東海・北陸 養老山地

直江の滝 養老三滝 最後の一瀑を追う

2023-06-07


直江の滝は養老三滝ながら、知る人ぞ知る滝。
今回のルートは独自調査で見つけた新ルート。
養老の秘瀑、直江の滝に足跡を残しに来てくださいね!

直江の滝ってどんなとこ?

岐阜県養老郡にある落差20mの段瀑、「直江なおえの滝」
養老三滝の一瀑ながら、知る人ぞ知る秘瀑。
養老改元1200年に伴い、散策道が整備された。

登山ルート

主な登山ルート

  • 養老公園ルート ← このルートをご案内します

養老公園ルートの山行情報

日程 2023年5月9日
ルート 養老の滝入口駐車場 ⇒ 妙見山 ⇒ 林道出合 ⇒ 直江の滝入口 ⇒ 直江の滝
アクセス 養老の滝入口駐車場  (養老I.Cから8分)
三角点 三角点はありません
周辺情報 養老の滝入口駐車場 200台 無料

軌跡データ/標高グラフ

コースタイム

活動時間
1:45

距離
3.4 km

上り
257 m

下り
257 m

  • 養老の滝入口駐車場

    25 分

  • 妙見山

    15 分

  • 林道出合

    5 分

  • 直江の滝入口

    10 分

  • 直江の滝

  • 直江の滝

    10 分

  • 直江の滝入口

    5 分

  • 林道出合

    15 分

  • 妙見山

    20 分

  • 養老の滝入口駐車場

山行レポート

養老の滝入口駐車場

養老の滝入口駐車場は無料開放。
奥に公衆トイレもある。なるべく奥に止めよう。

駐車場入口を右、松風橋を渡ろう。
養老の滝は津谷川・揖斐川に合流、伊勢湾に流れ出る。

いち
スカッとした青空が気持ち良い

一本目を右折し、右岸歩道に入る。
木陰と木漏れ日が気持ち良い歩道だ。

不動橋・渡月橋・妙見橋を過ぎ、紅葉橋の石垣から入山。
RECAMP養老はロープで閉ざされ、唯一の入口だ。

右の柵が開かれている。
石垣を越え、少し登れば登山道だ。左へ進もう。

登山道から妙見橋を振り返る。
直江の滝を訪れる人が増えたら嬉しい。

妙見山

妙見山。登山道は養老の滝に続くようだ。

いち
扉は妙見堂に出るんだろうか?

RECAMP養老扉にある通行止め看板。
直江の滝が通れることは養老観光協会に確認済み。

いち
看板は撤去ミス。安心して向かおう

RECAMP養老の防獣柵沿いに進む。
やがて柵を離れ、杉樹林に出る。

堰堤の右、踏跡が薄く残る。
小さな沢をまたぎ、林道に合流する。

林道出合

数年前に整備された丸太階段は埋もれている。
コロナ禍と土砂崩れで訪問者が激減した結果だ。

いち
みんなで階段を踏み固めよう


舗装が途切れた。直江の滝入口だ。

直江の滝入口


直江の滝入口。階段の草が伸び放題だ。
散策道は直江の滝直前まで続く。


直江の滝から流れる沢を渡渉。
手すりが直江の滝に導いてくれる。


少し急なロープ場、堰堤を過ぎ、手すりが終わる。
散策道はここまで。不明瞭な登山道が始まる。


小滝を左から抜ければ、直江の滝だ。

直江の滝


直江の滝が見えた。
踏跡はない。歩けそうなところを歩こう。


養老三滝の子滝、直江の滝。
二段の段瀑。養老の滝、秣の滝に続き、やっと来れた。

直江の滝を動画でご覧ください。


滝壺に近付き、水に触れられる。顔や手を軽く流そう。
この近さが未整備の魅力。養老の滝は近付けない。
帰路はゆっくり歩いて30分で下山。

いち
お疲れさんでした!

美上亭

駐車場横の三上亭で腹ごしらえ。
五平餅、木の芽田楽をいただきました。
木の芽とは山椒のこと。タラの芽ではありません。

まとめ

直江の滝は養老三滝ながら、知る人ぞ知る滝。
RECAMP養老にロープが張られ、登れなくなりました。

今回のルートは独自調査で見つけた新ルート。
直江の滝を求める人々の助けになればと思います。
多くの人々が訪れれば、荒れた遊歩道は本来の姿を取り戻します。
養老の秘瀑、直江の滝に足跡を残しに来てくださいね!

最後まで読んでくださり、ありがとうございます!

直江の滝はいかがでしたか?

登山ランキング

興味が湧いた人は応援クリック!

\タップで切替/




養老三滝

  1. 養老の滝
  2. 秣の滝
  3. 直江の滝 ← この滝をご案内しました

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

-東海・北陸, , 養老山地