近畿・関西

関西クライマーを育む岩峰群 雪彦山 表登山道~大天井岳~裏登山道

2014-05-31


ハイキングと言うよりアスレチック?
大天井岳の写真に一目惚れして雪彦山に行ってきました。

概要

日本三彦山の一角として知られる修験道の岩峰群「雪彦山」
関西屈指のクライミングスポットとしても知られ、登山道は鎖場・ロープ場が多数。
ハイキング気分で挑むと泣かされるかもしれません。

雪彦山の定義は複数あるようですが、洞ケ岳の最高峰である大天井岳(884m)へ向かいます。

日程 2014年5月25日
ルート 表登山道 ⇒ 大天井岳 ⇒ 虹ヶ滝上級 ⇒ 裏登山道
アクセス Googleマップで「雪彦山駐車場 」を見る!

トレッキングレポート


(11:05)
「雪彦峰山県立自然公園」をナビにセットし雪彦山へ!
青看板などの案内板も充実し、登山口前の駐車場へ到着。
20台ほどの駐車場は満車・・・路肩に駐車しました。


登山口への案内もばっちりです!


歩くのは出雲岩から大天井岳山頂、虹ヶ滝を回るショートコース。
3時間ほどを予定しています。


(11:10)
出雲岩コースは左の階段を、虹ヶ滝コースは林道を直進します。
雨で待たされた分、胸の期待が大きくなっています。


最初から急登が歓迎してくれます。
登山道は明瞭で全く不安ありません。


(11:20)
不動岩を横目に通過。


尾根の急登を駆け上がると・・・


(11:40-50)
展望岩へ到着!
大天井岳がかっこ良すぎてテンション急上昇!


しなは朝ごはんのコロッケとフランクフルトにやられ絶不調・・・
「そんなんじゃ足りないぞ!」と無理矢理食べさせてごめんなさい。


(12:35)
何もない行者堂跡を過ぎると出雲岩。
巨岩が折り重なる圧倒的な存在感。大自然へ畏敬の念が募る瞬間です。


小さなしなは段差を迂回しながらクリア。


(12:45)
待ちに待った鎖場が現れました。
急だし狭い・・・通ってみると鎖不要で擦ったりもせず。
鎖場はスピードが出せないので良い休憩ですね。


(12:50-55)
セリ岩を横目に通り過ぎ、見晴らし岩へ。
切り立った岩から見下ろす眺望は最高の一言。


セリ岩は迂回できます。せっかくなので中を通ってみましょう。
いちはザックを背負ったままでは通れませんでした・・・


(13:05)
セリ岩から岩稜の馬の背へ。
ここから鎖場・ロープ場が連続します。


ぱっと見ロープを握りたくなるけど、足が掛かるので大丈夫。
慣れないと足場の確保を忘れがち・・・ロープを握るより大事です!
足場をしっかり確保すれば腕力は使いません。


腰がちょっと引け過ぎかな?
ロープに頼り過ぎるとこうなります。
撮影に夢中でアドバイスを忘れる・・・


足が届かない!


(13:30-45)
ようやく大天井岳の山頂へ到着。
思いの外時間が掛かってしまいました。


大天井岳からの眺望。山が幾重にも連なっていますね。
全部登ると何日掛かるんでしょう?


(14:05)
帰りは虹ヶ滝コースへ進み天狗岩へ。
岩の方へ踏跡があったので技術があれば登れるんでしょうね。


上から見下ろす地蔵岳。
あんなところ人がいるのにびっくりです!
しかも、子供のヤッホーが・・・割と簡単なんでしょうか?


初級コースへ向かったはずが上級コースの鎖場迂回路へ。
更に激しい段差がしなを襲う!
「これで本当に初級なの?」「・・・(ごめんなさい、上級です)」


迂回した鎖場・・・確かに急で距離も長い。
滑落するのも納得です。迂回路を選んで良かった・・・


(14:35)
地蔵岳分岐。
「あんなとこに行けるか!」と虹ヶ滝へ。


引き続きいくつもの鎖場を越えてゆきます。
出雲岩コースとは明らかに難易度が違っていますね。


(15:30)
マイナスイオンたっぷりの虹ヶ滝へ到着。
岩肌を滑る水流にどこか癒されます。
ここで初級コースと合流。


(15:35-40)
少し登り返して峰山分岐へ。
ベンチもあり、鎖場で疲れた足を休めて行きました。


(15:55)
なだらかな登山道をぐいぐい進んで大曲へ。
岩が少しごろっとした道へ入ります。


(16:05)
出合から渡渉して沢沿いを下り、舗装路を戻りました。
16:30に登山口へ到着。

大天井岳の素晴らしい山容に心を奪われ、勢いで来てしまいました。
出雲岩、セリ岩、見晴らし岩などの見どころが多く
過去最高の鎖場・ロープ場が本当に楽しかった!

地蔵岳・三角点を見れなかったのが少し悔やまれます。
未練は楽しみの持ち越し・・・また来ます!

最後まで見てくださってありがとうございます。

雪彦山はいかがでしたか?

登山ランキング

興味が湧いた人は応援クリック!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

-近畿・関西
-, , ,

© 2020 いちのトレッキングブログ