東海・北陸 寺社

伊勢山上 飯福田寺 現代に残る修験道の行場に挑む

2016-12-12


岩場・鎖場好きの二人ですが、伊勢山上は文句なく過去最強!
雪彦山や石鎚山の鎖場が霞んでしまう納得の修行場でした。
表行場は迂回路があり、力量に合わせて挑めます。
高所が苦手でなければ是非オススメしたいスポットです!

概要

三重県松坂市にある飯福田寺・・・通称「伊勢山上」
大宝元年(701年)、役小角により開創された霊場。
古来より信奉者が多く北畠家の祈祷所として栄えました。
広大な表行場・裏業場へは今も多くの人々が修業に訪れています。

(「伊勢山上 行場案内図-伊勢山上」より)

今回は表行場、裏行場を残さず回って来ました。
岩場・鎖場を好む二人ですが、文句なく過去最強のスポットでした。

日程 2016年11月7日
ルート 飯福田寺 ⇒ 表行場 ⇒ 飯福田寺 ⇒ 裏行場
アクセス Googleマップで「伊勢山上 」を検索!
周辺情報 飯福田寺 仁王門 駐車場 6台 無料
入山料 500円

トレッキングレポート


伊勢山上 飯福田寺の駐車場は仁王門前に6台ほど。
仁王門奥の路肩にも数台止められそうなスペースがあります。


温かみあふれる手書きの周辺案内図。
伊勢山上の表行場・裏行場以外にもコウモリ穴、手打ちそば悠庵があります。
今回は時間がなくどちらも見送りますがいつか合わせて来たいところ。


(8:18)
これから修行させていただく飯福田寺に一礼。
仁王門をくぐり、飯福田寺へは数分の舗装路を歩き。


赤い橋を渡り、飯福田寺の境内へ。
ご住職よりユーモアに富んだ表行場説明を受け、入山料500円を納めます。
表行場は1時間半~2時間半、境内のトイレを拝借していざ表行場へ!


(8:35)
飯福田寺を出て正面・・・石段を上り表行場入口へ。


表行場入口は薬師堂のすぐ左にあります。
古の修験道、山伏の修行場が現代まで残っている事実に驚かされます。
本来は命を賭して挑む行場ですが楽しませていただきます・・・不謹慎かな?


折り返しにある「出迎え不動明王像」が花と共に迎えてくれました。
憤怒の表情が浮ついた心を諌めてくれるようです。

折り返すたびに愛染明王堂、こちらの愛宕大権現、毘沙門天王、女人堂と続きます。
女人堂を過ぎれば行場の始まり!


(8:45)
まずは第一行場の「油こぼし」
右上に伸びる鎖が正規ルートですが左に迂回する鎖もあります。


「どうする?」の言葉に「当然こっち」と油こぼしを乗り越えて行きます。
表行場はまだ始まったばかり・・・こんなところで逃げていられない!


しなの登頂を待っていちも続きます。
足場をしっかり確保すれば鎖は必要ありません。


・・・と思っていましたが最後は鎖の力を借りました。
意地を張って滑落したら無傷で済まないどころか命が危うい・・・


(8:55)
油こぼしを乗り越えると行者尊が労ってくれました。
まずはこの表行場に挑む資格を得たと言ったところでしょうか?


行者尊から最大の難所である岩屋本堂。
まさかあんなところを登るとは・・・


行者尊から振り返り、手すり奥から岩屋本堂へ向かいます。
傾斜はありますが窪みに足を掛けて行けば心配ありません。


「岩屋本堂へはまず迂回路から回り込み、見て自信があれば登ってください」
ご住職の言葉が耳に残りますが、岩場経験は共に十分・・・行っちゃいます!


(9:00)
大岩をくり抜いて作られたかのような岩屋本堂。
この場を霊場とした理由が一目で分かる存在感があります。


岩屋本堂の右にある鐘掛は天然岩のボルダリング。
一度左に回り込んでから右に進みます。


最後の支えとなる横穴は強度がちょっぴり不安・・・
しかしながら、70kg超のいちを支えてくれたのでほとんどの方が大丈夫でしょう。


鐘掛上から岩屋本堂を振り返り。
ここまで登ってしまうと引き返すのも危険が伴います。


岩屋本堂の笠となる岩へ登るのがまさかの正規ルート。
落ちれば命が危うい表行場最大の難所です。
149cmのしなも登っちゃった・・・本当にびっくりした!


切れ落ちた岩の斜面に膝が震えて来ました。
「こんな足元が定まらない状態では危ない。しっかりしろ!」
理性が本能を抑え込んだのかピタリと震えが止みました。


(9:10-15)
岩屋本堂を登り切ってほっと一息。
生命の危機を意識し、火事場の馬鹿力を発揮させる・・・
行場とはそういった眠った力を呼び覚ますところなのかもしれませんね。


岩屋本堂上からすぐの抱付岩。
左へ張り付きながら進むビジョンが浮かばなかったので素直に迂回。
どうやら岩に抱き付いて上へ登ってしまうのが正解のようでした。


(9:25)
少し登ったところにある小天上とも呼ばれるP328。


尾根歩きが始まりました。
次の行場はしばらく先になります。


踏跡は人気山レベル。迷う心配は一切ありません。


(9:40)
表行場のおよそ中間地点、大天井は休憩にぴったりの小広場。
一服したくなるもここは神域・・・行場を抜けるまで我慢です。


(9:55)
大天井隣のピークは巻き、次の小ピークを越えれば行場が再開。
ざらついた亀岩は歩きやすいものの向こう側は切れ落ちています。


(10:00)
続く行場は鞍掛岩。傾斜はやや急、慎重に・・・
と思いきやしなは直立したままスタスタと歩いていきました。


上から見下ろすとこんな感じ。
意外と滑らず歩けますが雨天後や強風時は恐ろしい・・・


鞍掛岩はそのまま蟻の戸渡へ続いていきます。
ぽかぽかの陽射しに心地良い風、展望も良好!


蟻の戸渡からの下りは急降下。
しなは危険とみたか笑顔で「after you(お先にどうぞ)」
ここまで置いてけぼりだったのに・・・


降りてみると足掛かりもあり、見た目ほど危険はありませんでした。
振り返って感じたのはまさに馬の背・・・本来はこういったところを表したんでしょうね。


(10:10)
小尻返しはご住職お勧めの展望地です。


足を震わせながら乗り越えた岩屋本堂も見えます。
修験者は鎖を使わずに乗り越えたそうですが何人が命を落とされたか・・・
どんな山でも感じられなかった「死」がそこにはありました。


小尻返しからは次の行場である飛石が確認できました。
「この上にどうぞ」と言わんばかりのきのこ岩・・・登るしかない!


小尻返しの下りは2段階の鎖場。
岩のくぼみに足を掛けつつ慎重に下っていきます。


「鎖場の鎖は力量が足りないから必要になるんだ!」
いつもはそう口にするいちも鎖を借りざるを得ません。


飛石は鞍掛岩より窪みが多く安心して歩けました。


(10:25)
天空を拳で突くかのような飛石。
「飛石の上で飛ぶ!」煽ったけど、本当に飛ぶのは驚かされました・・・


振り返れば小尻返し。上では意識していませんでしたがすごい形!
気づかなかったけど、ここも滑落したら絶命待ったなし・・・


ここまで来ると鎖を使わずに進むと言う選択は完全に消え去りました。
トレッキングシューズなので岩肌を掴んでくれますがスニーカーでは少し危険な印象です。


(10:35)
平等岩まで来れば岩の行場は終わりを迎えます
もう困難なところもなく下るだけ!


小広場となっている元居ヶ原。
時期に表行場も終わりますが、こちらで余韻に浸るのも良いでしょう。


(10:40)
元居ヶ原からは岩屋本堂を奉拝できます。


表行場をほぼ終え、まだ少し早い気もするけど、無事を感謝。
岩屋本堂には本当に自然の神秘を感じて止みません。
山岳信仰の対象となるのも頷けます。


少し降りると岩屋本堂展望地がありました。
うん、やっぱり見ているだけでワクワクしてくる!


(10:45)
表行場最後の下向道。
苔生した石段は滑りやすく、小さな段差、奥行きのなさが油断できません。


(10:55-11:00)
ご住職に下山を告げると、裏行場が案内されます。
裏行場は短いものの迂回路がなく難度が高いので表行場を終えてから案内する運び。
迂回路をほぼ使わなかった二人は裏行場へ向かいます。


仁王門へ向かい、突き当たりを右へ進みます。
やがて裏行場入口の案内が表れるので左折。
正面に見えるのは裏行場の達磨岩ですね。


左折してすぐの「つじはし」を渡れば再び裏行場入口の案内板。
川沿いの道へ入れば間もなく裏行場入口です。


(11:05)
裏行場は鳥居をくぐった瞬間、油こぼしの急登が始まります。


表行場の油こぼしと比べると角度はあるものの距離はわずか。
苔生していて少し滑りやすくなっていました。


表行場ほどではありませんが良く踏まれています。


(11:10)
石仏・石祠のある達磨岩へ到着。
展望もなく、時間も押しているので先を急ぎます。


達磨岩を越えるとまったりした尾根歩き。
足元の岩は力強く足を押し返してくれます。


行場のような一枚岩を登り切れば獅子ヶ鼻へ到着です。


(11:15)
裏行場の最高点、獅子ヶ鼻。
油こぼしとこの獅子ヶ鼻下りの鎖場が全てでした。


しなが座る獅子ヶ鼻はオーバーハングしており、その下には石仏が祀られています。
修験者達は命綱を仲間に託し、下を覗いたそうですがそこまではできません・・・


伊勢山上 行場の締めくくりとなる獅子ヶ鼻の下り。
ここは足掛かりが豊富にあり、鎖をほとんど必要としませんでした。


しかしながら、下から見上げるとこの高さ。
鎖に頼り過ぎも良くありませんが、命綱代わりに握った方が無難です。


道なりに下って行き、橋は渡らず川に沿って道路へ向かいます。


道路に合流すればすぐに裏行場入口の「つじはし」に出ます。
裏行場は20分で巡れました。

ヤマレコで伊勢山上を知り、一目惚れ。
いつかしなと一緒に訪れようと時期を待ち1年・・・やっと訪れました。

岩場・鎖場好きの二人ですが、伊勢山上は文句なく過去最強!
雪彦山や石鎚山の鎖場が霞んでしまう納得の行場でした。
表行場は迂回路があり、力量に合わせて挑めます。
高所が苦手でなければ是非オススメしたいスポットです!
最後まで読んでくださってありがとうございます!

伊勢山上はいかがでしたか?

登山ランキング

興味が湧いた人は応援クリック!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

-東海・北陸, 寺社

© 2021 いちのトレッキングブログ