東海・北陸

切り開かれた藪山 雷倉 八谷ルート

2020-04-22


奥美濃の藪山として名をはせた雷倉。
本巣七名山に選ばれたことで整備が進みました。
もう藪を恐れるに足りません。登りに行きましょう!

概要

岐阜県本巣市北部にある標高1,168mの山「雷倉」
奥美濃の藪山として知られるが本巣七名山の選定、整備された。
小津権現山、花房山と共に小津三山にも数えられる。

日程 2018年10月28日
ルート 雷倉駐車場 ⇒ 登山口 ⇒ 鉄橋 ⇒ 旧林道出合 ⇒ 雷倉
アクセス Googleマップで「雷倉 駐車場 」を確認する
三角点 雷倉 二等三角点 「矢谷」
周辺情報 雷倉 駐車場 10台

Download

トレッキングレポート


(10:50)
黒田建設の駐車場が登山者に開放されています。
感謝と共に駐車させていただきましょう。


駐車場すぐ奥にある分岐は左。
八谷集落へと入って行きます。


橋を渡り、八谷集会所左の道を登って行きます。


道なりに進めば、やがて舗装路は終了。
正面に見える小さな看板が登山口です。


(10:55)
森の濃さが感じられる雷倉登山口。
雷倉は八谷区自治会が美化・清掃してくれています。
感謝の気持ちと共に協力金を投入しました。


登り始めてすぐに現れた倒木。
葉の瑞々しさから倒れたばかり・・・軽くしゃがんで抜けました。


少し歩き、右へ方向転換。
水路に沿って進みましょう。


踏跡は明瞭。写真では杉の枯葉に埋もれてますね。


朽ち果てた間伐材からは墓地が感じられました。
乱雑に散らかってるのが気になっちゃうのかな?


高度が上がり、谷側が切れ落ちてきました。
開放的な登山道も良いけど、細い登山道も良い・・・


登山道の細さを喜んでいたらすれ違えない細さに。
足を滑らせてもきっと木が受け止めてくれるので大丈夫です!


細い登山道に現れた崩落跡地。
踏み固められ、足元をしっかり支えてくれました。


開けた頭上を見上げると青空と紅葉が迎えてくれました。
藪山は包み込まれるような紅葉が楽しめるはず・・・


滑り落ちそうな猿の腰掛。
ボルダリングのホールドが浮かんでクスッ。


(11:10)
見落としそうな小さな案内板・・・下って渡渉します。


雨水が登山道に流れ込んで来ています。
緩みを心配するも足元しっかり。不安なく降りられました。


枯葉に埋もれた鉄橋で対岸に渡ります。
足を滑らせたら即ドボン!油断せずに行きましょう。


急登を越えていよいよ尾根の先端へ!
・・・と思ったけど、そんなに甘くありません。


尾根の先端までの巻道は踏跡が薄い・・・
倒木でもないのに道を塞ぐなんて珍しい。


(11:20)
案内板が現れたら尾根の先端に到着。
ここから急登緩登を繰り返して山頂を目指します。


藪山として知られる雷倉。
本巣七名山に選定されたことで整備が進みました。


登山道はやや細めだけど明瞭。
小津三山の中でも敬遠されがちだけど、登りやすくなりました。


自然林と植樹林の境界線。
踏跡が薄くても境界に沿って歩けば大丈夫。


いつの間にか自然林と植樹林が入れ替わりました。
この急登を越えれば、しばらく広く緩やかな登山道が続くはず・・・


植樹林を抜けると気持ち良いブナの森。
柔らかな木漏れ日と葉の青さが清々しさをくれました。


まっすぐに伸びた大自然のトンネル。
少しくらいの傾斜なら駆け出しちゃいます。


(12:00)
尾根上の平坦地奥にある19/33地点。
しばらく傾斜がぐっときつくなります。


尾根を左に巻きながら進むことも。
心地良い平坦地は終わり、我慢の登りが始まります。


ここで初めて登山者とすれ違い。
静か過ぎて寂しさを覚えていたのでホッとします。


ブナと陽射しが気持ち良い。
爽やかな風が火照った身体を癒してくれました。


(12:25)
ぐぐっと曲げ伸びた大木に架かる15/33地点。
細い枝が身体をこすり藪山の名残が感じられます。


ピンク布に導かれた先に広がる紅葉。
この景色だけで自然と足取りが軽くなる。


ちょっぴり驚いた岩のロープ場。
14~13/33地点は岩が露出する急斜面。


鈴鹿山脈で見られる露岩と苔のコラボレーション。
森の空気が濃く感じられ、癒される空間です。


紅葉がその濃さを増して来ました。
高度が上がれば色付きも増す・・・この先が楽しみだ。


岩場は踏跡が残らないけど、ピンクリボンの案内がしっかり。
ここを登り切れば、緩やかな登山道が待っています!


藪山が本性を現し始めました。
でも、かき分けるほどじゃない・・・大丈夫かな?


4月下旬にはイワウチワの群生が見られます。
写真はイワカガミの葉・・・春にも訪れたくなりますね。


雷倉の山頂が姿を現しました。
ここからの標高差は200m、もう少しです。


やがて廃林道へ入ると紅葉のトンネルが迎えてくれました。
美しい紅葉に広く明瞭な登山道・・・雷倉のハイライトかもしれない。


(12:55)
この立入禁止は廃林道へ向けたもの。
登山道は看板の奥に続いています。


登山口から2時間登って1/3を切りました。
山頂部の平坦地も考えれば1時間は掛からないはず・・・


ここに来て藪山が復活。
枝打ちされていない杉が枝を広げて待ち受けます。


尾根特有の急登と平坦が繰り返されます。
藪は嫌だけど、狭い登山道は元気が出るのはなぜだろう?


(13:25)
写真から登山道が判別できない5/33地点。
ここからの急登を越えれば山頂部・・・駆け上がれ!


(13:35)
3/33地点にある雷岩。
いざと言うときは雨宿りできます。


山頂部に入ってぐっと緩やかになりました。
木々の隙間もあって眺望も期待できそうだ。


低木と笹に囲まれた雷倉の山頂。
藪で知られた山だけど、本当に登りやすくなりました。


(13:50)
本巣七名山巡りで新しくなった山名版。
登山道整備にはかなりの資金と労力が掛けられています。


北東にはうすずみ温泉。
その左には同じく本巣七名山の倉見。


隠れたファンが多い、屏風山。
雲に隠れているけど、奥には白山がいます。


わずかに頭を見せる能郷白山。


小津三山の一つ、花房山。
日暮れの恐怖と共に下山した記憶に残るお山です。

小津三山の小津権現山、花房山は登頂済。
雷倉は手強い藪山の印象が強く、かなり遅れた登頂です。

本巣七名山に選ばれて大きく整備されました
藪山の名残こそ感じるものの、藪はありません。
整備に携われた方々には感謝の気持ちでいっぱいです。

整備された登山道も人が通らねば、藪へと戻ります。
この記事を通して、登山者が雷倉を訪れててくれればと思います。

最後まで読んでくださってありがとうございます!

雷倉はいかがでしたか?

登山ランキング

興味が湧いた人は応援クリック!

紹介された記事


本巣七名山の山行記録

東海・北陸

2020/4/23

切り開かれた藪山 雷倉 八谷ルート

奥美濃の藪山として名をはせた雷倉。 本巣七名山に選ばれたことで整備が進みました。 もう藪を恐れるに足りません。登りに行きましょう! この記事が気に入ったらいいね ! しよう

東海・北陸

2020/4/27

本巣七名山 倉見 うすずみ温泉ルート

倉見は本巣七名山の中で最も立地に恵まれた山です。 本巣七名山に選ばれ、注目を集めるものの、静かなものです。 お隣の山県市名山めぐりと同じく盛り上がってくれますように! この記事が気に入ったらいいね ! しよう

東海・北陸

2020/3/22

本巣七名山の末席 大白木山 折越峠ルート

大白木山は本巣七名山への選定され、大きく整備が進みました。 本巣七名山で最も静かな山へこっそり訪れてみてはどうでしょう? この記事が気に入ったらいいね ! しよう

岩岳 遠景

東海・北陸

2020/3/22

岩岳 かつての修験道 回峰行場を歩く

岩岳は本巣七名山に選定されただけあってしっかり整備されています。 樽見鉄道を使って旅行気分で登るのも良いでしょう。 この記事が気に入ったらいいね ! しよう

東海・北陸

2019/11/20

密かに盛り上がる本巣七名山 大茂山 コボ山~西尾根

大茂山は登山者が少ない静かな山です。 本巣七名山に選ばれて整備され、密かに注目を浴びる山となりました。 まずは標高の低い大茂山から挑戦してみてはどうでしょう? この記事が気に入ったらいいね ! しよう

東海・北陸

2020/5/10

文殊の森から祐向山へ

城ヶ峰をクリアした二人はその足で文殊の森公園へ。 続ぎふ百山にも選定された祐向山を目指して歩きます。 この記事が気に入ったらいいね ! しよう

東海・北陸

2020/5/2

奥美濃の最高峰。能郷白山 能郷谷から温見峠へ

揖斐の豪雪地帯にそび立つ能郷白山。 2,000m級の山に挑む前のトレーニングに最適? この記事が気に入ったらいいね ! しよう

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

-東海・北陸
-, ,

© 2020 いちのトレッキングブログ