秣の滝
養老の滝と対をなす秣(まぐさ)の滝へ行ってきました。
あまり一般向けでないその滝は予想を裏切る素晴らしさでした!

book 概要

養老の滝の男滝に対し、女滝とされる「秣の滝」
一部の観光案内板に載るもののあまり見向きもされない不遇の滝です。
落差は養老の滝を超える34m。未整備だからこそ近づけるのも魅力です。

日程 2014年10月18日
ルート 養老公園 ⇒ 秣の滝
登山口ナビ Googleマップで「養老公園駐車場」を確認!
周辺情報 養老公園駐車場 360台 300円

camera 写真館

秣の滝 登山道 枯沢登り
載せ切れない写真はこちら ⇒ 秣の滝-flickr

pen トレッキングレポート

養老公園駐車場
(13:05)
秣の滝へは養老公園駐車場から!
収容台数200台で余裕をもって止められます(300円)

秣の滝へ
(13:15)
ふるさと会館を通過し、豆馬亭・千歳桜・養老館方面への坂を登ります。

秣の滝へ 5差路
(13:20)
不老池を横目に通り過ぎ、こちらの五差路は正面左方向へ。

秣の滝 登山口
(13:25)
秣の滝への案内板に従い、山へ入ります。

秣の滝 登山道
(13:30)
数分でお寺に突き当たるので左折し、東海自然歩道を柏尾方面へ。

秣の滝 登山道 アスファルト終了
アスファルトと別れ、再び山へ入ります。

秣の滝 白石薬師堂
(13:30)
白石薬師堂に手を合わせ、この山行の無事を祈願しました。

秣の滝 砂防ダム
(13:35)
まずは一つ目の砂防ダムを通過。
沢内にピンクリボンがありますが無視して対岸へ渡りましょう。

秣の滝 登山道 秣の滝まで1.0km
(13:40)
対岸へ渡ると案内板に秣の滝まで1.0kmとあり。
ここから整備された東海自然歩道を離れます。

秣の滝 登山道 アルミはしご
(13:45)
2つ目の砂防ダムを越え、再び渡渉しアルミ梯子を登ります。
左の梯子は1段目が外れ掛かっているので注意してください。

秣の滝 登山道
(13:50)
案内板が出て来て一安心。
砂利砂利の登山道を進んでいきます。

秣の滝 登山道 砂防ダム3
(13:55)
3個目の砂防ダムを通過。砂防ダムはこれが最後!

秣の滝 登山道 滝まで300m地点
再び渡渉し、折り返し気味に石段を登って行きます。
少し分かりにくいので注意してください。
秣の滝まであと300m!

秣の滝 登山道 ロープ場
ここから薄く脆い道が続きます。
唯一のロープ場は土砂を落としながら進むことになりました。

秣の滝 登山道 無名の滝
こちらは名も無き滝ですがなかなか雰囲気があります。

秣の滝 登山道
子供を連れて行くには少し不安な道が続きます。
ハイカーであれば問題ありませんが一般向きではありませんね。

秣の滝
(14:10)
秣の滝は道中の滝とは格が違っていました!
養老の滝にも勝っているのでは・・・?

秣の滝はその扱いとは裏腹に素晴らしい滝でした。
滝までの登山道が一般向けでないのは理解できますが
こんなに素晴らしい滝が埋もれていることが残念でなりません。
この記事が知名度向上の一助になればと思います。

最後まで見てくださってありがとうございます。
秣の滝に興味が湧いた人は応援クリック⇒登山ランキング

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう