城台山 歴史民俗資料館より
空き時間を利用して登る城台山も今回で3回目!
「歴史の里」、「文学の里」、「探鳥の里」の3ルートを踏破完了です!

book 概要

揖斐郡揖斐川町にある標高223mの山「城台山」
山頂部の揖斐城址は県下有数の城跡となっており
周辺は城台山公園として散策道が整備されています。

日程 2016年4月5日
ルート 文学の里 ⇒ 揖斐城址 ⇒ 城裏
登山口ナビ Googleマップで「揖斐川歴史民俗資料館」を検索!
歴史民俗資料館東の交差点を南下すれば文学の里登山口です。
三角点 このルートに三角点はありません。
周辺情報 揖斐川健康広場 駐車場 240台


camera 写真館

城台山 文学の里 文学碑17
載せ切れない写真はこちら ⇒ 城台山 文学の里~城裏-flickr

pen トレッキング日記

城台山 文学の里登山口
(11:15)
揖斐川歴史民俗資料館東の路肩に車を止めて文学の里登山口へ。
歴史の里と比べると目立たないところにひっそりとあります。

城台山 文学の里 登山口 ハナダイコン
どなたが植えたのか・・・ハナダイコンが歓迎!
歴史の里と同じく整備が行き届いています。

城台山 文学の里 案内板
文学の里は松尾芭蕉をはじめとし、20もの文学碑が立ち並びます。

城台山 文学の里 文学碑1
(11:18)
斎藤茂吉「ゆふ闇の 空をとほりて いづべなる 水にかもゆく ひとつ螢は」
全ての文学碑は写真館に納めてあります。
と思ったら5番が抜けていました・・・。

城台山 文学の里 文学碑3
砂利敷きの綺麗な登山道・・・
登山道と言うより散策路ですね。

城台山 文学の里 城台山公園案内図
今回で「文学の里」「歴史の里」「探鳥の里」を全て踏破。
北新町はから一心寺へは車道だから良いとして・・・播隆の森は?
また時間ができたら歩いてみようと思います。

城台山 文学の里 文学碑3
横田専一「夜の木々に 光る雫は 幾千の まなことみえて 音ひそめをり」
短い間隔で文学碑があり、写真に収めるので走れない!
しかしながら、写真を撮らなければ良い目印かな?

城台山 文学の里 登山道
(11:22)
4つ目の文学碑を超えると木段が始まります。
段差は低いので駆け上がって行きます!

城台山 文学の里 文学碑6
(11:24)
登り切ったところにある文学碑。
稲畑汀子「夕影を 曳く薄墨の 花に又」

城台山 文学の里 登山道
稜線に至っても整備が行き届いています。
ここまでのものがあまり知られていないとはもったいない!

城台山 文学の里 東屋
(11:30)
いくつもの文学碑を通過し東屋へ到着。
休憩はできるものの、展望はあまりなし・・・

城台山 文学の里 ベンチ
東屋以外にベンチもあります!
文学碑が倒れてしまっていますね・・・
そして、ここから一気に高度を上げて行きます。

城台山 文学の里 文学碑17
(11:35)
異彩を放つ17番目の文学碑。
金子兜太「れんぎょうに 巨鯨の影の 月日かな」
みつをが頭をかすめました。

城台山 文学の里 登山道
濃緑と淡緑のコントラストが気持ち良い!
ベンチを通過し、揖斐城址への最後の登りが始まります。

城台山 文学の里 文学碑20
踊り場にある最後の文学碑は誰もが知る歌人。
松尾芭蕉「此山の 悲しさ告げよ ところほり」

城台山 文学の里 登山道
(11:38)
この階段を抜ければ揖斐城址は目前です!

城台山 文学の里・歴史の里合流
歴史の里と合流し、揖斐城址本丸へ。

城台山 揖斐城址 本丸広場
揖斐城址の本丸広場。二ヶ月前よりかなり緑化が進んでいます。
雨上がりで少し霞が掛かっていることもあり良い雰囲気!

城台山 揖斐城址 本丸
(11:40)
文学の里登山口から30分掛からず揖斐城址へ。
写真がなければ10分以上縮めることも可能でしょう。

城台山 揖斐城址 桝形虎口跡
休憩するほど疲れもないのでそのまま下山開始。
桝形虎口跡から駆け下りて行きます!

城台山 揖斐城址 大手門跡
大手門跡から振り返り。
曲輪が段階的に高くなっているのが分かります。

城台山 揖斐城址 出丸
(11:45)
出丸は揖斐城址一の展望スポット。
是非、登ってその目で見てください!

城台山 揖斐城址 スミレの群落
登山道沿いにスミレの群落がちらほらと・・・
雨上がりで元気がないけど、十分元気を分けてもらえました。

城台山 大光寺・城裏分岐
(11:50)
城ヶ峰、大光寺、城裏分岐は城裏へ。
古くは城裏地区から大光寺地区への通学路として使われていたそうです。

城台山 城裏登山道
入った瞬間、目に見えて整備が落ちています。
ここからは城台山公園外と言うことなんでしょう。

城台山 城裏登山道
雨露を帯びたシダで足元がぐっしょり・・・。
古くから使われただけあって登山道は明瞭です。

城台山 城裏登山道
明瞭だった登山道が完全に隠れてしまいました。
鍛えたルートファインディング能力の見せどころ!

城台山 城裏登山道
素直に降りて行けば足元のシダも落ち着き
再び明瞭な登山道へ・・・一安心。

城台山 城裏登山道 石橋
(12:05)
石橋を渡って林道へ合流。林道は山へ続いています。
どこかで登山道と合流しているのかもしれませんね。

城台山 城裏登山道
(12:08)
林道から車道へ合流・・・ここから地味に距離があります。
車道を通って揖斐川健康広場へ戻りましょう。

城台山 城裏 ショウジョウバカマ
道端ショウジョウバカマに励まされながら
走って歩いて15分ほどで車へ戻ることができました。

文学の里は登山口こそ少し分かりにくいものの
整備の行き届いた歩きやすい散策路です。
文学碑は時が過ぎても朽ちず山にぴったりですね!

下山に使った城裏へのルートは半ば廃道化。
慣れていない方は入り込まないよう注意しましょう。

最後まで読んでくださってありがとうございます!
城台山・揖斐城址に興味が湧いた人は応援クリック⇒登山ランキング

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう