天狗堂 遠景
東近江市により選定された鈴鹿10座の末席、天狗堂。
山頂部には雨風をしのぐに十分な巨岩が点在。
天狗の住まう山とされるのも納得できる不思議な雰囲気がありました。

book 概要

滋賀県東近江市と犬上郡に跨る標高988mの山、「天狗堂」
鈴鹿山脈のほぼ中央に位置する独立峰で展望岩からは鈴鹿北部の山々が一望。
山頂部は大きな岩が点在し、5月初旬にはシャクナゲが見頃となる。

日程 2016年11月13日
ルート 君ヶ畑ミニ展示館 ⇒ 大皇器地祖神社 ⇒ 天狗堂 ⇒ 展望岩 ⇒ 天狗堂 ⇒ 岩尾谷登山口 ⇒ 君ヶ畑ミニ展示館
登山口ナビ Googleマップで「木地師発祥地君ケ畑ミニ展示館」を検索!
周辺情報 君ヶ畑ミニ展示館 駐車場 3台

camera 写真館

天狗堂 君ヶ畑登山道 紅葉
載せ切れない写真はこちら ⇒ 天狗堂-flickr

pen トレッキングレポート

天狗堂 君ヶ畑ミニ展示館 駐車場
(11:45)
君ヶ畑バス停に駐車する予定でしたがロープが張られており断念。
ミニ展示会に3台ほどの駐車場があったので駐車させていただきました。
左奥にピークが見えていますが残念ながら前衛峰・・・天狗堂ではありません。

天狗堂 登山口への道
ミニ展示館すぐの分岐を左へ登って行きます。
大皇器地祖神社への案内板があるので見落とすことはないでしょう。

天狗堂 大皇器地祖神社 鳥居
(11:50)
木地師の祖神、惟喬親王を祭る大皇器地祖神社。
898年に創建された由緒ある神社から天狗堂登山は始まります。

天狗堂 大皇器地祖神社 鳥居 てんとう虫
鳥居周辺に虫が大量発生・・・まさかのてんとう虫でした!
顔にバチバチと当たり油断すると口へも入って来そうな勢い。
身体中を払いながら逃げるように境内へ。

天狗堂 大皇器地祖神社 登山口
鳥居をくぐって右手、社務所裏にある天狗堂登山口。
飛び出し坊やが鈴鹿10座の目印です。

天狗堂 登山道
標高1,000m未満なら紅葉にまだ間に合うはず。
そんな思いで来た天狗堂・・・期待通りに紅葉してくれています。
少し遠いけど、高度を上げて行けば近くなるに違いない。

天狗堂 君ヶ畑登山道 御池簡易水道 高区排水池
(11:55)
数分で配水池を過ぎれば、急登の始まり。

天狗堂 君ヶ畑登山道 尾根の急登
負荷の低い山が続いていたので急登に苦戦・・・
足首外側の痛みに衰えを痛感しながらもゆっくりと足を進めます。

天狗堂 君ヶ畑登山道 紅葉
わずかに高度を上げただけで紅葉が近付いてきました。
紅葉を見上げて歩みを止めれば、足の痛みも消え去ります。

天狗堂 君ヶ畑登山道 紅葉
この紅葉の美しさがあれば目立ったスポットがなくとも十分。
地味な山ほど紅葉の時期に登るべき・・・すっかり忘れていました。

20161141
稜線に近付くと、紅葉が目の高さまで降りてきました。
長かった急登もひとまず終わりを迎えます。

天狗堂 君ヶ畑登山道 レスキューポイント1
(12:25)
鈴鹿山脈で良く見かけるレスキューポイント。
鈴鹿10座の選定に伴って整備されたようでまだピカピカ。
揖斐川町もこの試みを参考に盛り上がらないかな・・・?

天狗堂 君ヶ畑登山道 稜線合流
(12:30)
やっとの思いで稜線へ合流。
ここから山頂直下までは快適な稜線歩き!

天狗堂 君ヶ畑登山道 稜線
合流地点にも真新しい看板が設置されていました。
ここを反対方向に向かうと宮坂峠を経て黒谷山へ辿り着きます。

天狗堂 君ヶ畑登山道 林道並走
快適な稜線に並走するように表れた林道。
少し残念な気分になりますがこの林道は狭すぎて通れる気がしません。

20161154
紅葉のトンネル・・・じっくり楽しみたいのに足は歩みを早めちゃう。
少し考えてみると紅葉を立ち止まって愛でたことがない・・・
眺望にも花にも足を止めるのにどうしてだろう?

天狗堂 君ヶ畑登山道 レスキューポイント2
(13:00)
レスキューポイント「天狗堂~サンヤリ2」
ここで先行していたパーティと遭遇。
「展望岩の眺望は最高だよ」の声に思わず駆け出してしまいました。

天狗堂 遠景
レスキューポイント過ぎてやっと天狗堂が姿を表しました。
そして、再び急登が始まります。

天狗堂 君ヶ畑登山道
踏跡があちこちに散って不明瞭・・・
目先を踏跡からテープへ変えて行きましょう。

天狗堂 君ヶ畑登山道 山頂部 巨岩
山頂に近づくに連れて岩がその大きさを増して行きます。

天狗堂 君ヶ畑登山道 山頂部 巨岩
ちょっと驚いた急登・・・と言うか崖登り。
まさか手が必要になると思っていませんでした。

天狗堂 君ヶ畑登山道 イワカガミ
ここに来て初めて目にしたイワカガミ。
春先は急登を登り終えたら花が迎えてくれるわけですね!

天狗堂 君ヶ畑登山道 立入禁止
立入禁止のテープを見て迂回路を探すも不明瞭。
巻かれているので輪に入らなければ良いか?と一跨ぎ。

天狗堂 君ヶ畑登山道 山頂部 巨岩
巨岩の隙間を縫うように進んで行きます。
岩で踏跡が見えないのに迷いなく進むことができる登山道。
あちこちでこの感覚を覚えるんですが何なんでしょうね?

天狗堂 山名版
(13:35)
参考タイム130分を110分で天狗堂の頂に到達!
急登に幾度も足を止めたにしてはまずまずのタイム。
残念ながら展望はないので休憩は展望岩までお預けです。

天狗堂 展望岩への道
展望岩へは良く踏まれた明瞭な道が続いています。

天狗堂 展望岩への道 銚子岳・静ヶ岳・竜ヶ岳
右が開けて銚子岳・静ヶ岳、その奥には竜ヶ岳。
鈴鹿セブンマウンテン縦走ではあの稜線を歩くことになります。
養老山地縦走も未踏破だし、いつ行けるかな・・・

天狗堂 展望岩
(13:40-14:10)
国土地理院では山頂扱いされている展望岩。
「滋賀県の山」も同様ですが、なぜ山名板が手前にあったんだろう?

天狗堂 展望岩から御池岳
展望岩の正面には御池岳が大きく横たわっていました。
鈴鹿山脈の最高峰に相応しい雄大な姿。

天狗堂 展望岩 足元
眺望素晴らしい展望岩ですが、足元はスッパリ!
ぽかぽか陽気に思わず横になりたくなりましたがここでは諦めざるを得ません。
この先にサンヤリが控えていますが残念ながら今回は見送りです。

天狗堂 岩尾谷登山道入口
下りは岩尾谷へ降りて行きます。
国土地理院地図、山と高原地図にも記載されていません。
結論から言うと不明瞭でオススメできません。

天狗堂 岩尾谷登山道
踏跡を追って雰囲気で駆け下りると一瞬でロスト。
テープが確認できるところまで戻って再探索・・・を数回繰り返しました。
ここを下るときは慎重にテープを追って行きましょう。

天狗堂 岩尾谷登山道 森の境界
不明瞭なエリアを抜けて森の境界へ出ました。
この分かりやすさに本当にほっとします。

天狗堂 岩尾谷登山道
テープはあるけど、踏跡が物凄く薄い!

天狗堂 岩尾谷登山道 朴葉
九十九折の登山道に朴葉が敷かれれば岩尾谷へ降り立ちます。

天狗堂 岩尾谷登山道 沢沿
岩尾谷を左に眺めながらゆっくり高度を下げて行きます。
このまま登山口まで沢沿いを歩くと思いきやすぐに離れて行きます。

天狗堂 岩尾谷登山道 紅葉のトンネル
岩尾谷で唯一見られた紅葉トンネル。
不明瞭な登山道でのストレスが一気に吹き飛んで行くかのようでした。

天狗堂 岩尾谷登山道 紅葉のトンネル 振り返り
振り返ると森の奥、紅葉トンネルが光り輝いていました。
ヘンゼルとグレーテルならあの光の先にあるのはお菓子の家かな?
天狗堂には悪い魔法使いはいないから心配しなくて良いよ!

天狗堂 岩尾谷登山道 林道出合
杉の樹林帯を抜ければ、御池林道はすぐ!

天狗堂 岩尾谷登山口
(14:55)
バリエーションルートらしく案内のない岩尾谷登山口。
両脇に立てられた角材も知らなければ登山口とは気づくのは難しいかもしれません。

天狗堂 御池林道
岩尾谷登山口から君ヶ畑ミニ展示館は御池林道を歩いて30分。
この御池林道も御池川も美しく紅葉していました。

天狗堂 御池林道より御池川
特に御池川の紅葉は素晴らしく、川へ降りたくなるも我慢・・・
また数年後、シャクナゲの時期に来れたら良いな。

東近江市により選定された鈴鹿10座の末席、天狗堂。
山頂部には雨風をしのぐに十分な巨岩が点在。
天狗の住まう山とされるのも納得できる不思議な雰囲気がありました。

今回は更に奥のサンヤリ、シャクナゲに未練を残すこととなりました。
シャクナゲの見頃は5月初旬・・・またその頃に訪れようと思います。

最後まで読んでくださってありがとうございます!
天狗堂に興味が湧いた人は応援クリック ⇒ 登山ランキング

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう