東海・北陸 養老山地

濃尾平野の西端を駆け抜ける 養老山地縦走(3/3) 庭田山頂公園~多度駅

2019-12-05


養老山地縦走の第3回は庭田山頂公園から多度駅までお送りします。
今回のハイライトは田代池と石津御嶽~多度山縦走路。
知名度は高くはありませんがおすすめのスポットです。

概要

濃尾平野の西端に沿って延長約25kmにわたって連なる「養老山地」
北部は標高800-900m、南部は標高400mほどのピークが連なる。
最高峰は笙ヶ岳。北部の主峰に養老山、最南部の主峰に多度山がある。

六甲全山縦走を踏破後からいつかはと狙っていた養老山地縦走。
連休最終日、待ちに待ったその日がやって来ました!

日程2019年5月5日
ルート養老公園 ⇒ 養老山 ⇒ 川原越 ⇒ 庭田山頂公園 ⇒ 田代越 ⇒ 石津御嶽 ⇒ 多度山 ⇒ 多度駅
アクセスGoogleマップで「交通安全協会 第1駐車場 」を確認する
三角点養老山 一等三角点 「養老山」
志津山 三等三角点 「田辺1」
四等三角点 「祖古谷」
(未踏)四等三角点 「奥谷」
四等三角点 「飯森」
田代越 四等三角点 「鎌知土」
石津御嶽 四等三角点 「杉生平」
美濃松山 三等三角点 「多度」
多度山 二等三角点 「柚井村」
周辺情報養老公園 交通安全協会 第1駐車場 200台 300円
Download

トレッキングレポート


(13:05)
やっとの思いで辿り着いた庭田山頂公園。
前腿を痛めて、予定より1時間押し・・・頭に日暮れが過ります。


車道を歩いて岐阜県南濃町と三重県北勢町の境界を一跨ぎ。


折り返し気味に細い林道へ入りましょう。
シーキューブ、トラック、ドコモの森・・・様々な標識が並びます。


「しばらく林道が続くけどがんばって!」
シキミが励ましてくれた気がしました。


(13:10)
少し判断に悩まされた悟入谷林道ゲート。
YAMAP地図は悟入谷林道を通っている・・・信じて行きます。


養老山では蕾だったツツジが見頃を迎えていました。
全体から見ればまだ半分、されど半分です。


悟入谷林道は舗装がやや粗いけどしっかり。
足に優しくないので早く山に入りたい・・・


(13:25)
15分ほど歩くと、登山道への分岐を発見。
直射日光を避けて、森へと身を投じます。


少しだけ不安だったけど、ピンクテープが案内してくれました。
細く小さな登山道だけど、踏跡もしっかり。


(13:40)
15分も進めば、悟入谷林道へ再合流・・・短い別れでした。


退屈な悟入谷林道を黙々と歩き続ける辛抱どころ。
東斜面に入って直射日光を避けられるのが本当にありがたい。


(13:45)
ちょっぴり気になったゲート。
見送ってそのまま林道を行きましょう。


折り返し地点にある「あと5km」の案内板。
5km先に何がある!との感覚が足を速めてくれます。


もしかして、ずっと林道が続くんだろうか・・・


(13:55)
案内のテープに明瞭な登山道。
地図も確認するとかなりの近道・・・行こう!


ちょっぴり戸惑った迷いポイント。
踏跡は薄いが確かに道はある・・・旧道かもしれない。


荒れているけど間違いなく登山道。
忘れられた登山道はちょっとだけワクワクします。


かなりの傾斜を一気に登る危険個所。
ロープがなく足元が緩い・・・雨のときは想像したくないですね。


(14:15)
難所を越えると林道に癒されます。
杭に書かれた「関係者以外通行禁止」に従い、分岐は右へ進みます。


林道の癒しもすぐに忘れて再び登山道へ。


細長い線はMTB(マウンテンバイク)のタイヤ跡。
しばらくタイヤ跡が案内してくれます。


先ほど別れた林道と並走する登山道。
間違いなく林道が楽だけど、登山道を歩きたいんです。


人気のない登山道に揺れるピンクテープ。
どこか温もりと安心感を与えてくれました。


(14:50)
ここに来るまで知らなかった小原越。
三重県側はわずかに登山道が残るものの、岐阜県側は廃道化しています。


油断すると転がり落ちそうな急登。
つかまるものがない急登は岩場より危険かもしれない・・・


登り切ったところで眺望が出迎えてくれました。
急登で火照った心身に爽やかな風が吹き抜けます。


(15:10)
眼下に名もなき池が現れました。
残念ながらチェックポイントの田代池はもう少し先です。


(15:20)
小さな池を過ぎると登山道は緩やかに。
やがて四等三角点「飯森」が現在位置を知らせてくれます。


悟入谷林道から飯盛山へと続く林道と交差。
右に少し進めば桜番所跡があります。


良く踏まれた明瞭な登山道。
飯盛山から田代越を繋ぐルートは人気があるんですね。


白とピンクのテープ、赤塗の石杭が難所の目印です。


驚くほどの激下りに加え、MTBにより足場が脆くなっています。
木に捉まりながら慎重に下りてください。


激下りを越えると田代池まで穏やかな道が続きます。


(15:55)
作業道東谷南線のゲート。
ここから田代池までGPSが混乱。再起動で復帰しました。
YAMAPで現在位置がズレたときはスマホを再起動してみましょう。


作業道から県境に走る登山道へ入ります。


(16:15)
案内に従って田代池神社を訪れました。
奥へ抜けて再合流できるので立ち寄りましょう。


湖面は鏡のように美しい姿を映していました。
・・・が、写真で伝えられないのが残念。


榑沢池と田代越を迷って、田代越に向かいます。
田代池神社をそのまま抜けて作業道東谷南線と並走。


ちょっとした丘の上にある田代越。
このわずかな登りですら諦めそうな自分がいました。


(16:25)
四等三角点「鎌知土」のある田代越。
休みたいけど、日暮れが近い・・・急がなきゃ。


鉄塔巡視路は美濃山崎へと続いています。
迷い込まないように注意してください。


ただの巻道分岐ではありません。
左は石津御嶽。右は田代池へと戻ってしまいます。


榑沢池近くにある温もり溢れる案内板。
多度山までずっと案内してくれます。


鉄塔巡視路のプラ階段を越えると林道歩きが始まります。


(16:50)
林道を離れて踏跡の薄い登山道へ。
石津御嶽神社、奥之院へと向かいましょう。


(17:05)
小さな社がある石津御嶽神社奥之院。
案内板によると石津御嶽神社まで20分。


うっかり見過ごしてしまいそうな西陵稲荷大明神。


参拝者が多く訪れるのか、ただ人気が高いのか。
しっかりと踏み固められて明瞭です。


(17:20)
信仰の山、石津御嶽頂上にある石津御嶽神社。
麓の石津から多度に抜けるルートもおすすめです!


社務所・三笠山社を横目に駆け抜けて林道に合流。


日が低くなり影を落とし始めました。
踏破はできるが日没は避けられない・・・覚悟を決めました。


(17:35)
眺望のあるグライダー発射場。
ここからの夜景を見に来ても良いかもしれない。


グライダー発射場から緩やかな登りの始まり。
下り傾向だけど、ちょっとした登り下りが続きます。


(17:45)
林道の終点にあるドコモの電波塔。
この施設のための林道だったんですね。


登山道がどんどん細くなっていきます。
広過ぎるより狭いくらいが心躍ります。


やがて両端が切れ落ちた痩せ尾根へと入ります。
ここを駆け抜けるのが気持ち良くてたまらない!


(17:55)
迷いそうな分岐には案内板がしっかり。
もちろん、左の多度山上公園へ向かいましょう。


(18:00)
三角点のある美濃松山。
余裕があれば立ち寄って行きましょう。


余裕はない・・・けど、レポートに立ち寄りました。
少し急だけど、そのまま奥に抜けられます。


分岐するけど、やがて合流します。
だったら展望良しの30番鉄塔のある左へ行きましょう。


(18:10)
美濃松山へ降りられるようです。
廃道化の可能性もあるので準備なしに挑むのは止めましょう。


30番鉄塔には丸太ベンチが整備されています。
鈴鹿山脈の山々が望める眺望スポットです。


左から鎌ヶ岳、御在所岳、釈迦ヶ岳、福王山。


釈迦ヶ岳、三池岳、藤原岳。
これまで登った山々が励ましてくれました。


(18:25)
先ほど別れた分岐の合流点。
眺望良しの30番鉄塔は選んで正解でしたね。


多度峡・多度山分岐は多度山へ向かいます。
多度峡へは近くても多度駅には遠回りです。


曲がりくねった道の先に・・・


多度山ハイキングコースに合流しました。
ここまで来れば一安心です・・・


(18:45)
多度大社に続く、中道分岐。
多度山頂公園まで20分・・・もう少しです。


砂利敷の登山道から固められた林道へ。


(18:55)
電波塔を通過するも時刻は19時・・・夜が迫ります。
多度山から下山するにも1時間は掛かったはず。


焦っている分、わずかな登りに身心が消耗。
「もう少し」を何回繰り返したことか分かりません。


(19:00-10)
出発から12時間・・・最後の多度山へ辿り着きました。
一時、足を痛めたのもあって素晴らしい達成感。


もうどうやっても日は暮れてしまう・・・。
潔く諦めて夜景の始まりを楽しみました。


眺望満喫コースは車道を歩くコースですが登山道もあります。
時折、見える下界の夜景が焦る気持ちを癒してくれました。


(20:05)
多度山から多度駅までは1時間。養老駅までは電車で30分。
活動13時間、歩行距離33.3km、累計標高差2,500mの養老山地縦走・・・踏破です!


(20:50)
朝から日が暮れるまで歩いた距離が電車だと30分。
達成感でいっぱいだったけど、何とも言えない気分です・・・


(21:10)
養老駅から養老公園までの登りがつらい!
車に辿り着くと窓に駐車場料金の請求が挟まれていました。
車番と料金をポストに入れてお疲れさまでした!

養老山地縦走の第3回は庭田山頂公園から多度駅までをお送りしました。
3回にもわたる山行記録にお付き合い、ありがとうございます。

庭田山頂公園から田代越までは忍耐の道が続きます。
MTBに荒らされた登山道は脆く崩れやすくなっています。
足を滑らせれば事故に繋がりかねない危険個所があります。
安全のために登山道を一歩外す勇気を持ちましょう。

今回のハイライトは田代池と石津御嶽・多度山縦走路。
どちらも知名度は高くはありませんがおすすめのスポットです。
養老山地縦走は無理でも分けて楽しむこともできます。
まだまだ静かな養老山地に訪れてみませんか?

最後まで読んでくださってありがとうございます!

養老山地縦走 庭田山頂公園~多度山はいかがでしたか?

登山ランキング

興味が湧いた人は応援クリック!

紹介された記事


東海・北陸 養老山地

2019/12/24

濃尾平野の西端を駆け抜ける 養老山地縦走(3/3) 庭田山頂公園~多度駅

養老山地縦走の第3回は庭田山頂公園から多度駅までお送りします。 今回のハイライトは田代池と石津御嶽~多度山縦走路。 知名度は高くはありませんがおすすめのスポットです。 この記事が気に入ったらいいね ! しよう

東海・北陸 養老山地

2019/12/5

濃尾平野の西端を駆け抜ける 養老山地縦走(2/3) 養老山~庭田山頂公園

多芸ノ台、津谷避難小屋、川原越、志津山・・・多くの存在が忘れられています。 養老山地縦走の第2回は養老山から二ノ瀬越までをお送りします。 この記事で養老山地の活性化に少しでも力になれればと思います。 この記事が気に入ったらいいね ! しよう

東海・北陸 養老山地

2019/12/5

濃尾平野の西端を駆け抜ける 養老山地縦走(1/3) 養老公園~養老山

養老山地縦走の第1回は養老公園から養老山までお送りします。 養老の滝、養老山は初心者も楽しめます!登山者が多く心配ありません。 小倉山からの眺望は濃尾平野を一望でき、登山の楽しさを教えてくれます。 この記事が気に入ったらいいね ! しよう

東海・北陸 養老山地

2019/9/8

昼夜の濃尾平野が楽しめる自然公園 月見の森

30分ほどで濃尾平野を一望できる月見台は本当にお手軽。 毎週土曜は夜間(~21:00)ライトアップされ夜景を楽しめます。 月見の森は見どころ豊富な素晴らしいハイキングスポットでした! この記事が気に入ったらいいね ! しよう

東海・北陸 養老山地

2019/9/8

養老の滝 桜咲く養老公園から観光名所の名瀑へ

霞間ヶ渓、大津谷と来て今年のお花見は養老公園へ! 3,000本の桜が咲き誇る養老公園から養老の滝へ歩いてきました。 この記事が気に入ったらいいね ! しよう

東海・北陸 養老山地

2019/9/8

養老山地の低山ハイキング 飯盛山~田代越 周回コース

日曜は雨予報。土曜の午後から行ける山は・・・? 志津山に引き続き養老山地を開拓!飯盛山から田代越へ行ってきました! この記事が気に入ったらいいね ! しよう

東海・北陸 養老山地

2019/9/8

志津山 東海自然歩道から古の廃道を歩く

目覚めると雨・・・雪の伊吹山を諦めると天候が好転。 手近な養老山地から未踏の志津山を登って来ました! この記事が気に入ったらいいね ! しよう

笙ヶ岳 東海・北陸 養老山地

2019/9/8

登り納めは雪の笙ヶ岳!林道を離れ健脚向けショートカットコースへ

2014年の登り納めは1年振りに雪の笙ヶ岳へ! 登り残した養老公園からのショートカットコースを歩いてきました。 この記事が気に入ったらいいね ! しよう

東海・北陸 養老山地

2019/9/8

養老の隠れた名瀑、秣の滝

養老の滝と対をなす秣(まぐさ)の滝へ行ってきました。 あまり一般向けでないその滝は予想を裏切る素晴らしさでした! この記事が気に入ったらいいね ! しよう

多度山 東海・北陸 養老山地

2019/9/8

養老山地縦走へ向けて 石津御嶽~多度山縦走

年間目標の一つに挙げている養老山地縦走。 事前調査も兼ねて終盤の石津御嶽~多度山を縦走してきました。 この記事が気に入ったらいいね ! しよう

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

-東海・北陸, 養老山地
-,

Copyright© いちのトレッキングブログ , 2020 All Rights Reserved.