広がっていました。 鈴鹿山脈では今一つぱっとしない野登山ですがミツマタの森は必見です! この記事が気に入ったらいいね ! しよう

霊仙山 鈴鹿山脈

2020/7/3

霊仙山 今畑~落合 残雪の西南尾根から石灰岩高原の頂へ

西南尾根は展望が良く、歩き応えのある期待通りの素晴らしさ。 やや距離があるので無雪期がオススメです。 この記事が気に入ったらいいね ! しよう

鈴鹿山脈 御在所岳

2019/9/8

御在所ロープウェイで行く!雪の御在所岳 裏道をヒップソリ滑走

御在所ロープウェイと観光リフトの利用して山頂までワープ。 寒さと雪に体力を奪われる過酷な雪山も下山だけなら楽しさしかありませんでした。 自らの足で登られる方々には申し訳なく思うものの、「あり」と断言します! この記事が気に入ったらいいね ! しよう

鈴鹿山脈 入道ヶ岳

2019/9/8

雪山初級者おすすめ!入道ヶ岳 二本松尾根~井戸谷

二本松尾根は良く踏まれており、アイゼンなしで登れました。 井戸谷は濃尾平野を眺めながらのシリセードが楽しい! 雪の深さにも幅があり、雪山初心者にもおすすめしたいお山でした! この記事が気に入ったらいいね ! しよう

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

-鈴鹿山脈
-

© 2020 いちのトレッキングブログ