東海・北陸

大滝林間歩道から水量豊かな分岐瀑、不破の滝へ歩く

2015-06-07


養老の滝と対をなす不破の滝へ行ってきました。
あまり期待をせずに向かったその滝は・・・それは見事な分岐瀑!

概要

不破郡垂井町大滝にある落差15mの滝、「不破の滝」
高さや形に優れる「養老の滝」を女滝と呼ぶのに対し
幅や水量に勝る「不破の滝」は男滝と呼ばれるそうです。

車で東谷林道を通り、不破の滝直前まで行けますが
少し手前の青羅公園から大滝林間歩道を組み合わせて歩いてきました。

日程 2015年5月30日
ルート 青羅公園 ⇒ 展望台 ⇒ (ルートミス) ⇒ 不破の滝 ⇒ 青羅公園
アクセス Googleマップで「青羅公園 」を検索!
周辺情報 青羅公園駐車場 20台

トレッキングレポート


不破の滝へ向かう前に大滝林間歩道へ。
青羅公園の駐車場はとっても広い20台!


駐車場にある林間歩道略図。
青羅公園から展望台に立ち寄って不破の滝へ、東谷林道を戻ります。


(13:30)
まずは青羅公園に入園!
園内には数家族がキャンプを楽しんでいました。


園内を横切れば大滝林間歩道入口。
しなはタイツを忘れて、足首を草にをくすぐられ放題。
「うわー!うわー!」と楽しそう(?)にしていました。


林間歩道に沿ってロープが張り巡らされている。
山菜盗防止のためでしょうか?


落枝で少し荒れ気味ですが明瞭。
傾斜が緩やかでぐんぐん進みます!


(13:35)
地図にあった十字路。看板は展望台を右と指していますが直進が正解。
右へ進むと東谷林道へ戻るので注意してください。


丸太階段がシダに侵食され、荒れた感じになってきました。
しなの足首はくすぐられっぱなしです。


(13:45)
青羅公園から15分で初のベンチ。
一般向けとしては良い位置ですね。


倒木が道を塞ぐことも・・・ここまで大きいと撤去できません。
横へ迂回してやり過ごしましょう。


(13:50)
展望台まで85m地点。走れば10秒!
10秒で着いたことはないんですけどね・・・


地図にあった展望台前の急階段。
みんな駆け出すのか丸太階段がかなり朽ちています。


1,2分も登れば展望台が見えた!


(13:55-14:05)
展望台の東屋内は10人ほど座れる広さ。
林間歩道の荒れ方から見ればかなり綺麗ですね!


展望台からの眺望は・・・


(14:10)
地図通りに展望台から明瞭な尾根道を進むと・・・ん?


足を痛めたのか衰弱しているのか逃げようとするも逃げれず
しなとバンビのにらめっこに突入。


10分もにらめっこを続けるとバンビが根負けして座り込んでしまいました。


(14:25)
動物園でもここまで近付けないでしょう。
しかも、野生動物・・・貴重な体験ができました。


(14:50)
後ろ髪を引かれつつもバンビとお別れ。
リボンに踏跡もあるもののどうもおかしい・・・撤退します。


(15:30-45)
バンビに迷子で1時間半も使ってしまいました・・・。
滝で食べる予定のシュークリームでチャージ!
椅子をクリームで汚してしまったのでしゃがんでもぐもぐ。


展望台への丸太階段前に倒木で塞がれた道を確認。
こちらが正規ルートですね・・・倒木は撤去しておきました。


(16:20)
東谷林道へ戻り、不破の滝へ。
スペースが十分にあるので車で来ても良いでしょう。


不破の滝の案内板。
秣の滝も養老の滝と対となっています。
養老の滝は男になったり女になったり大変ですね。


畳敷の不動尊堂。中で休憩できます。
しなは毛虫の大群に怯んで進めません。


(16:30)
不動尊堂から先は通行止め。が、そこからの眺めではもったいない!
滝壺までは5分ほど。手を少し使いますがで間近で楽しめます。

不破の滝は珍しい分岐瀑でした。
水量豊かで幅が広く迫力があります。
滝行をされる方もいるようですね。

大滝林間歩道はやや荒れています。
展望台奥に迷い込まなければ小学生でも楽しめます。
一筆書きでぐるっと周るのも楽しそうですね。

最後まで読んでくださってありがとうございます!

不破の滝はいかがでしたか?

登山ランキング

興味が湧いた人は応援クリック!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

-東海・北陸,

© 2020 いちのトレッキングブログ