東海・北陸

驚愕の巨木、株杉群生地・・・蕪山へ

2013-09-09


「岐阜 トレッキング」で出てきた蕪山。
株杉の森を生で見たくなり、早速行ってきました。

概要

岐阜県関市にある標高1,069mの山、「蕪山」
一本の幹が地上2~6mで分かれて伸びる株杉群生地として知られる。
登山道は整備されて歩きやすく、初級者も安心です。
周辺には全国区の知名度を誇るモネの池、あじさいロード。

日程 2013年7月15日
ルート 21世紀の森公園 ⇒ 株杉の森 ⇒ 蕪山 ⇒ 自然観察道 ⇒ 21世紀の森公園
アクセス Googleマップで「21世紀の森公園 」を検索!
グレーディング 体力度 2/10 難易度 A/E
三角点 蕪山 二等三角点 「松葉」
周辺情報 21世紀の森公園 駐車場 80台

トレッキングレポート


21世紀の森駐車場へ到着。
雨だけど、開き直って傘を持って出発!


登山道に入ってすらいないのに株杉が登場。
そのまま妖怪化しても文句なしの圧倒的な存在感!


株杉の森・自然観察道分岐。
チラリと見える株杉に引き寄せられるように株杉の森へ。


圧倒的な存在感を誇る株杉。
枝のように木が生えている・・・登りたい!
しかし、保護ロープに阻まれ近付けません。


大興奮のせいかあっと言う間に株杉の森が終了。
石畳は緩やかで快適に進みます。


少し崩れた石段を進みます。
段差が小さくとても歩きやすい石段でした。


雨のせいか沢があちこちで発生。
朽ち落ちた橋に枝を乗せただけの橋もあり
なかなかに刺激的な登山道が続きます。


しばらく山頂までの距離を示す看板以外は特になし。
ついでに休憩スポットもありません。


全体的に緩やかな道でゆっくり高度を上げて行きます。


山頂へ到着・・・と共に豪雨に見舞われる。
抜群のはずの展望はガスで一切見えません・・・


ガスの切れ間に撮影してみたもののガッスガス!
パノラマビューはちょっりぴ残念でした。


雨がひどくなって来たので巨岩の下で雨宿り。
帰りは自然観察道へ進むものの特に見どころはありませんでした。

蕪山の醍醐味は何と言っても株杉でした!
株杉に触れたかったのですが保護と言われたら
諦めざるを得ませんね。残念でした。


時間に余裕があればモネの池に立ち寄りましょう。
湧水の美しさが話題になり、その名に全国を轟かせています。

最後まで読んでくださってありがとうございます。

蕪山はいかがでしたか?

登山ランキング

興味が湧いた人は応援クリック!

参考にした書籍

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

-東海・北陸
-

© 2020 いちのトレッキングブログ