里山からアルプスまで登山を愛するブログ

いちのトレッキングブログ

東海・北陸

驚愕の巨木、株杉群生地・・・蕪山へ

投稿日:2013-09-09 更新日:

蕪山 株杉
「岐阜 トレッキング」で出てきた蕪山。
株杉の森を生で見たくなり、早速行ってきました。

book 概要

岐阜県関市にある標高1,069mの山、「蕪山」
一本の幹が地上2~6mで分かれて伸びる株杉が見られることで知られる。
登山道は綺麗に整備されて歩きやすく、初級者も安心して楽しむことができます。
周辺には全国区の知名度を誇るモネの池、あじさいロード。

日程 2013年7月15日
ルート 21世紀の森公園 ⇒ 株杉の森 ⇒ 蕪山 ⇒ 自然観察道 ⇒ 21世紀の森公園
アクセス Googleマップで「out 21世紀の森公園」を検索!
out グレーディング 体力度 2/10 難易度 A/E
三角点 蕪山 二等三角点 「松葉」

Download

camera 写真館

蕪山 石畳
載せ切れない写真はこちら ⇒ out 蕪山-flickr

pen トレッキングレポート

関の森 ウォーキングガイド
21世紀の森駐車場へ到着と共に雨。
森林学習展示館で時間を潰しながら様子見。
開き直って傘を持って出発!

蕪山 株杉
まだ登山口にも着いていないのに株杉が登場。
そのまま妖怪化しても文句なしの圧倒的な存在感!

蕪山 株杉の森・自然観察道分岐
株杉の森・自然観察道分岐。
チラリと見える株杉に引き寄せられるように株杉の森へ。

蕪山 株杉の森 株杉
目の前に株杉がどーん!
木から枝ではなく木が生えている・・・大きいわけだ。
登ってみたくなるもののロープに阻まれ近付くことはできません。

蕪山 石畳
大興奮のせいかあっと言う間に株杉の森が終了。
ここから普通の森へ。石畳の上を進みます。

蕪山 石段
所々崩れてた石階段を進みます。
段差に無理がなく見た目よりずっと歩きやすい階段でした。

蕪山 登山道
雨のせいか沢があちこちで発生。
朽ち落ちた橋に枝を乗せただけの橋もあり
なかなかにスリリングな道が続きます。

蕪山 山頂まで2515m
しばらく山頂までの距離を示す看板以外は特になし。
ついでに休憩スポットもなありません。

蕪山 登山道
全体的に緩やかな道でゆっくり高度を上げて行きます。

蕪山山頂
山頂へ到着・・・と共に豪雨に見舞われる。
抜群のはずの展望はガスで一切見えない。

蕪山山頂からの展望
ガスの切れ間で何とか撮影してみたものの
せっかくのパノラマビューもこの天気では・・・

蕪山 巨岩雨宿り
雨がひどくなって来たので巨岩の下で雨宿り。
帰りは自然観察道へ進むものの特に見どころはありませんでした。

蕪山の醍醐味は何と言っても株杉でした!
株杉に触れたかったのですが保護と言われたら
諦めざるを得ませんね。残念でした。

最後まで読んでくださってありがとうございます。
蕪山へ興味が湧いた人はクリック ⇒ out 登山ランキング

参考書籍

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

記憶に残るオススメ記事

1

シルバーウィークは満を持して憧れの槍ヶ岳へ! 二日目は足元に雲海、頭上は雲一つない青空・・・大絶景が広がります。 この記 ...

2

表参道から眺める石鎚山の山容は神々しく、弥山から見える天狗岳は感動すら覚えます。 海外へ出ずとも国内にはこんなに素晴らし ...

3

鳳凰山は圧倒的な存在感を誇るオベリスク、賽の河原はまるでファンタジーの世界! 荒々しく迫力のある岩稜帯に美しい白砂の稜線 ...

4

雄大な千畳敷カールに衝撃的ですらある宝剣岳。 360°に広がる圧倒的な眺望は想像を超える素晴らしさ。 千畳敷駅からの標高 ...

5

昨年は強風濃霧の中で登頂。先々週は雨で登山口撤退。 やっと晴天に恵まれ平瀬道から白山を登って来ました。 室堂周辺はまさに ...

6

昨年、限界を超えボロボロになりながら踏破した六甲全山縦走路。 この1年登った山々を糧にし、再び挑戦します! この記事が気 ...

7

雪山装備をそろえて本格雪山登山に初挑戦! 樹氷の美しさで知られる綿向山へ行ってきました! この記事が気に入ったらいいね ...

8

一昨年前に竜ヶ岳のシロヤシオを知り、昨年は裏年で花が少なく断念。 2年間待ち続けてやっとこの景色に出会うことができました ...

9

岩場・鎖場好きの二人ですが、伊勢山上は文句なく過去最強! 雪彦山や石鎚山の鎖場が霞んでしまう納得の修行場でした。 表行場 ...

10

「小学生でも登れるオススメの山を教えて欲しい」 いちが導き出したのは・・・カレンフェルトが素晴らしい霊仙山! この記事が ...

11

客先で知り合った山岳会員にナンパされて1年。 大垣山岳協会の山行に飛び入り参加し、三池岳を登ってきました。 この記事が気 ...

-東海・北陸
-

Copyright© いちのトレッキングブログ , 2018 All Rights Reserved.