釈迦ヶ岳 松尾尾根 キレット振り返り
鈴鹿セブンマウンテン5座目は釈迦ヶ岳。
キレットにガレはまるで高山のよう・・・大満足です!

book 概要

三重県三重郡菰野町、滋賀県近江市の境界にある標高1,092.2mの山、「釈迦ヶ岳」
三重県側は崩落が激しく、侵食されたガレ場は迫力があります。

南側の朝明ヒュッテを起点とするルートのほか、北側の八風キャンプ場を起点とするルートもあり。
今回は「三重県の山」掲載の中尾根から山頂に至り、羽鳥峰 猫谷コースで下山する周回コースを歩きます。

日程 2015年4月26日
ルート 朝明ロッジ ⇒ 中尾根 ⇒ 釈迦ヶ岳 ⇒ 羽鳥峰 ⇒ 猫谷コース
登山口ナビ Googleマップで「朝明ヒュッテ」を検索!
三角点 釈迦ヶ岳 三等三角点 「釈迦ケ岳」
周辺情報 ●朝明ヒュッテ 駐車場 500円
●三休の湯 大人600円, 小人300円

camera 写真館

釈迦ヶ岳
載せ切れない写真はこちら ⇒ 釈迦ヶ岳 中尾根~羽鳥峰 猫谷コース-flickr

pen トレッキングレポート

朝明ヒュッテ 駐車場
(9:25)
朝明ロッジ駐車場は満車間近!
白線外にスペースを確保してもらい駐車することができました。
駐車料金は格安の500円!

釈迦ヶ岳 庵座谷・中尾根登山口
(9:28)
駐車場から振り返れば庵座谷・中尾根登山口を確認。
登山ポストもあります。

釈迦ヶ岳 庵座谷・中尾根登山道
さすが鈴鹿の人気山!明瞭な道が続きます。

釈迦ヶ岳 庵座谷・中尾根登山道
(9:35)
林道出合。左が庵座谷登山口。
目指す中尾根登山口へは右へ進みます。

釈迦ヶ岳 庵座谷・中尾根登山道
ゴアテックスに物を言わせて砂防ダムを渡渉!
少し登れば飛石で渡ることも可能です。

釈迦ヶ岳 中尾根登山口
(9:40)
こちらが中尾根登山口。
登山口なのに踏跡が薄いような・・・

釈迦ヶ岳 中尾根登山道
踏跡はすぐに明瞭に!
この石段は一瞬で終わります。

釈迦ヶ岳 中尾根登山道
(9:50)
まずは中尾根に到達。
さて・・・ここからが本番です。

釈迦ヶ岳 中尾根登山道 ザレ尾根
鈴鹿らしいザレた尾根。

釈迦ヶ岳 中尾根登山道 ロープ場
花崗岩の露出する急登を乗り越え、ロープが見えれば鳴滝コバは近い。

釈迦ヶ岳 中尾根登山道 鳴滝コバ
(10:27-35)
鳴滝コバは南側の展望が得られ、国見岳、御在所岳が確認できます!
国見岳はゆるぎ岩、御在所もまた登りたいなぁ

釈迦ヶ岳 中尾根登山道 ヘビ
鳴滝コバで一息入れて再び進み始めると70cm超のヘビ!
いつも音のみで姿を見ないのでびっくり・・・

釈迦ヶ岳 中尾根登山道 丸太階段
(10:43)
鳴滝コバからしばらく緩やかになったと思いきや
すぐに丸太階段の急登です!

釈迦ヶ岳 中尾根登山道 ミツバツツジ
「この時期はアカヤシオが綺麗だよ!」と聞いてきたものの
確認できるのは見慣れたミツバツツジばかり・・・。

釈迦ヶ岳 中尾根登山道 釈迦ヶ岳
(10:50)
P890でやっと釈迦ヶ岳が姿を見せてくれました。
山頂が見えれば足も軽くなる!

釈迦ヶ岳 中尾根登山道
しばらく笹の登山道を下って行きます。
この辺りでアセビが確認できますが既に種・・・。

釈迦ヶ岳 中尾根登山道 庵座谷分岐
(11:00)
降り切ったところが庵座谷ルートとの合流地点。
こちらのルートも人気が高いようですがキレットを通れません。

釈迦ヶ岳 中尾根登山道 振り返り
登って来た中尾根を振り返る・・・振り返るにはちょっと早かったかな?

釈迦ヶ岳 中尾根登山道 岩場迂回路
(11:17)
ガレた岩場は迂回路を進みます。
技術があれば迂回しないルートも・・・?

釈迦ヶ岳 中尾根登山道 岩場迂回路
そんな技術は持ち合わせていないので素直に迂回。

釈迦ヶ岳
幾つもある展望地から大迫力の釈迦ガレ。
これは・・・鎌ヶ岳にも負けず劣らずのかっこよさ!

釈迦ヶ岳 中尾根・松尾尾根分岐
(11:30)
中尾根と松尾尾根の合流地点、釈迦白毫。
白毫とは釈迦の眉間にある毛の塊を指します。
釈迦ヶ岳の名の由来が「釈迦の寝姿に似ている」なので
ここを頭部として松尾尾根が身体なのかな?

釈迦ヶ岳 松尾尾根 登山道
ここまで来たらもう着いたも同然!
正面の最高点を超え、右奥の山頂までもう少し!

釈迦ヶ岳 松尾尾根 キレット
最高点直下のキレットは大迫力!
これを見たくて釈迦ヶ岳へ来たんだ!

釈迦ヶ岳 松尾尾根 キレット鞍部より猫岳
通ってみると全く恐怖を感じることもなくあっさり・・・。
鞍部から帰路の猫岳を覗きます。

釈迦ヶ岳 松尾尾根 キレット振り返り
キレットを振り返って1枚。
見ると通るは大違いです・・・通常とは逆の意味ですが。

釈迦ヶ岳 最高点広場
(11:45)
登り返せば釈迦ヶ岳の最高点。
山頂はもう少しだけ先なんです。

釈迦ヶ岳 山頂小広場
(11:53-12:20)
釈迦ヶ岳 山頂は少し狭く混雑気味です。
山頂から少し離れて食事中の方々も。

釈迦ヶ岳 眺望
三重県の山では「展望もあまりない」とされていましたが
そんなことは全くありません。

釈迦ヶ岳 山頂 たっくん
入道ヶ岳に続き釈迦ヶ岳で悟りを開いたたっくん。
珍しくいちに遅れず登頂することができました。

釈迦ヶ岳 県境稜線縦走路 三角点・最高点分岐
帰路は県境稜線縦走路で羽鳥峰方面へ!

釈迦ヶ岳 県境稜線縦走路
気持ち良く走れそうな登山道が続きます。

釈迦ヶ岳より猫岳 遠景
猫岳への登山道は見るだけで気持ち良くなれます。

釈迦ヶ岳 県境稜線縦走路からキレット
釈迦ヶ岳のキレットとガレ。
ドキドキとワクワクをありがとう!

猫岳 山名板
(12:50-13:00)
猫岳に到着するもたっくんが流血!(鼻血)
血が止まるまでしばらく休憩。

釈迦ヶ岳 県境稜線縦走路 アセビ
猫岳を越えるとアセビが花開いていました。
中尾根から見かけていたもののやっと会えた!

釈迦ヶ岳 県境稜線縦走路
気持ち良いー!

釈迦ヶ岳 県境稜線縦走路 きのこ
階段の下にきのこの里ができていました。
あれ、きのこの山だっけ?

釈迦ヶ岳 県境稜線縦走路 白滝谷路分岐
(13:37-47)
白滝谷分岐はもちろん羽鳥峰・朝明渓谷方面へ!

釈迦ヶ岳 県境稜線縦走路
迂回もできますが深い凹型の登山道を進みます。
軽くザレて滑るくらいが歩きやすい。

県境稜線縦走路 朝明渓谷 林道コース分岐
(13:53)
すぐに林道コースの分岐ですが、基本的に林道は選びません。
だって・・・退屈ですよね?

県境稜線縦走路 羽鳥峰
足に優しいザレ場を登れば羽鳥峰はすぐ!

県境稜線縦走路 羽鳥峰 たっくんナムー
(13:57-14:00)
羽鳥峰でも悟りを開き続けるたっくん。
お願いして飛んでもらった写真もありますが
顔が険し過ぎて見せられません!

県境稜線縦走路 羽鳥峰峠
羽鳥峰から視線を落とせば羽鳥峰峠はすぐそこ!

県境稜線縦走路 羽鳥峰峠
この左の石碑は60kgあるそうです・・・。
山岳部の方々が交代で背負って運んだそうな。
石だから朽ちることもなく末永く残りますね。

羽鳥峰登山道 猫谷コース
ここからは大きな石がゴロゴロの猫谷コース。
浮石もほとんどなく快適に進みます!

羽鳥峰登山道 猫谷コース
ちょっぴり困ったこの砂防ダムは右手から。

羽鳥峰登山道 猫谷コース ロープ場
ロープ場の急降もありますが足場しっかりで大丈夫!
こういうところはロープに頼ると却って危険です。

羽鳥峰登山道 猫谷・林道分岐
(14:40)
猫谷コースと林道コースの合流地点。
ここからはまったりな道が続きます。

朝明渓谷登山口
(14:47)
ここが朝明渓谷の登山口かな?
もう終わりと思いきやここから駐車場が意外とあります。

西山荘
(14:55)
アスファルトの舗装路をてくてく歩いて
西山荘の自販機でチャージ。
結局、15時過ぎに駐車場へ戻ることができました。

キレットに惹かれた釈迦ヶ岳ですが中尾根から眺めるガレも大迫力でした!
釈迦ヶ岳から羽鳥峰へ続く県境稜線は眺めても歩いても走っても楽しめる素晴らしい登山道。
猫谷コースも気が抜けない岩の登山道にロープ場もあり大満足。
舗装路歩きの長さが少し残念ですが歩き甲斐のある良いコースでした!

最後まで読んでくださってありがとうございます!
釈迦ヶ岳に興味が湧いた人は応援クリック⇒登山ランキング

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう