恵那山
きっついお山に登りたくて、恵那山の前宮ルートを登ってきました。
累積標高1,600m超の過去最高クラスの難易度も2年目を迎えたこの身体なら!

book 概要

中央アルプス最南端、2,191mの山「恵那山」
濃尾平野の広範囲からその姿を望むことができる美濃の最高峰です。

岐阜県の山掲載のウォルター・ウェストンも歩いた歴史の道、前宮ルートをチョイス。
登りに6~7時間、下りに4時間。往復10時間を要する健脚向けルートです。

日程 2014年5月18日
ルート 前宮ルート(恵那神社 ⇒ 空峠 ⇒ 神坂峠分岐 ⇒ 恵那山)
グレーディング 体力度 5/10 難易度 B/E
登山口ナビ Googleマップで「恵那神社」を検索!
三角点 空峠 三等三角点 「空峠」
恵那山 一等三角点 「恵那山」

camera 写真館

恵那山 枯大桧
載せ切れない写真はこちら ⇒ 恵那山-flickr

pen トレッキングレポート

恵那神社 駐車場
前日から現地入りして恵那神社の駐車場で車中泊。
たっくんの寝返りを震源とする地震で目を覚まし寝直しを試みるものの
断続的に続く余震に寝直しを断念・・・起床。
日の出前で涼しいどころか寒いです。

恵那神社 鳥居
過去最高クラスの山行に挑む前に恵那神社で無事をお祈りしました。

保安林管理道 前山線(起点)
(5:27)
前宮登山口へは保安林管理道 前山線から!
看板の前にも数台車を止められるスペースがあります。

保安林 管理道 前山線
緑豊かな砂利道が続きます。
朝の森はマイナスイオンいっぱい!

恵那山 前宮登山口 駐車スペース
(5:43)
15分ほど進むと登山口へ。
こちらにも10台ほどの駐車スペースがあります。
ここに車を止めれば良かった・・・。

恵那山 正ヶ根谷
正ヶ根谷を渡渉したところが登山口。
木橋は落ちていますが飛石感覚でOK!

恵那山 前宮登山口
(5:45)
こちらが前宮登山口。
ここから累積標高1,600m超の山行が始まります。
まったりペースのたっくんとはここでお別れ。

恵那山 登山道 崩落個所
少し進むと崩落個所が!
踏跡しっかりですが慎重に進みます。

恵那山 対東沢
対東沢の水は飲めそうなくらい澄んでいます!
両側にテープがあり分かりにくいですが、右の岩場を越えてから左へ渡渉。

恵那山 登山道
長くなだらかな杉の林を進んでいきます。

恵那山 五合目
(6:35)
え、もう五合目?まだ1時間経ってないのに。
中間地点の空峠まではまだ半分程・・・どうやら距離が長いので二十合目まであるようです。

恵那山 枯大桧
(7:20)
結構な急登を越えて何とか尾根へ。
枯大桧が出迎えてくれました。

恵那山 中の小屋跡の不動明王像
(7:40)
中の小屋跡は小広場となっています。
しかしながら、半分も満たないところで休んでいられない!
不動明王像に挨拶だけして先へ向かいます。

恵那山 登山道 枯木門
木々の高さが低くなってきて眺望が得られます。
この枯木の門も良い雰囲気!

恵那山 登山道から御嶽山
御嶽山もくっきり!
今年中に登れると良いなぁ。

恵那山 空峠(八右衛門の頭)
(8:15)
登山口から3時間で中間地点の空峠へ。
岐阜県の山の参考タイムはここまで4時間。
なかなかのペースで来れています。

恵那山
空峠を過ぎると待ちに待った恵那山が姿を表しました。

恵那山 登山道からの眺望 御嶽山・乗鞍岳・穂高岳
十三合目を超えると御嶽山に加え、乗鞍、穂高も!

恵那山 立ち枯れ木群
笹に立ち枯れの木。大台ケ原を思い出してテンション急上昇!

恵那山 行者越
(8:45)
行者越。ここから少し岩稜に入ります。

恵那山 行者越 石像
岩場を登り始めると笑顔の石像が出迎えてくれます。
連られてこちらも思わずにこり。

恵那山 空八丁
(9:00)
十四合目を通過し、空八丁へ!
ここから急登が始まります。

恵那山 登山道 残雪
山頂まで2.5km地点を超えると残雪が登場。
さすがに雪はもうないと高を括っていましたが・・・

恵那山 登山道 残雪
残りカスがちょっとあるだけだろうと言う甘い予想は見事に外れ
一面、雪に覆われる結果に・・・さすが2,000m級です。

恵那山 神坂峠分岐
(9:55)
神坂峠ルートとの合流地点へ到着。
ここまで来たら後は尾根を通って山頂を目指すのみ!

恵那山々頂小屋
(10:25)
恵那山々頂小屋に到着。
小屋裏の岩場が展望スポットです。

恵那山 山頂小屋裏の展望岩からの眺望 中央アルプス
こちらは中央アルプス。

恵那山 山頂小屋裏の展望岩からの眺望 南アルプス
そして、南アルプス。

恵那山 山頂小屋裏の岩からの眺望 富士山
実は富士山も見えています!
いつか絶対に登ってやるぞー!

恵那山 木道
眺望に満足し達成感も十分に得られましたが、山頂を見逃すわけにはいかない!
木道を通って山頂へ向かいます。

恵那山 山名板
(10:45)
登山口から5時間を掛けて恵那山山頂へ到着!
初の2,000m級登頂成功です。

恵那山 山頂展望台
山頂には展望台も!地元の低山よりも控えめですね・・・。
ちなみに展望台に登っても展望はありません。

この後、山頂小屋で昼食を済ませ11時半に下山開始。
体力には余裕を感じていましたが帰路で道を間違えて消耗し
左膝を痛めて変な癖がついたのか左臀部に傷みが出たこともあり
下山時には心身共にへろへろになっていました。
ちなみにたっくんは空峠でリタイヤです。

家に帰ると足に水ぶくれ、手の甲と首にぴりりとする日焼け。
久しぶりにふくらはぎと腿に軽い筋肉痛。
さすが健脚コースと行ったところでしょうか?

頭を空っぽにしたくてきつめの前宮ルートを選択しましたが
まだ思ったより余裕がありました。
臀部に痛みが出ないように意識して歩いていれば
もう1時間は短縮できたのではないかと思います。

登山ルートはまだ黒井沢、神坂峠、広河原の3ルートあります。
また頭を空っぽにしたくなったら別ルートでお世話になろうと思います。

最後まで見てくださってありがとうございます。
恵那山に興味が湧いた人は応援クリック ⇒ 登山ランキング

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう