里山からアルプスまで登山を愛するブログ

いちのトレッキングブログ

東海・北陸 百々ヶ峰

初心者にもお勧め!百々ヶ峰 松尾池直登ルート

2014-04-23

松尾池
初心者の体力でも耐えうるショートコースの中には見どころが豊富に散りばめられています。
南陵の岩場は見た目ほど危険がなく、初心者にお勧めしたいコースでした!

概要

岐阜県岐阜市の最高峰、標高417.9mの山「百々ヶ峰」
長良川の北にあり、南の金華山と向かい合うように位置しています。
三田洞には四季の森公園センターがあり、遊歩道が整備されている。

今回は松尾池から南陵の岩場を直登するルートを登ってきました。

日程2014年4月19日
ルート松尾池 ⇒ 百々ヶ峰 ⇒ 権現山 ⇒ 白山展望地 ⇒ 松尾池
アクセスGoogleマップで「松尾池 」を検索!
三角点百々ヶ峰 三等三角点 「百々峰」

Download

トレッキングレポート

百々ヶ峰 松尾池 駐車スペース
松尾池周辺には数か所の駐車スペースがあります。
こちらは松尾池直近のスペース・・・4,5台でしょうか?

百々ヶ峰 松尾池 周辺マップ
松尾池周辺マップもありますが、今回の直登ルートは記載なし。
松尾池を左から回り込み登山口へ向かいます。

百々ヶ峰 松尾池 東屋
野鳥観察スポットとしても知られているらしく
東屋はアマチュアカメラマンで賑わっていました。

百々ヶ峰 南陵登山道
(14:45)
東屋を越えたところが登山口です。

百々ヶ峰 南陵登山道 岩場
(14:55)
10分も進むとお待ちかねの岩場が始まります。
「え?本当にここを直登するの?」
初心者にもお勧めって聞いたのに・・・

百々ヶ峰 南陵登山道 岩場
(15:00)
先ほどの岩場は左に巻いてやりすごします。
インパクトの割には簡単に進めました・・・楽しい!

百々ヶ峰 南陵登山道
岩場初体験のたっくんもどこか楽しそうです。

百々ヶ峰 岩場 たっくん
(15:15)
切り立った展望スポットに到着。
足元が危うさが眺望へのアクセントに!

百々ヶ峰 岩場上から松尾池
展望スポットから見下ろす松尾池。
ハイカーに手を振ってみるものの気づいてもらえず・・・。

百々ヶ峰 山頂展望台
(15:30)
山頂展望台が見えてきました!
あと一息!

百々ヶ峰 山頂標識
百々ヶ峰山頂へ到着!
展望スポットの小休止を除けば35分程です。
山に慣れていなくとも1時間もあれば登れそうですね。

百々ヶ峰 山頂からの眺望 各務原アルプス方面
山頂は180度のパノラマビュー!
こちらは明日全山縦走に挑む各務原アルプスです。

百々ヶ峰 登山の思い出ノート
展望台には山頂ノートがあり、思い出を残せます。
ブログのURLを残してきましたが誰か見てくれるでしょうか?

百々ヶ峰 トイレ
(16:03)
帰りは権現山から東海自然歩道を通り白山展望地を経由します。
一度、降りきって遊歩道を横切り登り返し。

百々ヶ峰 権現山 山頂
(16:10)
数分登って権現山へ到着。
ここからは整備の行き届いた東海自然歩道を進みます。

百々ヶ峰 白山展望地からの眺望
(16:25)
白山展望地にはベンチに風景案内板もあり!
残念ながら白山も御嶽山も霞の中・・・

百々ヶ峰 松尾池分岐
ここから松尾池方面へ折り返します。
未踏破ルートなので新鮮!

百々ヶ峰 登山道 石橋
沢沿いでマイナスイオンたっぷりの道を進みます。
水の流れる音が本当に心地良い・・・癒されますよ!

百々ヶ峰 萩の滝
(16:45)
小ぶりの萩の滝にまーるい滝壺。
なかなか良い雰囲気ですが、うまく写真に納められず。
一段降りるとまた立派な滝が出迎えてくれます。

百々ヶ峰 岐阜県の名水 岩舟渓谷・萩の滝
(16:55)
萩の滝登山口まで戻ってきました。
岐阜県の名水に選定されていますが飲用可能かどうかは
考慮されていないようです・・・生水での引用は避けましょう。

初心者の体力でも耐えうるショートコースの中には
見どころが豊富に散りばめられています。
文句なく初心者にお勧めできるコースでした!

最後まで見てくださってありがとうございます。
百々ヶ峰 松尾池直登ルートに興味が湧いた人は応援クリック ⇒ 登山ランキング

紹介された記事

百々ヶ峰の山行記録

東海・北陸 百々ヶ峰

2019/9/7

初心者にもお勧め!百々ヶ峰 松尾池直登ルート

初心者の体力でも耐えうるショートコースの中には見どころが豊富に散りばめられています。 南陵の岩場は見た目ほど危険がなく、初心者にお勧めしたいコースでした! この記事が気に入ったらいいね ! しよう

東海・北陸 百々ヶ峰

2019/9/7

岐阜市最高峰!百々ヶ峰 三田洞弘法ルート

雨や台風に阻まれてとうとう空白期間が三週間。 天候に不安が残るも我慢できず、軽めの百々ヶ峰へ。 この記事が気に入ったらいいね ! しよう

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

-東海・北陸, 百々ヶ峰
-

Copyright© いちのトレッキングブログ , 2019 All Rights Reserved.