焼岳 中尾温泉ルート 焼岳展望台・山頂遠景
お盆を1座で終えるわけがない!
2座目は初の活火山、焼岳を登って来ました!

book 概要

長野県松本市と岐阜県高山市に跨る標高2,455mの活火山「焼岳」
常時観測対象の火山に指定されており、日本百名山に選定されている。
別名は硫黄岳。

主な登山ルートは3ルート
・新中の湯ルート( 中ノ湯 ⇒ P1972 ⇒ 下堀沢出合 ⇒ 焼岳 )
・上高地ルート( 上高地 ⇒ 峠沢 ⇒ 焼岳小屋 ⇒ 焼岳展望台 ⇒ 中尾峠 ⇒ 焼岳 )
・中尾温泉ルート( 中尾温泉 ⇒ 中尾峠 ⇒ 焼岳 )
この他、西穂高岳からの縦走ルートもあり。

日程 2015年8月16日
ルート 中尾温泉ルート( 中尾温泉登山口 ⇒ 焼岳小屋 ⇒ 焼岳展望台 ⇒ 中尾峠 ⇒ 焼岳 )
グレーディング 体力度 4/10 難易度 C/E
登山口ナビ Googleマップで「中尾平」を検索!
中尾平を通過し奥へ進めば登山者駐車場があります。
三角点 焼岳(南峰) 二等三角点 「焼岳」
周辺情報 焼岳登山者駐車場 15台

camera 写真館

焼岳 中尾温泉ルート 山頂直下 硫黄噴出口
載せ切れない写真はこちら ⇒ 焼岳 中尾温泉ルート-flickr

pen トレッキングレポート

焼岳 中尾温泉ルート 登山者駐車場
(8:45)
中尾温泉ルートの登山者駐車場は15台ほどのスペース。
西穂高岳の混雑から早めに車を止めて車中泊・・・空いてますね。
目が覚めると漂う硫黄の香りがどこか心地良い!

焼岳 中尾温泉ルート 足洗林道
(8:45)
駐車場脇には登山ポストも。火山だし万が一に備えて登山届をIN!
お盆二日目の焼岳登山・・・行ってきます!

焼岳 中尾温泉ルート 足洗林道 温泉
林道沿いに温泉が蒸気を上げています。
登山に温泉は付きものですがこういうのは初めて。
「さすが火山は違う」と盛り上がってきました!

焼岳 中尾温泉ルート 足洗林道 焼岳登山口フェイク
(9:15)
割谷資材運搬道路の看板の隣に焼岳登山口標識。
どうしてこんなところに立っているんだろう?
気にせず林道を進みます。

焼岳 中尾温泉ルート 足洗林道 ゲート
「岐阜県の山」にも記載されているゲートを通過。

焼岳 中尾温泉ルート 足洗林道より焼岳
ここで期待していなかった焼岳が見えた。
これまで登った山とは異質な山容に期待が高まる!

焼岳 中尾温泉ルート 足洗林道 黒谷・割谷分岐
(9:20)
こちらの林道分岐は左へ。
小さいながらに看板もあるので心配ありません。

焼岳 中尾温泉ルート 登山口
こちらが中尾温泉登山口。
林道をそのまま歩いても登山道へ合流しますが
遠回りになるようです。

焼岳 中尾温泉ルート 割谷 木橋
登山口から降りて、割谷を渡渉。
木橋は安定していて不安はありません。

焼岳 中尾温泉ルート 登山道
ちょっぴり緑がうるさいものの明瞭な登山道。
日本百名山なのに里山の雰囲気です。

焼岳 中尾温泉ルート 倒木切断
この大きな倒木は処置済。
跨げないこともないけど、助かります。

焼岳 中尾温泉ルート 旧登山口
(9:45-50)
本日三度目の焼岳登山口。
割谷資材運搬路をそのまま進むとこちらに合流するようです。
丸太ベンチのある小広場で良い休憩スポットでした。

焼岳 中尾温泉ルート ブナ巨木
少し登ればブナの原生林が見事。
ブナの長老様かな?

焼岳 中尾温泉ルート 白水の滝
(9:55)
展望所からは落差45mの白水の滝を遠望。
ちょっと遠いなぁ・・・

焼岳 中尾温泉ルート 登山道
この木の階段は急登りの合図。
ジグザクに高度を上げて行きます。

焼岳 中尾温泉ルート センジュガンピ
どこか可愛らしいセンジュガンピ。
辛い時こそ周りの景色を楽しまねば!

焼岳 中尾温泉ルート 鍋助横手
(10:20)
鍋助が滑落死したとされる鍋助横手。
確かに転落したら止まらなそうだ・・・

焼岳 中尾温泉ルート ヒカリゴケ
(11:00)
前半のハイライト、ヒガリゴケエリアへ突入!

焼岳 中尾温泉ルート ヒカリゴケ
看板が無くとも岩陰を探せばヒカリゴケがいっぱい!
ヒカリゴケの優しい光は本当に癒されます。

焼岳 中尾温泉ルート ヒカリゴケ
ガラス越しでなく自然の中で見るヒカリゴケは感動すら覚えます。

焼岳 中尾温泉ルート 苔の登山道
ヒカリゴケも納得の苔天国。
その苔に根を下ろすシダ・・・良いなぁ

焼岳 中尾温泉ルートより笠ヶ岳
(11:15)
久しぶりに笠ヶ岳が姿を見せてくれました。
立枯れしたトウヒも良いアクセント。

焼岳 中尾温泉ルート 雨量観測所
平坦になったところにある焼岳雨量観測所。

焼岳 中尾温泉ルート 秀綱神社
(11:25)
高山の松倉城主三木秀綱を祀る秀綱神社。
丸太ベンチもあり一息付くのにぴったりです。

焼岳 中尾温泉ルート 登山道 丸太
丸太が敷き詰められた歩きやすい登山道が続きます。

焼岳 中尾温泉ルート 焼岳小屋・旧中尾峠分岐
(11:35)
焼岳小屋・中尾峠分岐は焼岳小屋へ。

焼岳 中尾温泉ルート りんごキノコ
一瞬、リンゴに見えて「!?」となったきのこ。

焼岳 中尾温泉ルート 木のゲート
今回も出ました!折れた木を活かした森のゲート!

焼岳 中尾温泉ルート 西穂・焼岳分岐
(11:50)
西穂山荘・焼岳分岐。
ここまで来れば焼岳小屋はすぐ!

焼岳 中尾温泉ルート 焼岳小屋
(11:51-55)
大迫力の焼岳をバックに焼岳小屋へ到着!

焼岳 中尾温泉ルート 焼岳小屋
焼岳小屋内には1パーティ、外で2名が休憩中。
西穂山荘との落差にびっくり!

焼岳 中尾温泉ルート 焼岳小屋
焼岳小屋で山バッチを購入!
ヘルメットの無料貸出もありました。

焼岳 中尾温泉ルート 焼岳展望台分岐
焼岳小屋直前の分岐から焼岳展望台へ向かいます。

焼岳 中尾温泉ルート 焼岳展望台・山頂遠景
焼岳展望台と焼岳のコラボレーション!
荒々しい焼岳と緑豊かな展望台の対比が素晴らしい!

焼岳 中尾温泉ルート 焼岳展望台 山頂遠景 パノラマ
(12:10-20)
焼岳展望台からは何とも雄大な焼岳の姿!
ここに来て、少し雲行きが怪しくなってきました・・・

焼岳 中尾温泉ルート 焼岳展望台直下 白い苔
展望台を駆け下りて行くと火山灰のせいか白く色褪せた苔群。
青々しい苔も好きですがこちらもどこか神秘的。

焼岳 中尾温泉ルート 中尾峠
(12:25)
降り切ったところが中尾峠。
焼岳小屋前の分岐から右へ進めば近道です!

焼岳 中尾温泉ルート 焼岳展望台 振り返り
(12:30)
少し登って振り返れば焼岳展望台。
西穂高岳、奥穂高岳は雲に隠れるも前穂高岳が!

焼岳 中尾温泉ルート 山頂ガス
視線を戻せば、山頂部にガスが流れ込みます。
完全にガスに包まれる前に急がねば・・・

焼岳 中尾温泉ルート 警告板
(12:37)
倒れてしまった警告板。
「危険地域」の表現も漂う硫黄臭に納得。
でも、この歩みは止められない!

焼岳 中尾温泉ルート 登山道
すっぱり切れ落ちたところも。
無理に縁を歩く必要はありません。

焼岳 中尾温泉ルート 噴口
隣の尾根へ移るところで噴出口。
岩上に硫黄が結晶化していました。

焼岳 中尾温泉ルート トラバース路
(13:00)
直登かと思いきや中央の大岩は左へトラバース。

焼岳 中尾温泉ルート 鞍部
鞍部まで後少し!

焼岳 中尾温泉ルート 山頂直下より鞍部
(13:15)
シャリバテか足を何度も止めながら鞍部へ到着。
ここで中ノ湯ルートと合流します。

焼岳 本峰
中ノ湯ルート方面と南陵。
三角点は南峰ですが、残念ながら立入禁止となっています。

焼岳 北峰 山頂直下岩場
ここまで来たら北峰までは残りわずか!
噴煙の上がる完璧を軽く乗り越えて行きます。

焼岳 北峰頂上 山名板
(13:20-14:00)
西穂高に続き、焼岳も登頂成功!
昨日の疲れか中尾峠からが辛かった!

焼岳 火口湖
眼下には火口湖も・・・。
中ノ湯ルートなら良い写真が撮れそうですね!

焼岳 クレーター
これ以上近づくのは怖い大穴!
この穴はどこへ続いているんでしょうか?

焼岳 北峰より中ノ湯ルート
こちらは上高地側から登る中ノ湯ルート方面。
どうやらこちらのルートが一番人気!

焼岳 北峰 鞍部 登山道
(14:00)
40分間しっかり休んでいたらこの状態。
眺望を楽しみにしていたのに・・・

焼岳 中尾温泉ルート 登山道
(14:10)
眺望も得られないので下りに集中。
ここまで降りてやっとガスが晴れてきました。

焼岳 中尾温泉ルート 登山道
最後の慰めか穂高方面も半分顔を出してくれました!
次は槍ヶ岳、奥穂高岳が目標です。

焼岳 中尾温泉ルート 北峰遠景 パノラマ
最後に焼岳を振り返って1枚。
今まで登ったどんな山とも異なる魅力のお山でした。
楽しかった・・・ありがとう、焼岳!

中尾峠から中尾温泉へ戻り、16時には下山完了。
下りはかなり走っているので参考にしないでください。

西穂高岳から眺める焼岳の山容は素晴らしく
期待と火山への好奇心を胸に登ってきましたが
日本百名山に相応しい素晴らしいお山でした。

中尾温泉ルートはどちらかと言えば不人気。
しかしながら、白水の滝やヒカリゴケ等の見どころも多く
秀綱神社や鍋助横手、焼岳小屋といったスポットも豊富。
たっぷり詰まった濃厚なルートでした!

最後まで読んでくださってありがとうございます!
焼岳に興味が湧いた人は応援クリック⇒登山ランキング

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう