土蔵岳 上原谷 林道合流
今年は暖冬で既に残雪期のようなもの!?
元ワンゲル部の姉からワカンを譲り受け土蔵岳に挑みました。

book 概要

岐阜県揖斐郡と滋賀県長浜市に跨る標高1,080mの山「土蔵岳」
岐阜の山旅100コース美濃[上]に残雪期の山として紹介されています。

主な登山ルートは3ルート
・夜叉龍神社 ⇒ 大ダワ ⇒ 土蔵岳
・南東尾根 ⇒ P885 ⇒ 土蔵岳
・上原谷 ⇒ P727 ⇒ 土蔵岳

日程 2016年1月17日
ルート 上原谷 ⇒ 土蔵岳(未登頂)
登山口ナビ Googleマップで「夜叉龍神社」を検索!
R303を西進し、川上・八草トンネル間に駐車スペース。
三角点 三角点はありません
周辺情報 いび川温泉 藤橋の湯 大人 510円 小人 310円

camera 写真館

土蔵岳 支尾根末端 畑小屋
載せ切れない写真はこちら ⇒ 土蔵岳-flickr

pen トレッキングレポート

土蔵岳 303号 駐車スペース
(9:45)
川上・八草トンネル間の路肩に車を止めることができます。

土蔵岳 303号分岐
川上トンネル方面へ進み、除雪されていない道へ。
上原谷まで下って行きます。

土蔵岳 上原谷 橋
(9:50)
上原谷左岸の支尾根へ向かいます。

土蔵岳 支尾根への道
石で縁取られた明瞭な道には獣のトレースのみ。
今回はトレースを期待できそうにありません・・・

土蔵岳 支尾根末端 畑小屋
(9:55-10:10)
書籍にもある畑へ到着も取付きが分からずうろうろ・・・
無理矢理登ることもできますが上原谷を進むことに。

土蔵岳 支尾根 小屋から谷内へ
行けそうだと判断したものの数分でこの状態。
道が無くなってしまった・・・

土蔵岳 上原谷 橋
斜面の沢を数本乗り越え、結局林道へ戻りました。

土蔵岳 上原谷 林道合流
(10:20)
消えかかったタイヤ跡はあるもののこちらも獣のみ。
先ほどの畑から素直に取付くべきでした。

土蔵岳 上原谷 林道
この林道もあの砂防ダムで終ってしまう!
適当に取付くところを探しました。

土蔵岳 支尾根取付
(10:30)
少し強引ですが橋手前のここから取付きました。

土蔵岳 支尾根
(10:45)
急斜面を無理矢理乗り越えて何とか尾根へ!
「そうか・・・残雪期の山って藪山か」ここで気づきました。

土蔵岳 支尾根から上原谷ケーブル
(10:50)
荷物運搬用のワイヤーでしょうか?
足跡も見つけ一安心もすぐに消えてしまいます。

土蔵岳 支尾根 白テープ
(11:30)
無事、P727からの支尾根に合流。
白テープを見つけるものの雪に埋もれて判別は困難です。

土蔵岳 支尾根
暖冬の影響で雪が少なく笹が顔を出しています。
藪が隠れず雪は柔らかい・・・最悪のコンディションかもしれません。

土蔵岳 支尾根 藪
(12:25)
一旦、落ち着いたと思った藪が復活!
雪に藪にで全く進みません・・・

土蔵岳 支尾根 藪
(13:00)
藪が終わらない・・・

土蔵岳 稜線
(14:00)
やっと土蔵岳と大ダワを繋ぐ稜線へ!
雪は一段深くなりワカンでも膝上まで埋まってしまう。

土蔵岳 稜線から伊吹山
南側が開けて伊吹山を確認!

土蔵岳 稜線から金糞岳
金糞岳に白倉岳も!

土蔵岳 尾根道
稜線にはトレースがあると思いきや野兎と鹿の足跡のみ・・・
しかしながら、ここまで来て引き返すことなんてできない!

土蔵岳 尾根道
(14:20-25)
ギリギリまで粘りましたがペースが上がらない・・・
ここで撤退を決め、携行食をチャージ。

土蔵岳 支尾根 帰路
帰路は自らのトレースで快適に!
これまでのストレスが嘘のようです。

土蔵岳 支尾根 P727への道
(15:35)
往路から外れP727を経由するルートを降りて行きます。
未踏の藪も「鹿が通れるなら俺も!」突き進みます。

土蔵岳 支尾根 P727への道
少し恐怖感を覚える痩せ尾根。
積雪量がもう少し多ければナイフリッジと化すでしょう。

土蔵岳 支尾根 P727への道から蕎麦粒山
この惚れ惚れするような三角形は蕎麦粒山。
山容を見て俄然興味が湧いてきました!

土蔵岳 支尾根 P727
(15:50)
特に何もないP727の頂。
ここでこの時間なら日没は避けられそう。

土蔵岳 支尾根 鹿の寝床?
鹿の寝床かな?

土蔵岳 支尾根末端 畑小屋
(16:30)
幾度も尻を突き、右のゲイターストラップも紛失。
でも、無事ここまで戻って来ることができました。
未踏の悔しさに安堵の気持ちが半々でしょうか?

冒頭でも書いた通り、残雪期の山を甘く見ていました。
残雪期を推奨すると言うことは無雪期は激しい藪。
そして、そう言ったお山はあまり人気は高くありません。

暖冬による積雪量の少なさから来る藪の高さ。
積雪期の雪の柔らかさに不人気から来るトレースの無さ。
全ての要素がマイナスに働いた結果、未登頂に終わりました。
同じ条件で乗り越えるならスノーシューの購入でしょうか?

無雪期のお山をハイペースで進み、体力を過信していました。
ノントレースの雪山は全く異なる力が必要ですね。
この経験を忘れず引き続き鍛錬を積んで行こうと思います。

最後まで読んでくださってありがとうございます!
土蔵岳に興味が湧いた人は応援クリック ⇒ 登山ランキング