鈴鹿山脈 釈迦ヶ岳

大垣山岳協会と行く 釈迦ヶ岳 岩ヶ峰尾根~三池岳 尾根ルート

2015-05-13


客先で知り合った山岳会員にナンパされて1年。
大垣山岳協会の山行に飛び入り参加し、三池岳を登ってきました。

概要

三重県三重郡菰野町の北部、釈迦ヶ岳の北にある標高971.5mの山、「三池岳」

主な登山ルートはこの2ルートです。
・射撃場跡からお菊池を経る尾根ルート
・八風渓から八風峠を経る谷ルート

今回は岩ヶ峰尾根から釈迦ヶ岳へ、県境稜線で三池岳に至り、尾根道で下山する周回コースです。

日程 2015年4月29日
ルート 八風キャンプ場 ⇒ 岩ヶ峰尾根 ⇒ 釈迦ヶ岳 ⇒ 三池岳 ⇒ 尾根ルート
アクセス Googleマップで「八風キャンプ場 」を確認!
三角点 釈迦ヶ岳 三等三角点 「釈迦ケ岳」
三池岳 三等三角点 「八風峠」

※開始と釈迦ヶ岳山頂付近でGPSが乱れています。

トレッキングレポート


(8:40-48)
八風キャンプ場奥、続々と集合する大垣山岳協会の皆様。
簡単な自己紹介を済ませ温かい歓迎に感謝!


(8:53)
栃谷左岸の林道を進み渡渉。
橋から右岸を進んでも行けるようです。


最初からびっくりの急登!
隊列を組み進むので歩きながらの撮影です。


(9:15-20)
岩ヶ峰尾根ではイワカガミがあちこちに群生。
「私も一緒に写らんで良い?」
「花が霞んじゃうからダメやわぁ!」
不思議なまでの安定感にほのぼのします。


(9:30)
鈴鹿!と言う感じのミニザレキレット。
「若いんだから前に行きな!」といつの間にか最前列に・・・。


高度を上げ、待ちに待ったアカヤシオがお出迎え。
「いち君の日頃の行いが良かったからや!良かったなぁ!」
もうなんか温か過ぎて涙が出ます・・・。


(9:50)
突如現れる北山。小ピークですね。


一番美しく咲いていたアカヤシオ。
色の薄いツツジを見て、アカヤシオかな?と思っていました。
花の形が全く違いますね。


(10:30)
2度目の休憩を挟み、すぐに岩ヶ峰へ到着。
ここまで来れば県境稜線はもう目前!


(10:30-40)
「お腹空いたから先に行ってて!」
「ええよ、一本取ろうか。」
ザレた展望地で小休止。意外な緩さに少しびっくり。


(10:55)
岩ヶ峰尾根の最後の急登!
この時ばかりはロープをお借りしました。


(11:10)
県境稜線を10分も歩けば釈迦ヶ岳山頂です。


(11:10)
まさかの中二日で釈迦ヶ岳へ再登頂!
記念撮影を済ませて、三池岳を目指します。


県境稜線上のシハイスミレの群生。
これだけ咲いていると宝物を見つけたようで嬉しい!


三重県側がスッパリと切れ落ちた稜線歩き。
釈迦ヶ岳~羽鳥峰よりも展望は上を行きます!


目指す三池岳はもう少し掛かりそう・・・。


写真を撮っていると瞬く間に置いて行かれます・・・。
目前の仙香山は巻いて中峠へ!


(12:00)
中峠を超えれば次は昼食休憩の八風峠です!
ここで最後尾の「休みたい!」は意外にも却下。


(12:15-13:00)
八風峠前の広場で食事休憩に入りました。
釈迦ヶ岳からの稜線を振り返ると絶景!


(13:05)
登り残したピークを超えるとすぐ八風峠へ。
右に進めば八風渓沿いに降りるルートです。
荒れているようですが・・・?


八風峠、鳥居の奥から三池岳が目前に!


(13:25)
立派な石碑も・・・無残に倒れている三池岳山頂。
ここは通過し三角点へ。


(13:25)
三池岳 三角点で集合写真・・・みんな良い笑顔!
曇りがちだった空もこの時ばかりは晴天へ!


帰りはそのまま尾根ルートへ。
ぱっと見びっくりしたザレ尾根ですが足元は安定。


北を望めば竜ヶ岳!
今年こそ満開のシロヤシオに会いに行くよ!


(13:40)
大切なお皿を割ったお菊が身投げしたとされる御菊池。
積もった枯葉のせいか枯れてしまいそう・・・。


(13:45)
昨年登った福王山への分岐。
難路と書かれると興味津々です。


急降下のやせ尾根に入りました。
枯葉が滑りやすく転倒に注意してください。


(14:30)
崩落迂回路まで来れば急降下も一段落。
ピークを巻いてゆっくり高度を下げて行きます。


(14:40)
工事中の看板かと思いきや林道出合。
楽しかった山行もやがて終わりを迎えます。


林道をまったり歩いて15時前には駐車場へ。
道中、タラの芽を収穫される方も!
野草摘みができれば楽しさが更に広がりますね。

大垣山岳協会に同行させていただきました。
休憩のたびに果物やゼリーが皆に振る舞われ
花や木の名前も即座に教えていただけます。
飛び交う冗談に笑いつつ登るのが本当に楽しかった!

もっとガツガツ登るイメージを持っていて
こんなに楽しく登れるとは思っていませんでした。
イメージ元が六甲全山縦走でしたからね・・・。

釈迦ヶ岳から三池岳への県境稜線は素晴らしい!
恋焦がれたアカヤシオに会え、大垣山岳協会には本当に感謝です。

最後まで読んでくださってありがとうございます!

釈迦ヶ岳・三池岳縦走はいかがでしたか?

登山ランキング

興味が湧いた人は応援クリック!


参考になった書籍


充電切れの備えに

¥1,100 (2020/09/29 11:20:21時点 Amazon調べ-詳細)

紹介されたレポート

釈迦ヶ岳の山行記録

鈴鹿山脈 釈迦ヶ岳

2020/7/15

大垣山岳協会と行く 釈迦ヶ岳 岩ヶ峰尾根~三池岳 尾根ルート

客先で知り合った山岳会員にナンパされて1年。 大垣山岳協会の山行に飛び入り参加し、三池岳を登ってきました。 この記事が気に入ったらいいね ! しよう

鈴鹿山脈 釈迦ヶ岳

2020/6/29

大迫力のガレ!釈迦ヶ岳 中尾根~羽鳥峰猫谷 周回コース

鈴鹿セブンマウンテン5座目は釈迦ヶ岳。 キレットにガレはまるで高山のよう・・・大満足です! この記事が気に入ったらいいね ! しよう

鈴鹿山脈の山行記録

鈴鹿山脈

2020/7/8

菰野富士 鈴鹿山麓の展望台 鳥居道ルート

菰野富士は鈴鹿山脈・濃尾平野・伊勢湾を望める絶好の展望台です。 明瞭な登山道を歩けば20分でパノラマビューが楽しめます。 この記事が気に入ったらいいね ! しよう

霊仙山 鈴鹿山脈

2020/7/3

森林限界越えの光景が楽しめる 霊仙山 榑ヶ畑ルート

霊仙山は広大な山頂台地をもち、アルプス的な光景が広がり 森林限界を越えた世界を覗き見ることができる。 初心者を連れて行くなら、霊仙山を選びます。 この記事が気に入ったらいいね ! しよう

鈴鹿山脈

2020/3/12

鍋尻山 カルスト台地に咲く福寿草へ会いに行こう!

登山口の標高が600mを超えるからかすぐに福寿草に会えます。 山頂までゆっくり登っても1時間あれば十分登れるでしょう。 アクセスに難がありますが、それを補って余りある価値がありました! この記事が気に入ったらいいね ! しよう

鈴鹿山脈

2020/6/27

連続するピークは鈴鹿屈指の高度感 仙ヶ岳 南尾根~白谷道

鈴鹿セブンマウンテンに次ぐ鈴鹿山脈の名峰、仙ヶ岳。 落石だらけの石谷川林道に荒々しい岩稜が続く南尾根。 朽ちた橋、ハシゴ、鎖場と変化に富んだ楽しいお山でした! この記事が気に入ったらいいね ! しよう

鈴鹿山脈 入道ヶ岳

2019/12/28

幸福を招く福寿草を求めて 入道ヶ岳 井戸谷~北尾根

存在は知りつつも、場所が分からず会えなかった入道ヶ岳の福寿草。 しっかりと情報収集した甲斐あって、無事会えました。 幸福をもたらす福寿草・・・見に行きたくなりませんか? この記事が気に入ったらいいね ! しよう

烏帽子岳 鈴鹿山脈

2019/9/8

シロヤシオとホンシャクナゲ咲く 烏帽子岳 細野ルート

竜ヶ岳以外でシロヤシオが楽しめると訪れた烏帽子岳。 花は咲いてはいたものの、裏年でその数は寂しいものでした。 表年のシロヤシオは是非、ご自分の目で楽しんでくださいね! この記事が気に入ったらいいね ! しよう

鈴鹿山脈

2019/9/8

ミツマタ浮かぶ幽玄の森 野登山 ミツマタの森~表参道

一面に広がるミツマタはまさに群生! 100座以上登っても知らない景色がそこには広がっていました。 鈴鹿山脈では今一つぱっとしない野登山ですがミツマタの森は必見です! この記事が気に入ったらいいね ! しよう

霊仙山 鈴鹿山脈

2020/7/3

霊仙山 今畑~落合 残雪の西南尾根から石灰岩高原の頂へ

西南尾根は展望が良く、歩き応えのある期待通りの素晴らしさ。 やや距離があるので無雪期がオススメです。 この記事が気に入ったらいいね ! しよう

鈴鹿山脈 御在所岳

2019/9/8

御在所ロープウェイで行く!雪の御在所岳 裏道をヒップソリ滑走

御在所ロープウェイと観光リフトの利用して山頂までワープ。 寒さと雪に体力を奪われる過酷な雪山も下山だけなら楽しさしかありませんでした。 自らの足で登られる方々には申し訳なく思うものの、「あり」と断言します! この記事が気に入ったらいいね ! しよう

鈴鹿山脈 入道ヶ岳

2019/9/8

雪山初級者おすすめ!入道ヶ岳 二本松尾根~井戸谷

二本松尾根は良く踏まれており、アイゼンなしで登れました。 井戸谷は濃尾平野を眺めながらのシリセードが楽しい! 雪の深さにも幅があり、雪山初心者にもおすすめしたいお山でした! この記事が気に入ったらいいね ! しよう

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

-鈴鹿山脈, 釈迦ヶ岳
-, , ,

© 2020 いちのトレッキングブログ