霞間ヶ渓 桜
六甲全山縦走で痛めた膝もほぼ回復!
東海地方有数の桜の名所、霞間ヶ渓で花見を楽しみ
始まりの山、池田山を登ってきました。

book 概要

遠くから眺めると桜の霞が掛かったように見える霞間ヶ渓(かまがたに)
東海地方有数の桜の名所として知られており、日本さくら名所百選にも選定されています。

伊吹山地の一角で標高923.9mの山「池田山」
金華山と並び東海地方有数の夜景スポットとしても有名です。
花見ついでの団体で大変賑わっていました。

主な登山道は2ルート
・霞間ヶ渓登山道( 霞間ヶ渓 ⇒ ハングライダー発進基地 ⇒ 森の駅 ⇒ 池田山 )
大津谷登山道( 大津谷 ⇒ 森の駅 ⇒ 池田山 )

霞間ヶ渓で桜を楽しみ、霞間ヶ渓登山道を歩いてきました。

日程 2014年4月6日
ルート 霞間ヶ渓登山道(霞間ヶ渓 ⇒ ハングライダー離陸場 ⇒ ふるさと沙羅林道(撤退))
登山口ナビ Googleマップで「霞間ヶ渓」を検索!
三角点 池田山 二等三角点 「池田山」
周辺情報 霞間ヶ渓公園駐車場 150台
池田温泉 大人500円 小人300円 (足湯無料)

camera 写真館

池田山 登山道 桜の花びらの道
載せ切れない写真はこちら ⇒ 霞間ヶ渓 花見・池田山-flickr

pen トレッキングレポート

霞間ヶ渓 桜
花見規制で登山口前まで乗り入れることができず、池田町総合体育館に駐車。
臨時駐車場も体育館もほぼ満車・・・大盛況です。

池田山 登山口
(9:40)
池田山へはこちらから入ります。
季節が違うと雰囲気がガラっと変わりますね。

池田山 登山道
登山道は踏み固められ、分岐もなく安心して進むことができます。

池田山 登山道 ベンチ
(10:05)
登山道にはあちこちに休憩スポットが設けられています。
開始30分、休憩にはまだ早い!

池田山 登山道
(10:35)
そろそろ1時間が経過しますが、休憩は次の東屋で。
たっくんも歯を食いしばってがんばっています。

池田山 東屋
(10:45)
車道沿いの東屋へ到着!
東屋内では一宮山岳会の方々が講義中でした。
遅れ気味のたっくんを待ち、11時まで休憩。

池田山 登山道
(11:00)
車道を少し下って再び登山道へ入ります。

池田山 登山道 いばらの小径 ベンチ
途中の分岐はいばらの小径方面へ。
こちらにも休憩スポットがあり!

池田山 焼石神社
(11:25)
途中の下りで膝に傷みが!
登りは何とか進めるので焼石神社で山頂まで辿り着けるようお願いします。

池田山 ハングライダー発進基地からの眺望
(11:30)
夜景スポットとしても有名なハングライダー発進基地へ。
ここのところ低山が続いていたのでこの眺望が新鮮でした。
今年は夜景も見に来たいところです。

池田山 登山道 尾根道
(11:50)
ここからは一転して尾根歩きにいきなり風が強くなり
なんと横殴りの雪が降り始めました!

池田山 ふるさと沙羅林道 石碑
尾根の下りで膝を更に痛めてしまい、ここでリタイヤを決定。
山頂までわずか1km程度ですが泣く泣く諦めました。
一人山頂に向かうたっくんを東屋で待ちます。

池田山 登山道 桜の花びらの道
痛む膝をかばいながらゆっくりゆっくり下山していきます。
登山道に散りばめられた桜の花びらが痛みを和らげてくれました。

道の駅 池田温泉 足湯
帰りに道の駅 池田温泉の足湯で痛めた足をリフレッシュ!
階段の段差にすら苦しんでいたのが問題なく降りれるように。
足湯の効果にびっくりしました。

昨年はひーひー言いながら登っていた池田山ですが
体力的には全く問題にありません。
この1年の身体の成長を感じることができました。

しかしながら、膝痛の再発で痛恨のリタイヤ。
何でもない緩やかな下りで一気に痛みが来ました。
ほぼ完治した気になっていましたが時期尚早でしたね。
走れない・登れないでまたストレスな日々が続きそうです・・・。

最後まで見てくださってありがとうございます。
霞間ヶ渓・池田山に興味が湧いた人は応援クリック⇒登山ランキング