里山からアルプスまで登山を愛するブログ

いちのトレッキングブログ

東海・北陸

明るいブナ林が広がる静かな山 湧谷山 遊らんどルート

投稿日:2018-06-21 更新日:

湧谷山 遠景
湧谷山は眺望がなく登山道の変化が少ないお山です。
花、新緑、紅葉、雪山と四季の変化で楽しみ方が大きく変わります。
黄色のトンネルが美しい紅葉時期、眺望が得られる積雪期がおすすめです。

book 概要

岐阜県揖斐川町坂内にある1,079mの山「湧谷山」
麓の広瀬からは堂々とした山容が見られる。
廃業となった遊らんど坂内スキー場から登山道が整備されている。

岐阜県の山」掲載の遊らんど坂内スキー場から登るルートを歩いてきました。

日程 2016年5月21日
ルート 遊ランド坂内 ⇒ 丁子山 ⇒ 湧谷山
アクセス Googleマップで「out 遊らんど坂内」を確認!
三角点 湧谷山 三等三角点 「湧谷」
周辺情報 遊らんど坂内 駐車場 50台

Download

camera 写真館

湧谷山 登山道 タニウツギ
載せ切れない写真はこちら ⇒ out 湧谷山-flickr

pen トレッキングレポート

湧谷山 遊らんど 駐車場
閉鎖された遊らんどスキー場の駐車場はこの広さ。
秋以降に人気が高まる湧谷山ですが、花も終わるこの時期は寂しい限りです。

湧谷山 登山ポスト
(12:10)
大谷川に掛かる橋に登山ポストが設置されていました。
登山案内によると湧谷山まで2kmを2時間半・・・急登ですね。

湧谷山 遠景
麓から望む湧谷山・・・と思ったらどうやら丁子山でした。

湧谷山 遊らんど ハウス
(12:35)
ゲレンデにはヒメジョオンが咲き乱れていました。
センターハウスが荒らされることなく、のどかな光景が広がっています。

湧谷山 遊らんど ゲレンデ
登山案内では「登山道はゲレンデの左側にあります。」とあったのに記憶喪失・・・
このピンクリボンからゲレンデに突き進んで行きます。

湧谷山 登山道 タニウツギ
ゲレンデを登り切るとタニウツギが出迎えてくれました。
イカリソウを初めとする春の花々には遅れたけど、会えて良かった。

湧谷山 登山道 新緑
ゲレンデを突き当たり左へ進めば登山道へ合流。
陽を浴びた新緑が登山道を包み込んでいました。

湧谷山 登山道
登山道は良く踏まれて明瞭ですが枝が行く手を阻みます。
藪と言うほどではないけれど、ペースは上がりません・・・

湧谷山 蜘蛛の巣
枯木に蜘蛛の巣が張られていました。
水平に張られているのがちょっぴり不思議な感じ。

湧谷山 猿のこしかけ
猿のこしかけはまだ足掛かりほどの大きさ。
子猿でも座るには厳しそうだ。

湧谷山 登山道 倒木
倒木もあるけど、思ったよりは荒れていません。
これだけ森が深いと紅葉の時期は素晴らしいでしょうね。

湧谷山 登山道 かご
(13:35)
登り始めて1時間が経つものの、登山道に変化はありません。
こんな籠がありがたい道標となります。

湧谷山 登山道 藪
笹藪が始まると思いきや、すぐに抜けることができました。

湧谷山 登山道 案内板
(13:50)
今は使われなくなった広瀬神社ルートとの合流点。
踏跡は薄く廃道化が進んでいます。

湧谷山 登山道 ブナ林
待ちに待ったブナ林へと足を踏み入れました。
花から元気をもらうだけでなく、木から元気をもらう・・・
この感覚は登山者以外には伝えるのが難しそうですね。

湧谷山 ブナ林 新緑
頭上には陽射しを浴びた新緑が輝いています。
誰もいない静かな山を独り占め・・・贅沢だ。

湧谷山 丁子山 山頂
(14:10-20)
丁子山山頂は休憩にぴったりの小広場。
山名版は積雪を考慮して高いところに付けられています。
全く気付くことができませんでした・・・

湧谷山 笹薮
丁子山から湧谷山へは軽く藪漕ぎが始まります。
足元は踏跡しっかりなので迷う心配はありません。

湧谷山 山頂 小広場
(14:35)
狭く眺望のない湧谷山山頂。
積雪期であれば揖斐の山々を見渡すことができます。

湧谷山 山頂標識
休憩することもできますが、虫が多く落ち着きません。
木陰もある丁子山で休憩するのがおすすめです。
駆け下りると1時間15分で下山することができました。

湧谷山は眺望がなく登山道の変化が少ないお山です。
花、新緑、紅葉、雪山と四季の変化で楽しみ方が大きく変わります。
登山道が輝く紅葉の時期、眺望が得られる積雪期がおすすめです。

最後まで読んでくださってありがとうございます!
湧谷山に興味が湧いた人は応援クリック ⇒ out 登山ランキング

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

記憶に残るオススメ記事

1

シルバーウィークは満を持して憧れの槍ヶ岳へ! 二日目は足元に雲海、頭上は雲一つない青空・・・大絶景が広がります。 この記 ...

2

表参道から眺める石鎚山の山容は神々しく、弥山から見える天狗岳は感動すら覚えます。 海外へ出ずとも国内にはこんなに素晴らし ...

3

鳳凰山は圧倒的な存在感を誇るオベリスク、賽の河原はまるでファンタジーの世界! 荒々しく迫力のある岩稜帯に美しい白砂の稜線 ...

4

雄大な千畳敷カールに衝撃的ですらある宝剣岳。 360°に広がる圧倒的な眺望は想像を超える素晴らしさ。 千畳敷駅からの標高 ...

5

昨年は強風濃霧の中で登頂。先々週は雨で登山口撤退。 やっと晴天に恵まれ平瀬道から白山を登って来ました。 室堂周辺はまさに ...

6

昨年、限界を超えボロボロになりながら踏破した六甲全山縦走路。 この1年登った山々を糧にし、再び挑戦します! この記事が気 ...

7

雪山装備をそろえて本格雪山登山に初挑戦! 樹氷の美しさで知られる綿向山へ行ってきました! この記事が気に入ったらいいね ...

8

一昨年前に竜ヶ岳のシロヤシオを知り、昨年は裏年で花が少なく断念。 2年間待ち続けてやっとこの景色に出会うことができました ...

9

岩場・鎖場好きの二人ですが、伊勢山上は文句なく過去最強! 雪彦山や石鎚山の鎖場が霞んでしまう納得の修行場でした。 表行場 ...

10

「小学生でも登れるオススメの山を教えて欲しい」 いちが導き出したのは・・・カレンフェルトが素晴らしい霊仙山! この記事が ...

11

客先で知り合った山岳会員にナンパされて1年。 大垣山岳協会の山行に飛び入り参加し、三池岳を登ってきました。 この記事が気 ...

-東海・北陸
-

Copyright© いちのトレッキングブログ , 2018 All Rights Reserved.