文殊の森 中ノ城跡広場 展望台
城ヶ峰をクリアした二人はその足で文殊の森公園へ。
続ぎふ百山にも選定された祐向山を目指して歩きます。

book 概要

岐阜県本巣市南部にある文殊の森。
四季の花が咲く遊歩道や濃尾平野が一望できる展望台が整備されています。
望郷の展望台から奥へ進めば続ぎふ百山、374.3mの「祐向山」
今回は城跡を周るルートをチョイス。

文殊の森マップ-もとまるナビ(「out 文殊の森Map-もとまるナビ」より)

日程 2014年1月19日
ルート ふれあい会館 ⇒ 山口城跡 ⇒ 望郷の展望台 ⇒ 祐向山
登山口ナビ Googleマップで「文殊の森公園」を確認!
三角点 山口城跡 四等三角点 「法林寺」
祐向山 三等三角点 「城」
周辺情報 文殊の森公園 駐車場 30台

camera 写真館

文殊の森 石碑
載せ切れない写真はこちら ⇒ out 祐向山・文殊の森-flickr

pen トレッキングレポート

文殊の森公園 ふれあい館
(14:40)
織部の里もとす交差点から東へ
十分過ぎる程の案内板があり、不安なく文殊の森へ到着。
ふれあい会館では散策マップに祐向山までのルートを
丁寧にマーキングしていただけました!

どんぐりの小道分岐
舗装されたアスファルトの道を進むとどんぐりの小道分岐へ。
当然、どんぐりの小道へ進みます。

文殊の森 どんぐりの小道
どんぐりの小道は本巣市を見下ろしながら歩くことができます。

文殊の森 どんぐりの道
四季の展望台前の急登。階段がないと登れない角度!
ブランク明けの身体には応えます。

文殊の森 四季の展望台 東屋
(15:15)
四季の展望台に到着。東屋で一息。

文殊の森 四季の展望台からの展望
四季の展望台からの眺め。
奥に見えるのは池田山と小島山です。

文殊の森 中ノ城跡・山口城跡分岐
展望台を後にし、先ほどのアスファルトの道に合流。
次は中ノ城跡・山口城跡へ向かいます。

文殊の森 中ノ城跡広場 展望台
(15:35)
中ノ城跡は広場となっており、ベンチが設置されています。
こちらは鳥が鳴く展望台。

文殊の森 山口城跡広場
(15:40)
山口城跡は更に広い広場。
ベンチの奥には三角点もあります。

文殊の森 尾根の小道
尾根道を通って望郷の展望台へ。
広場でもないのにベンチ?

文殊の森 尾根の小道 ベンチからの展望
写真を撮れと言われた気がしたので1枚。
こう見ると文殊の森は本当に山に囲まれていますね。

文殊の森 望郷の展望台
(16:10)
望郷の展望台に到着したものの、時間が押しているので
景色を楽しむ間もなく祐向山へ向かいます。

文殊の森 祐向山 大平山 縦走ルートマップ
迷いそうな分岐には案内板がありとても助かりました。
これは大平山からの縦走ルートですね。
次はこれに挑戦しよう。

祐向山 たっくん
(16:40)
祐向山山頂へ到着。
今回のたっくんはポーズなし。
夕日のせいか貫禄出てますね。

望郷の展望台からふれあい会館まで駆け下りました。
日が暮れる前に着けて良かった・・・。

文殊の森はとても手入れが行き届き、安心して歩くことができます。
山城跡が3か所もあり、山城好きには素晴らしいですね。
金華山、百々ヶ峰に次ぐトレーニングスポットとしても人気のようです。
次に来るときは大平山からの縦走ルートに挑戦しようと思います。

最後まで見てくださってありがとうございます。
文殊の森・祐向山に興味が湧いた人は応援クリック⇒out 登山ランキング

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう