竜ヶ岳 遠足尾根 振り返り
一昨年前に竜ヶ岳のシロヤシオを知り、昨年は裏年で花が少なく断念。
2年間待ち続けてやっとこの景色に出会うことができました。
花あり、滝あり、巨岩あり、稜線歩きにパノラマビューと見どころたっぷりのお山でした!

book 概要

三重県いなべ市、滋賀県東近江市の境界にある標高1,099mの山「竜ヶ岳」
鈴鹿山脈中部に位置し、鈴鹿セブンマウンテンに選定されています。

宇賀渓 登山道位置確認No.(「宇賀渓(竜ヶ岳)登山マップ-いなべ市」より)

三重県側の宇賀渓から登山道が開設されています。
いなべ市公式の登山ルートは5ルート。
・表道(石榑峠 ⇒ 重ね岩 ⇒ 大ガレ ⇒ 竜ヶ岳)
・中道(ヨコ谷出合 ⇒ ヨコ谷 ⇒ 中道尾根取付 ⇒ 竜ヶ岳)
・裏道(ホタガ谷入口 ⇒ ホタガ谷 ⇒ 裏道遠足分岐 ⇒ 治田峠分岐 ⇒ 竜ヶ岳) 通行止め
・遠足尾根(遠足尾根登山口 ⇒ 岩山展望台 ⇒ 遠足新道分岐 ⇒ 遠足大鉢山分岐 ⇒ 遠足裏道分岐 ⇒ 遠足金山分岐 ⇒ 治田峠分岐 ⇒ 竜ヶ岳)
・金山尾根(金山尾根入口 ⇒ 蛇谷分岐 ⇒ 金山展望台No.160 ⇒ 遠足金山分岐 ⇒ 治田峠分岐 ⇒ 竜ヶ岳)
この他、藤原岳、三池岳からの縦走ルートもあり。

三重県の山」掲載の金山尾根から竜ヶ岳へ至り、表道から石榑峠を経て宇賀渓沿いを戻りました。

日程 2016年5月22日
ルート 宇賀渓キャンプ場 ⇒ 金山尾根 ⇒ 竜ヶ岳 ⇒ 表道 ⇒ 石榑峠 ⇒ 宇賀渓キャンプ場
登山口ナビ Googleマップで「宇賀渓キャンプ場」を検索!
三角点 竜ヶ岳 二等三角点 「竜ケ岳」
周辺情報 宇賀渓キャンプ場駐車場 160台 普通車 500円
落合橋無料駐車場 15台

camera 写真館

竜ヶ岳 遠足尾根 シロヤシオ
載せ切れない写真はこちら ⇒ 竜ヶ岳 金山尾根~石榑峠-flickr

pen トレッキングレポート

竜ヶ岳 国道421号 路肩
(9:25)
シロヤシオが花開くこの時期の竜ヶ岳は一年を通して最も人気が高まります。
9時には宇賀渓駐車場から車があふれ、国号421号線を戻ってこちらの路肩に駐車。

竜ヶ岳 宇賀渓キャンプ場 無料駐車場
(9:40)
宇賀渓キャンプ場前にある落合橋無料駐車場ももちろん満車。
例年、シロヤシオの最盛期はGW過ぎで遅れを心配していましたが
この混雑を見ると心配なさそう・・・一安心です。

竜ヶ岳 国道421号より竜ヶ岳
国道421号から竜ヶ岳の山頂を確認することができました。
左の大ガレに笹原が広がる山頂部・・・さすがにシロヤシオの羊は見えないけれど、それは後のお楽しみ。
少し距離はあるものの、待ちに待った時間を思えば全く気になりません。

竜ヶ岳 宇賀渓キャンプ場 入口
(9:45)
竜ヶ岳登山の起点となる宇賀渓。
滝巡りは人気が高いらしく、シロヤシオに次ぐお楽しみの一つです。
今回はそのうちの魚止滝、長尾滝、五階滝を巡ります。

竜ヶ岳 宇賀渓観光案内所 宇賀渓登山道位置確認No.
宇賀渓観光案内所前に登山道マップがありました。
看板の番号でおよその位置を把握することができる優れもの!
このマップはいなべ市のホームページから入手することもできます。

竜ヶ岳 宇賀渓キャンプ場
売店の間を抜け、アーチをくぐって金山尾根に向かいます。

竜ヶ岳 宇賀渓キャンプ場 北河内橋
(9:50)
小さな北河内橋を渡り、竜ヶ岳登山道へ続く北河内林道へ入って行きます。

竜ヶ岳 宇賀渓キャンプ場 吊橋
宇賀渓北河内吊橋が表れると吊橋好きのしなが突撃!
満面の笑みを浮かべながら「揺れる!揺れる!」と駆け回る姿はまさに子供のようでした。

竜ヶ岳 北河内林道
宇賀渓から北河内林道終点のホタガ谷まではおよそ20分。
身体をゆっくり温めて行きましょう。

竜ヶ岳 北河内林道 竜の雫
(10:00)
宇賀渓登山道マップにもあった水場・・・その名は「竜の雫」
このネーミングセンスには思わずニヤリ。

竜ヶ岳 遠足尾根入口
(10:10)
今回は見送ることになる遠足尾根入口。
遠足尾根は距離はあるものの眺望に優れる初心者向けルートです。
いなべ市観光協会では下りにおすすめしています。

竜ヶ岳 登山道 白滝丸太橋
通行止めの裏道へ続くホタガ谷入口を過ぎれば、間もなく北河内林道も終わり。
立派な看板とは裏腹に小さな白滝丸太橋を渡ればいよいよ登山道が始まります。

竜ヶ岳 登山道 白滝丸太橋 しな
ちょっぴり揺れる白滝丸太橋にしなも笑顔に・・・

竜ヶ岳 登山道 魚止橋
(10:15)
渡ったと思ったらすぐさま魚止橋を渡って対岸へ。
丸太橋に比べれば安心な作りですが過信は禁物。
一度に5人以上の利用は禁止です。

竜ヶ岳 登山道
登山道らしくなってきました。
巻き気味に金山尾根入口を目指します。

竜ヶ岳 魚止滝前の滝
(10:20)
金山尾根に入る前に宇賀渓へ降り、魚止滝へ立ち寄りました。
透き通った水に響く水音、そして水しぶき・・・やっぱり滝は良いなぁ

竜ヶ岳 魚止滝
(10:25)
・・・と思ったら魚止滝はもう少し先にありました。
エメラルドグリーンの滝壺を眺めているだけで何かが癒されていく。
パワースポットでありヒーリングスポットですね!

竜ヶ岳 鎖場
(10:30)
まだ序盤なのにロープ場が表れて少しびっくり!
足元しっかりなので念の為のロープでした。

竜ヶ岳 金山尾根入口
(10:35)
いよいよ金山尾根へ。
ここまではウォーミングアップ・・・本格的に登りが始まります。

竜ヶ岳 金山尾根 登山道
花崗岩が露出する金山尾根。
傾斜が一段きつくなりますが身体は既に温まっているので大丈夫。

竜ヶ岳 金山尾根 登山道
(11:10)
30分ほど登ればザレ気味の尾根へ。
少しの間緩やかで快適な尾根歩きへ入りました。

竜ヶ岳 金山尾根より山頂
ここに来て竜ヶ岳が再び姿を表しました。
手前に見えているのは中道尾根。右奥に見えるのが山頂です。

竜ヶ岳 金山尾根 登山道
P587付近に入ると登山道が一気に痩せてきました。
蛇谷分岐後も巻き気味の緩やかな道が続きます。

竜ヶ岳 金山尾根 登山道
急登を越えると新緑が美しい開けた森へ入りました。
急登と平坦がテンポ良く入れ替わるのでいつ休憩を入れるか・・・

竜ヶ岳 金山尾根 ギンリョウソウ
こちらのギンリョウソウはまだこれからですね。

竜ヶ岳 金山尾根 登山道
(11:55)
やがて岩塊の集中する岩尾根へ。
写真はインパクトがありますが問題なく進むことができます。

竜ヶ岳 金山尾根より山頂
岩尾根を乗り越えると左側が開け、再び竜ヶ岳が姿を表します。
笹原を進む中道。その右の鞍部にはシロヤシオの羊が確認できました!
年によっては山頂直下が全てシロヤシオで埋め尽くされるようです。

竜ヶ岳 金山尾根より遠足尾根
(12:10-50)
時刻も正午を過ぎたので、少し開けた場所で昼食タイム。
遠足尾根を行く人々を眺めながらしっかりチャージ。

竜ヶ岳 金山尾根 ヤマツツジ
一本だけ鮮やかに咲く誇るヤマツツジ。
シロヤシオを求めて竜ヶ岳に来たのにちょっぴり得した気になりました。

竜ヶ岳 金山尾根 シロヤシオ
念願のシロヤシオが姿を表し始めました。
花が落ちていたり、痛んでいるものも多くありましたが
高度を上げて行けば美しいシロヤシオが待っているはず・・・

竜ヶ岳 金山尾根 遠足尾根・金山尾根分岐手前
この階段を登り切れば金山尾根と遠足尾根の合流点。
快適な稜線歩きの始まりです。

竜ヶ岳 金山尾根より遠足尾根
遠足尾根・・・見るだけでワクワクする稜線の素晴らしさ。
ここを駆け下りたらどんなに気持ち良いんでしょう?

竜ヶ岳 金山尾根・遠足尾根分岐
(13:05)
金山尾根・遠足尾根合流点。
「この先はシロヤシオが満開ですよ!」の声に思わずにっこり。

竜ヶ岳 遠足尾根 クラ
(13:10)
P1042のクラ周辺から本格的にシロヤシオの中へ入って行きます。

竜ヶ岳 遠足尾根 シロヤシオ
皆が皆、シロヤシオを見上げながら笑顔で歩いていました。
そこだけで終わることなく続いて行くのが本当に素晴らしい!

竜ヶ岳 遠足尾根 シロヤシオ
足元を見るとかなりの花が落ちてしまっています。
ピークを過ぎてこれならピークはもっと・・・?

竜ヶ岳 遠足尾根 シロヤシオ
花咲く春の山としてはカタクリの鳩吹山、イワザクラの舟伏山、福寿草の藤原岳、アセビの入道ヶ岳が浮かびます。
この竜ヶ岳はそれら全てを抜きさる素晴らしさでした。

竜ヶ岳 遠足尾根 治田峠分岐
(13:20)
シロヤシオの森を抜ければ、藤原岳へ続く治田峠分岐。

竜ヶ岳 遠足尾根より南
金山尾根と中道尾根の間に点々と広がるシロヤシオは羊の放牧とも言われます。
今回はちょっぴり羊が少なく寂しいですね。
奥には釈迦ヶ岳、雲母峰、御在所岳が見えてきました。

竜ヶ岳 遠足尾根より山頂
気付けば竜ヶ岳の山頂がすぐそこに迫っていました。
笹原に走る登山道はいつみても心を躍らせてくれます。

竜ヶ岳 遠足尾根 振り返り
歩いて来た稜線を振り返ると鈴鹿屈指の開放的な登山道が続いていました。
また別ルートで来てここを駆け下りてみなきゃ!

竜ヶ岳 遠足尾根より山頂
(13:35)
「良し!ラストスパートだ!」とテンションを上げて駆け出すものの1/3ほどでダウン。
毎回走りきれたことはないけれど、駆け出す足は止められません。
走ることはできなくても歩幅は広がり自然とペースは上がっていきます。

竜ヶ岳より御池岳・藤原岳
少し登って振り返れば鈴鹿山脈北部の藤原岳と御池岳。
この周辺は「三重県の山」の表紙にも使われています。

竜ヶ岳 山頂 山名板
(13:40)
笹が切り払われパノラマビューの竜ヶ岳山頂。
シロヤシオ目当てのハイカー達で賑わっていました。
食事休憩を除いて3時間15分・・・魚止滝やシロヤシオを考慮すると宇賀渓から3時間弱。

竜ヶ岳 山頂 いなべ方面の眺望
鈴鹿セブンマウンテンの中では入道ヶ岳からの眺望がお気に入りでした。
しかし、竜ヶ岳からの眺望はそれを塗り替える最高の眺め。
鈴鹿セブンマウンテンで後回しになりやすいだなんて信じられない!

竜ヶ岳 山頂 表道
(14:25)
眺望を楽しみ、携行食をしっかりチャージ。
帰路は表道から石榑峠を経て宇賀渓へ降りて行きます。

竜ヶ岳 表道 大ガレ 迂回路
(14:30)
大ガレ前にある「斜面崩壊 立ち入り危険」
・・・危険、禁止とは書いていない。

竜ヶ岳 表道 大ガレ
大ガレ上はそれなりに登山道が続いていました。
前を見て歩くことはできても、崖下を覗き込むことはできません。
怖いものしらずのしなは平気で覗き込んでいました・・・すごい。

竜ヶ岳 表道 重ね岩
(15:00-15)
シロヤシオが敷かれた森の急斜面を駆け下りて重ね岩へ。
こういった名のある巨岩があると登りたくなって・・・

竜ヶ岳 表道 重ね岩 いち
しなは腕力に任せて登ってしまい、子猫のように降りられなくなるハプニング。
岩場は降りることも考えて登らなければならない・・・良い教訓になりました。
次は俺の番!重ね岩からの眺望は最高の一言!

竜ヶ岳 表道 重ね岩の写真を撮るしな
この写真を撮るためにしなも向かい岩に登っていました。
この二人を更に客観的に写真へ納めることができたら面白そう!
でも、二人で打ち止め・・・残念です。

竜ヶ岳 表道 登山道 しな
ザレ気味の掘割道は縁を歩いて転倒防止。
細かく分岐していますが、やがて合流するので心配はありません。

竜ヶ岳 表道 ザレ丘
(15:30)
釈迦ヶ岳の羽鳥峰を思い出すザレたピーク。

竜ヶ岳 表道 登山道
入道ヶ岳の山頂部を思い出すアセビの森を抜ければやがて石榑峠へ。

竜ヶ岳 表道 石榑峠
(15:55)
表道登山口の石榑峠。重ね岩からの下り標準タイムは20分。
しなの足首が効かなくなってきたのでかなりスローペースです。

竜ヶ岳 表道 石榑峠 旧国道421号
石榑峠からは酷道として知られる旧国道421号を下って行きます。

竜ヶ岳 旧国道421号
剥き出しのコンクリートによる簡易舗装に道幅の狭さ、急傾斜。
ハイカーから見れば立派な遊歩道となります。

竜ヶ岳 旧国道421号
(16:15)
石榑峠同じくコンクリート関所のある小峠。
しなの力を無くした足首に優しい舗装路もここで終了。

竜ヶ岳 旧国道421号 小峠入口
(16:20-35)
小峠からすぐの小峠入口へ入る前に補給タイム。
日暮れも心配ですが、いざとなればヘッドランプもある!
モバイルバッテリーにLEDライトもある!

竜ヶ岳 宇賀渓 登山道
宇賀渓沿いに続く登山道は明瞭そのものでした。

竜ヶ岳 砂山分岐
(17:00)
宇賀渓を挟んで南に位置する砂山分岐。
砂山経由の中道で登り、遠足尾根で周回するルートもあり。
竜ヶ岳は本当に登山ルートが豊富!

竜ヶ岳 宇賀渓 渡渉ポイント
長尾滝前の宇賀渓渡渉ポイントにはロープが張られていました。
が・・・ロープに頼ると逆に危ないので使用せず。増水した時用かな?

竜ヶ岳 宇賀渓 長尾滝 ハシゴ
ちょっとびっくりした高さのハシゴを降りれば長尾滝です。

竜ヶ岳 宇賀渓 長尾滝 迂回路
足を少しでも滑らせれば即ドボン!この道の薄さにも驚かされました。

竜ヶ岳 宇賀渓 長尾滝
(17:15)
見事な曲線を描きながらエメラルドグリーンの滝壺へ注ぐのは長尾滝。
豪快な水音にほとばしる水しぶきが疲れを吹き飛ばしてくれました。

竜ヶ岳 宇賀渓 ヨコ谷出合
(17:20)
ヨコ谷出合のこの登りには本当にびっくり!
右下の岩から飛びついて渡りましたが危機一髪!
素直にロープを借りてよじ登りましょう。

竜ヶ岳 宇賀渓 中道分岐
(17:40)
中道分岐。ここまで来たら宇賀渓を高巻く登山道を戻るだけ。
やっと終わりが見えてきました。

竜ヶ岳 宇賀渓 五階滝
(17:45)
蛇谷の五階滝。上の滝壺まで行くこともできます。

竜ヶ岳 宇賀渓キャンプ場 駐車場
(18:40)
朝は満車だった宇賀渓の駐車場が完全に空。
三重県の山によると4時間50分が6時間40分。
時間の見積もりが甘過ぎました。

竜ヶ岳はシロヤシオ、稜線歩き、巨岩、滝巡りと見どころ豊富な素晴らしいお山でした。
羊の放牧と言われるほどボリュームはなくとも満足感があります。
標高差はおよそ850m、距離も長く体力を必要としますがおすすめのお山です!

この長い記事を最後まで読んでくださってありがとうございます!
シロヤシオ満開の竜ヶ岳に興味が湧いた人は応援クリック⇒登山ランキング

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう