東海・北陸

貝月山 懐かしの長者平から奥美濃の人気山を登る

2015-06-21


鈴鹿山脈が続いたので久しぶりに奥美濃へ!
標高1,234mでも知られる貝月山を登って来ました。

概要

揖斐郡揖斐川町にある、標高1,234mの山「貝月山」
東西に連なる双耳峰で西峰が本貝月、東峰が小貝月と呼ばれている。
山頂展望台からは伊吹山、小津権現山、御嶽山、乗鞍岳、白山が望める。

主な登山ルートは全3ルート。
・長者平ルート
・ヒフミ新道
・ふれあいの森ルート

今回は幼少期にキャンプした長者平から登って来ました。

日程 2015年6月13日
ルート 長者平ルート( 長者の里 ⇒ 長者岩 ⇒ 三段ノ滝 ⇒ ヒフミ新道合流点 ⇒ 小貝月山 ⇒ 貝月山 )
グレーディング 体力度 2/10 難易度 A/E
アクセス Googleマップで「長者の里セントラルハウス 」を検索!
三角点 貝月山 二等三角点 「品又」
周辺情報 長者の里 駐車場 25台

※GPSロストにより小貝月から貝月山へのログが途切れています。

トレッキングレポート

長者の里


貝月山、長者平ルートは長者の里から!
まだ幼い頃に家族でキャンプをした記憶もあり懐かしい・・・。


(13:45)
長者の里の駐車場は25台ほどのスペース。
「関係者以外駐車禁止」なので森の文化博物館で許可を取ります。


駐車場から少し登って左手にある森の文化博物館。
二つ返事で許可を得られました。
「お気を付けて!」の言葉にほっこり!

長者の里登山口


(13:48)
まるで記憶にない綺麗な公衆トイレ。
登山ポストもこちらにあります。


バンガローを通り抜け、キャンプ場奥へ。
鱒をつかみ取り、塩焼きを食べた記憶が蘇ります。
幼き日の記憶って不思議なほど残っていますね。


(13:55)
まずは第一の渡渉ポイント。
丸太橋が流されて機能しないけど、幅はないので問題なし。
この先、渡渉を繰り返しながら進んで行きます。


跨げる倒木ですが、キャンプ場近くでこれでは・・・
いや、まだ倒れたばかりなのかもしれない。


登山道にはコアジサイが咲き乱れていました。

長者岩


(14:00)
願い事が叶うとされる長者岩。

猿後家地蔵


裏へ回れば岩屋内に猿後家地蔵。
願い事はもちろんこの山行の安全です!


村を救う為に大猿へ嫁入し、機転を効かせて退治した猿後家のお話。
老いて山奥に捨てられた後はアマゴと山芋を食べ若返り忍者へ・・・。


飛石で渡渉しますが少し歩きにくいところも。

山犬の岩穴


(14:03)
山犬の岩穴。山犬とは野犬ではなく妖怪・・・?


こちらも初対面のサワフタギ。


苔生す岩に小さな滝・・・マイナスイオンたっぷり!


(14:15)
なかなか見事な滝だと思っていたら少将淵の滝でした!
名のある滝と知っていれば下から撮ったのに・・・


こちらも見事。もう貝月四十八滝とか作っちゃえば!


岩上の苔からの芽吹きってどうしてこんなに心を奪われるんでしょう?


足跡状に削られた花崗岩。御在所や六甲山にもありました。
ここまで削られるほどにこの登山道は愛されて来たわけですね!


(14:25)
崩落もありますが、上に迂回路ができていました。


こちらの巨岩に名付けるなら重ね岩かな?


少し緑がうるさくなって来たところで倒木のアーチ。
「ここからが本番だよ!」そう言われた気がしましたが・・・?


どなたかが忘れた虫かご?
蓋は開いているのに中にいるのは蛹でしょうか?


(14:40)
木にさえぎられ良く見えませんがこれは名のある滝に違いない!
帰ってから調べてみると三段の滝!


こちらは三段の滝の一段目。
岩肌を滑り落ちる滝はどこか惹かれるところがあります。

物見岩


三段の滝を過ぎればこちらの巨岩が物見岩です。


木と同化が始まっている物見岩入口の看板。
あまり歩かれてはいませんが物見岩まで数分・・・行きます!


物見岩上は土砂と草に覆われていて少しがっかり。
しかしながら、小貝月が見えてテンション上昇!

わずかに残るフタリシズカとヤマツツジ。
ここに来て期待していなかった花に励まされます。


(15:25)
水びたしの登山道を越えて尾根筋に至れば
気持ちの良い風が出てきました。

長者の里・ヒフミ新道 分岐


(15:45)
ヒフミ新道との合流地点へ到着。
残念ながら案内板は力尽きて倒れてしまいました。


一昨年登った鍋倉山。
春日モリモリ村から東海自然歩道を登るロングコースも。
いつになるか分かりませんがそちらも登らねば・・・


視線を登山道に戻せば、驚くほど広く明瞭!
長者平ルートとの落差にびっくり。


ここまで頭上高くにしか見られなかったヤマボウシ。
初めての出会いは去年の釜ヶ谷山だったかな?


山頂へ続く稜線は展望抜群!
国見峠~伊吹山と北尾根、虎子山も!


土砂崩れにも負けず雪山ハイキング!虎子山

雪を避けてなるべく南の虎子山へ! 下界に雪はなく安心していましたが・・・? この記事が気に入ったらいいね ! しよう

小貝月


(15:55)
危うく見過ごし掛けた小貝月。
ちなみに小貝月山頂は別にありますが、それは後ほど。


小ピークを超えればやっと貝月山が姿を表しました!

江美の池


(16:05)
山頂手前にある江美の池。
夜叉ヶ池に雨乞岳に養老の田代池、山上の池って意外とありますね。


養老山地の低山ハイキング 飯盛山~田代越 周回コース

日曜は雨予報。土曜の午後から行ける山は・・・? 志津山に引き続き養老山地を開拓!飯盛山から田代越へ行ってきました! この ...


覗き込むと小さなオタマジャクシがうじゃうじゃ!
酸欠を起こさないか心配になるレベルです。

貝月山 山頂


(16:15-45)
参考タイム通りの2時間半で貝月山頂へ到着!
稜線へ入ってからは本当に早かった!

貝月山は標高1,234mとして知られています。


程良い広さにパノラマビュー!
伊吹山、小津権現山、御嶽山、乗鞍岳、白山・・・山座同定を楽しみましょう。


奥へ向かえば、日越峠ルート。


案内のないこちらはふれあいの森続いています。


(16:55)
登りは気付かなかった小貝月山頂上分岐。
もちろん、立ち寄ります!


背ほどの高い藪をかき分け、数分で小貝月頂上。
養老山地の笙ヶ岳と同じ看板ですね。


(16:58)
藪は濃いけど、足元は明瞭なのでそのまま直進!
やがて登山道へ合流しました・・・ここから小貝月山頂上へはお勧めしません。


帰路は沢に足を突っ込んだり、タニウツギに励まされたり
崩落個所で危うく滑落しかけつつも無事下山できました。
山頂から1時間半強・・・ぐぐっと縮みましたね。

まとめ

貝月山 長者平ルートは古くから歩かれた歴史を感じる道です。
残念ながら今はあまり歩かれていないようですね。
しかしながら、大きな布の案内が充実しているので道迷いは心配ありません。

今回はヤマヒル被害はないけど、今後はどうでしょうか?
長者平ルートはしばらく避け、ヒフミ新道で登った方が良いかもしれません。

最後まで読んでくださってありがとうございます!

貝月山はいかがでしたか?

登山ランキング

興味が湧いた人は応援クリック!

紹介された記事

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

-東海・北陸
-

© 2021 いちのトレッキングブログ