雪彦山 展望岩から大天井岳
ハイキングと言うよりアスレチック?
大天井岳の写真に一目惚れして雪彦山に行ってきました。

book 概要

日本三彦山の一角として知られる修験道の岩峰群「雪彦山」
関西屈指のクライミングスポットとしても知られ、登山道は鎖場・ロープ場が多数。
ハイキング気分で挑むと泣きを見ることになるかもしれません。

雪彦山の定義は複数あるようですが、洞ケ岳の最高峰である大天井岳(884m)へ向かいます。

日程 2014年5月25日
ルート 表登山道 ⇒ 大天井岳 ⇒ 虹ヶ滝上級 ⇒ 裏登山道
登山口ナビ Googleマップで「雪彦山駐車場」を見る!

camera 写真館

雪彦山 見晴らし岩 しな
載せ切れない写真はこちら ⇒ 雪彦山-flickr

pen トレッキングレポート

雪彦山 駐車場
(11:05)
「雪彦峰山県立自然公園」をナビにセットし雪彦山へ!
青看板などの案内板も充実し、不安を感じることなく登山口前の駐車場へ到着。
20台ほどのスペースは既に満車ですが何とか路肩に車を止めることができました。

雪彦山 登山口へ
登山口への案内もばっちりです!

雪彦山登山案内図
今回は出雲岩から大天井岳山頂、虹ヶ滝を回るショートコース。
ざっと3時間ほどでしょうか?

雪彦山 登山口
(11:08)
出雲岩コースは左の階段を、虹ヶ滝コースは林道を進みます。
GWの予定が雨で延期された分、期待で胸が膨らむ!

雪彦山 登山道
最初から急登が歓迎してくれます。
登山道は明瞭で全く問題ありません。

雪彦山 不動岩
(11:18)
不動岩を横目に通過し

雪彦山 登山道 急登
尾根の急登を駆け上がると・・・

雪彦山 展望岩から大天井岳
(11:40~50)
展望岩へ到着!
大天井岳がかっこ良すぎてテンション急上昇!

雪彦山 展望岩で小休止
一方、しなは朝ご飯のコロッケとフランクフルトの油にやられ瀕死状態・・・
そんなんじゃ足りないぞ!と無理矢理食べさせてごめんなさい。

雪彦山 出雲岩
(12:35)
何もない行者堂跡を通り過ぎ出雲岩へ。
巨岩が折り重なり圧倒的な存在感!

雪彦山 出雲岩 しな
小さなしなは段差に苦戦しつつも迂回してクリア。

雪彦山 鎖場 しな
(12:45)
待ちに待った鎖場が登場。
急だし狭い・・・通って見ると鎖不要で擦ったりもせず。
鎖場はスピードが出せないので良い休憩ですね。

雪彦山 見晴らし岩 しな
(12:50~55)
セリ岩を横目に通り過ぎ、見晴らし岩へ。
切り立った岩から見下ろす景色はやはり最高です。

雪彦山 セリ岩
迂回もできるようですがせっかくなのでセリ岩の中へ。
いちはザックを下ろさないと通ることができませんでした。

雪彦山 馬の背
(13:07)
セリ岩から岩稜の馬の背へ。
ここから鎖場・ロープ場が連続します。

雪彦山 馬の背 ロープ
ぱっと見ロープに頼りたくなりますが、足掛かりがあるので問題なし。
慣れないとロープに頼り足場の確保を忘れがちです。
ちゃんと足場を確保した方が疲れませんよ!

雪彦山 馬の背 ロープ しな
ちょっと腰が引け過ぎかな?
ロープに頼り過ぎるとこうなります。
撮影に夢中でアドバイスを忘れる・・・

雪彦山 馬の背 しな
足が届かない!

雪彦山 大天井岳 御堂
(13:29~45)
ようやく大天井岳の山頂へ到着。
思いの外時間が掛かってしまいました。

雪彦山 大天井岳からの眺望 パノラマ
大天井岳からの眺望。山が幾重にも連なっていますね。
全部登ろうと思ったら何日掛かるんでしょう?

雪彦山 天狗岩
(14:04)
帰りは虹ヶ滝コースへ進み天狗岩へ。
岩の方へ踏跡があったので技術があれば登れるんでしょうね。

雪彦山 地蔵岳
上から見下ろす地蔵岳。
あんなところ人がいるのにびっくりです!
しかも、子供のヤッホーが・・・割と簡単なんでしょうか?

雪彦山 登山道 上級コース(迂回路) しな
初級コースへ向かったつもりが上級コースの鎖場迂回路へ。
更に激しい段差がしなを襲う!
「これで本当に初級なの?」「・・・(ごめんなさい、上級です)」

雪彦山 虹ヶ滝コース 上級 鎖場
迂回した鎖場・・・確かに急で距離も長い。
滑落が起こるのも納得です。迂回路を選んで良かった・・・

雪彦山 登山道 上級コース 地蔵岳分岐
(14:37)
地蔵岳分岐。
「あんなとこに行けるか!」と虹ヶ滝へ。

雪彦山 登山道 上級コース しな
引き続きいくつもの鎖場を越えてゆきます。
出雲岩コースとは明らかに難易度が違っていますね。

雪彦山 虹ヶ滝  しな
(15:33)
マイナスイオンたっぷりの虹ヶ滝へ到着。
岩の上を滑るように流れる水流は本当に癒されます。
初級コースとはここで合流。

雪彦山 登山道 峰山分岐
(15:37~42)
少し登り返して峰山分岐へ。
ベンチもあり、鎖場で疲れた足を休めることができました。

雪彦山 大曲
(15:53)
なだらかな登山道をぐいぐい進んで大曲へ。
少し岩がごろごろの道へ入ります。

雪彦山 出合
(16:06)
ここまで来たら渡渉して沢沿いに下り、舗装路を戻るだけです。
16:30に登山口へ到着。

大天井岳の素晴らしい山容に心を奪われ、勢いでここまで来ましたが
出雲岩、セリ岩、見晴らし岩などの見どころも豊富さに加え
かつてない量の鎖場・ロープ場が本当に楽しかった!
地蔵岳・三角点を見ずに山行を終えてしまったことは残念ですが
また数年後のお楽しみに取って置こうと思います。

最後まで見てくださってありがとうございます。
雪彦山に興味が湧いた人は応援クリック⇒登山ランキング