伊吹山 表登山道 3合目より伊吹山
本格的な雪山を始めるにあたり、はじめの一歩に選んだ伊吹山。
霧氷をはじめ、埋まった山小屋や麓の雪景色は見ごたえたっぷり!
下山は思った以上にヒップそりで滑り降りることができて過去にない楽しさでした!

book 概要

滋賀県と岐阜県にまたがる伊吹山地の最高峰。標高1,377mの山、「伊吹山」
古くから霊峰とされ、日本武尊が伊吹山の神に挑み返り討ちにあったとする神話が残されています。
薬草の宝庫としても知られ、麓には伊吹山文化資料館、かすがモリモリ村などの薬草を扱う施設がある。

伊吹山山麓の登山道-伊吹山ネイチャーネットワーク(「伊吹山山麓の登山道-伊吹山ネイチャーネットワーク」)より

登山ルートは全5ルート。
表登山道( 表登山口 ⇒ 山小屋 ⇒ 避難小屋 ⇒ 伊吹山 )
北尾根縦走路( 国見峠 ⇒ 国見岳 ⇒ 大禿山 ⇒ 御座峰 ⇒ 静馬ヶ原 ⇒ 伊吹山 )
・笹又登山道( さざれ石公園 ⇒ 笹又登山口 ⇒ 静馬ヶ原 ⇒ 伊吹山 )
・弥高尾根道( 弥高尾根登山口 ⇒ 弥高百坊 ⇒ 点名「城跡」 ⇒ 表登山道5合目 )
・上平寺尾根道( 伊吹神社 ⇒ 京極氏遺跡 ⇒ 点名「城跡」 ⇒ 表登山道5号目 )

昨年はモンベルで「積雪期の伊吹山は12本爪アイゼンが必要」と教わり断念。
そして今回・・・買ったばかりのアイゼンを携えて念願の伊吹山を登ってきました!

日程 2016年1月29日
ルート 三之宮神社 ⇒ 表登山口 ⇒ 山小屋 ⇒ 避難小屋 ⇒ 伊吹山
登山口ナビ Googleマップで「三之宮神社」を確認!
三角点 伊吹山 一等三角点 「伊吹山」
周辺情報 入山協力金 300円
伊吹薬草の里文化センター いぶき薬草湯 大人 600円 小人 300円

camera 写真館

伊吹山 表登山道 7合目 振り返り
載せ切れない写真はこちら ⇒ 伊吹山 表登山道-flickr

pen トレッキングレポート

伊吹山 民間駐車場
(8:15)
この時間は駐車場への呼び込みがあちこちに立っています。
呼び込みに誘われてみことや裏、こちらの駐車場へ止めさせていただきました。

伊吹山 三之宮神社
準備を整えたら三之宮神社に安全登山を祈願して行きましょう。
鳥居前の綺麗な公衆トイレをお借りして表登山口へ!

伊吹山 表登山道 入山協力金受付
ゲート前にある入山協力金受付。
この時期は不在ですが横側にある入山協力金箱へ300円を投入。
ゲートの足元には登山ポストもあります。

伊吹山 表登山道 ラブ
伊吹山パラグライダースクールのラブ君。
噛むことがあるらしくで「行ってくるね」と声を掛けて登山口へ。

伊吹山 表登山道 登山口
(8:25)
この表登山口に来るのも3回目、伊吹山はいつも違った表情を見せてくれました。
今回は初の積雪期、どんな表情を見せてくれるか楽しみで仕方ありません。
3合目と山頂トイレは4月下旬まで閉鎖中・・・?済ませておいて良かった。

伊吹山 表登山道
表登山道は雪解け水でドロドロかと思いきやしっかり。
緩んだ足元も一夜明ければシャリシャリと音を立てるまでに。

伊吹山 表登山道 アイスバーン
陽当たりの悪いところは完全に雪に覆われていました。
まだ踏み固められず滑らないのが幸いでした。

伊吹山 表登山道 1合目
(8:50)
あまりの暑さにハードシェルを脱ぎ、息を弾ませながらの1合目。
ここからはゲレンデを直登・・・の前に伊吹高原荘でアイゼンを装着します。

伊吹山 表登山道 アイゼン
昨日買ったばかりの12本爪アイゼンを早速デビュー!
練習なしの装着は苦戦したものの10分で完了。

伊吹山 表登山道 1合目
(9:00)
アイゼン装着に苦しんでいる間もどんどん登山者が通過して行きます。
モンベルでのアドバイスは「伊吹山を登るなら前爪のある12本アイゼンが必要」
しかしながら、スノーシュー人口が多いような?

伊吹山 表登山道 1合目 振り返り
10分ほど登って振り返れば「これぞ雪山!」という景色が広がっていました。
冬も人気が高い伊吹山だけあって、登山者が続々と増えて行きます。

伊吹山 表登山道 1合目 振り返り
更に少し登って振り返り。
霊仙山は山頂付近だけが白く染まっています。
今季中に霊仙山の西南尾根も踏破したい!

伊吹山 表登山道 直登分岐
(9:30)
冬限定の直登コースと巻いて行く夏道分岐。
もちろん冬限定の直登へ向かいます。

伊吹山 表登山道 3合目への直登
直登コースは吹き溜まりになっていて雪が深い!
ここまでと比べると足元が緩くペースが上がりません・・・

伊吹山 表登山道 3合目 直登ルート
急登を越えれば伊吹山が姿を表しました。
傾斜が落ち着き、足元も締まり、心も身体も軽さを取り戻します。

伊吹山 表登山道 3合目より伊吹山
三合目手前は伊吹山を一望できるビュースポット。
冬の伊吹山は厳しさに気高さ・・・そして、どこか優しさが感じられます。

伊吹山 表登山道 3合目
(9:45)
一区切りとなる3合目に到着。
わずかながらに風も出て気温も下がり過ごしやすくなります。
が・・・真冬だと言うのに暑い!ソフトシェルも着ていられない!

伊吹山 表登山道 3合目小屋より伊吹山
(9:50-10:10)
3合目小屋でソフトシェルを脱ぎ、携行食を補給。
山頂へと向かう行列は数十人、振り返れば数十人。
快晴の伊吹山は100人規模の登山者数!

伊吹山 表登山道 3合目
良くならされているなと思っていた登山道・・・ヒップそりの跡でした。
お兄さんもおじさんもおじいさんも笑顔で滑り降りて行きます。

伊吹山 表登山道 5合目小屋
(10:30)
5合目の山小屋は閉鎖されています。
もちろん、自動販売機も使用できません。

伊吹山 表登山道 5合目ベンチ
いつもはハイカーで賑わうベンチも完全に雪に埋もれています。
手前のテーブルが掘り起こされているものの荷物を置くのが精一杯。

伊吹山 表登山道 5合目
最後の急登が近付いてきました。
6合目までは引き続きなだらかな登山道が続きます。

伊吹山 表登山道 6合目避難小屋
(10:40-45)
急登を前に休憩を入れる方が多数・・・それにならって一休み。
気付けば雲一つない快晴。雪山には青空が似合う!

伊吹山 表登山道 6合目 振り返り
標高を上げたことで更なる広がりを見せる眺望。
ちょっと霞んじゃってるのが残念だけど、それでも絶景には違いない。

伊吹山 表登山道 6合目
あたかも平坦に見えますが、実際はかなりの急登です。
鞍部はすぐそこに見えているのになかなか近付いてこない・・・

伊吹山 表登山道 7合目 振り返り
振り返れば少しは伝わるでしょうか?
この急登も帰路のヒップそりを思えばやる気が湧いて来る!

伊吹山 表登山道 7合目より琵琶湖
急登に足を止めるときは眺望満喫タイム。
平野部が白く染まったことで景色にメリハリが出ていますね。
雪の深さで山の前後関係も明確になります。

伊吹山 表登山道
「良し!もう一息だ!」を5回ほど繰り返し、近づいているけど近づいて来ない・・・
見えているのに近付いてこないのはまるで槍ヶ岳。

伊吹山 表登山道 山頂直下の傾斜
横を見てみればこの傾斜。
歩幅も広がらないし大幅にペースが落ちるのも納得。

伊吹山 表登山道
鞍部の人達の表情が見えるようになってラストスパート。
想像以上にきつかった伊吹山の斜面も終わりを迎えます。

伊吹山 表登山道 コルより振り返り
(11:55)
登り切った達成感を更に膨らませてくれるこの眺望。
無雪期はさほど気にしなかった景色に目を奪われました。

伊吹山 表登山道 山頂部
山頂部はしっかりと踏み固められた登山道が続きます。
これまでのストレスを吹き飛ばすような快適さ!

伊吹山 伊吹山寺山頂本堂
(12:00)
スノーモンスターへと変貌を続ける伊吹山寺山頂本堂。
いつかは蔵王のスノーモンスターを夢見てまずは伊吹山を登頂です。

伊吹山 山頂 山名板
山名板にも霧氷が大きく成長していました。
綿向山で樹氷は見たことがあるけれど、ここまで成長するなんて知らなかった・・・

伊吹山 山頂 日本武尊
日本武尊は神通力かそのままの姿を留めていました。

伊吹山 山頂 日本武尊 後
後ろへ回り込むとスノーモンスターが侵食。
陽当たりの良い正面に雪が少ないだけでした。

伊吹山 山頂部
山頂部に点在する社は小さなスノーモンスターと化しています。
雪が深く遊歩道を示す木杭が完全に埋もれているところも・・・

伊吹山 山頂 山小屋
山小屋が完全に埋まり掛かってる・・・と思ったけど元々高かったような?
そのまま屋根へ乗りたくなるも壊してはいけないとぐっと我慢。

伊吹山 山頂 山小屋 周辺
雪と風が織り成す芸術・・・一面に広がるこの景色を期待していました。
人気の高い伊吹山に期待するのはちょっと無謀でしたね。

伊吹山 山頂より霊仙山
南斜面のロープにも霧氷の玉ができていました。
枝に付くのでロープについても不思議はないのですがちょっとほっこり。

伊吹山 山頂より南宮山・養老山地
伊吹山地と比べると南宮山、養老山地はあまり雪が付いていません。

伊吹山 山頂より金糞岳方面
北に位置する金糞岳も良い感じに雪が付いています。

伊吹山 山頂より琵琶湖 パノラマ
(12:30)
小屋の陰で手早く昼食を済ませて山頂を後にしました。
今日は琵琶湖が本当に綺麗に見える・・・来て良かった。

伊吹山 表登山道 下り
下りは登りの登山者の邪魔にならないよう登山道から離れてヒップそりで滑走!
あまりの速さにうまく止まれず、滑っているのか滑落しているのか分からない滑り方に・・・
たまには歩くものの、1合目の伊吹高原荘まで滑り降りることができました。

伊吹山 三之宮神社 靴洗い場
(14:15)
1合目から下は雪解け水でドロドロでした。
三宮神社の靴洗い場で泥をしっかり落として伊吹山を後にします。

いぶき薬草湯
伊吹薬草の里文化センター内のいぶき薬草湯で汗を流しました。
三之宮神社から10分ほどで立ち寄ることができる定番スポットです。

本格的な雪山を始めるにあたり、はじめの一歩に選んだ伊吹山。
終わってみれば休憩を除き、3時間強と無雪期と変わらぬペース。
左右に大きく振られるのと直登の差があるとは言え驚きの結果でした。

アイゼンワークの未熟さか前爪を使うことはありませんでした。
ヒップそり跡よりも足跡を追った方が前爪不要で楽に登れます。
伊吹山の人気なら足跡に困ることはないでしょう。

6合目からの急登は本当にきつかった!
霧氷をはじめ、埋まった山小屋や麓の雪景色は見ごたえたっぷり!
下山は思った以上にヒップそりで滑り降りることができて過去にない楽しさでした!

最後まで読んでくださってありがとうございます!
伊吹山に興味が湧いた人は応援クリック ⇒ 登山ランキング

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう