御池岳 天狗鼻からボタンブチ
鈴鹿山脈最高峰にも関わらず、随分遅くなってしまいました。
鞍掛峠の開通を待ち、御池岳を登って来ました!

book 概要

滋賀県東近江市にある標高1,247の山「御池岳」
鈴鹿山脈の最高峰であり、東近江市八景・花の百名山に選定されている。
山頂部はテーブルランドと呼ばれ、南北に長く平らな山容を持つ。

鈴鹿国定公園 藤原岳・御池岳(「藤原岳-いなべ市観光協会」より)

いなべ市公式登山ルートは4ルート
コグルミ谷ルート(コグルミ谷登山口 ⇒ カタクリ峠 ⇒ 丸山分岐 ⇒ 御池岳)
鞍掛峠ルート(鞍掛峠 ⇒ 鈴北岳 ⇒ 池ノ平 ⇒ 御池岳)
御池谷ルート(鞍掛橋 ⇒ ヒルノコバ ⇒ 鈴北岳 ⇒ 池ノ平 ⇒ 御池岳)
藤原岳縦走ルート(藤原岳 ⇒ 白瀬峠 ⇒ 丸山分岐 ⇒ 御池岳)

今回は「三重県の山」掲載のコグルミ谷から登り鞍掛峠へ下るルートを歩きます。

日程 2016年4月10日
ルート コグルミ谷 ⇒ ボタンブチ ⇒ 御池岳 ⇒ 鈴北岳 ⇒ 鞍掛峠
登山口ナビ Googleマップで「鞍掛登山口」を検索!
三角点 このルートに三角点はありません。
周辺情報 鞍掛トンネル東 駐車場 20台


camera 写真館

御池岳 鈴北岳~鞍掛峠 登山道
載せ切れない写真はこちら ⇒ 御池岳 コグルミ谷~鞍掛峠-flickr

pen トレッキングレポート

御池岳 鞍掛峠 路肩
(9:40)
鞍掛峠駐車場、コグルミ谷駐車場は満車・・・。
無理かと諦めかけた時、こちらのスペースを発見!
何とか滑り込ませることができました。

御池岳 県道306号 スミレの群落
県道306号をコグルミ谷登山口へ向かって降りて行くと
スミレ、ネコノメソウ、キケマンが出迎えてくれました。
コグルミ谷は春先花が多いと言うことで幸先良いですね!

御池岳 コグルミ谷 登山口
(9:50)
心配していた平成24年9月の通行止めは解除されていました。
鈴鹿山脈の最高峰、御池岳・・・行ってきます!

御池岳 コグルミ谷 登山道 ケルン
数分登って水のないコグルミ谷を横断。
ケルンに新たな石を積み、狭い登山道を進みます。

御池岳 コグルミ谷 ミヤマカタバミ
コグルミ谷斜面にミヤマカタバミのつぼみ。
天候のせいか花開くことなくうなだれています。
咲いたところを見たかったな・・・

御池岳 コグルミ谷 カタクリ
一輪だけ咲いていた可憐なカタクリ。
暗紫色の葉は初めて見ました。

御池岳 コグルミ谷 登山道 丸太橋
(10:00)
枯葉に埋もれた丸太橋はジャンプ!
まず大丈夫だろうけど、踏抜きを警戒です。

御池岳 コグルミ谷 登山道 渡渉ポイント
コグルミ谷を左右へ横断し谷内から脱出。
丸太階段が始まります。

御池岳 コグルミ谷 スズシロソウ
初めて見つけたスズシロソウの群落。

御池岳 コグルミ谷 沢
沢のせせらぎが疲れを癒してくれました。
水音ってどうしてこんなに落ち着くんでしょうね?

御池岳 コグルミ谷・タテ谷分岐
(10:10)
コグルミ谷・タテ谷分岐。
タテ谷は難路指定されているようです。
いつかタテ谷ルートも踏破しに来なきゃ!

御池岳 コグルミ谷 岩
名前が付いても良さそうな巨岩。
コグルミ谷に水が流れれば、岩肌を流れる見事な滝になるでしょう。

御池岳 コグルミ谷 登山道
丸太で整えられているものの狭い道が続きます。
この細い登山道を歩くのが気持ち良かったり・・・。

御池岳 コグルミ谷 登山道 崩落
ただでさえ薄い道が崩落によりなくなってしまいました。
崩落個所の上にもうっすら踏跡があるのでそのまま直進!
上へ迂回する道もありました。

御池岳 コグルミ谷 登山道 渡渉ポイント
谷内にロープが張られている・・・時期によっては水があるのかな?

御池岳 コグルミ谷 コグルミ谷付近に咲く花
(10:25)
コグルミ谷付近に咲く花案内。
今回会えたのはヤマエンゴサクにネコノメソウでした!

御池岳 コグルミ谷 キクザキイチゲ
ロープの向こう側に一輪だけ咲いていたキクザキイチゲ。
群落も元気をくれるけど、一輪も大きな力をくれます。

御池岳 コグルミ谷 登山道
国土地理院地図によるとこの尾根を行くようですが
登れるけど踏跡が薄い・・・

御池岳 コグルミ谷 登山道
振り返ると赤布がはためく明瞭な登山道が!
渡ってすぐに渡り直すので気づくのが遅れました。

御池岳 コグルミ谷 登山道 五合目
(10:35)
ジグザグと高度を上げ、五合目看板に一安心。
国土地理院地図の破線から離れるのは少し不安でした。

御池岳 コグルミ谷 天ヶ平
(10:45-55)
白瀬峠からのルートと合流する天ヶ平ことカタクリ峠。
携行食を補給して一息つきました。

御池岳 コグルミ谷 天ヶ平
カタクリ峠付近で咲く花案内。
ヒトリシズカに会いたかったなぁ・・・

御池岳 コグルミ谷 登山道
快適な稜線歩き。
鈴鹿山脈の最高峰だけあって良く踏まれています。

御池岳 コグルミ谷 七合目
(11:00)
コバイケイソウの群生する7合目。
大きく左に巻いて行きます。

御池岳 コグルミ谷 登山道
登り切って再び降りるのを嫌い右へ進みましたが判断ミス。
ここは直進が正解でした。

御池岳 コグルミ谷 登山道 カレンフェルト 苔
カレンフェルトを覆う苔。
苔が乾燥しパサついているのが残念!

御池岳 コグルミ谷 苔上のネコノメソウ
苔が留めた水を糧に咲くネノコメソウ。
なんだか嬉しくなっちゃいました。

御池岳 コグルミ谷 幻池
(11:15)
踏跡を追って見つけたのは幻池。
御池岳の由来となるドリーネの一つです。

御池岳 コグルミ谷 御池岳・鈴北岳分岐
(11:16)
真ノ谷源流へ下ったところが御池岳・鈴北分岐。
ここを登り切れば御池岳はすぐのはず!

御池岳 コグルミ谷 登山道
浅い谷状の登山道を右へ左へ進みます。

御池岳 コグルミ谷 九合目
(11:25)
登山道もとうとう九合目を迎えました。

御池岳 コグルミ谷 登山道
やっと最後の稜線が見えた!
登山道から外れますが踏跡を追いかけます!

御池岳 コグルミ谷 登山道
(11:40)
まずは展望の良いボタンブチへ向かいます。
左がボタンブチ、右が天狗鼻。

御池岳 天狗鼻からボタンブチ
天狗鼻からボタンブチ。
藤原岳、竜ヶ岳、釈迦ヶ岳、御在所岳と鈴鹿山脈の山々が一望できます!

御池岳 ボタンブチ
(11:45-12:00)
ボタンブチでは10名以上のハイカーが眺望を楽しんでいました。
鈴鹿セブンマウンテン以外分からないのがもどかしい!
手早く昼食を済ませて山頂へ向かいます。

御池岳 ボタンブチから天狗鼻
ボタンブチから天狗鼻。
こちらも急崖・・・ボタンブチが混雑している時はお勧めです。

御池岳 山頂
(12:10)
ちょっぴり寂しい御池岳山頂。
展望の良いボタンブチに人が集中していたようです。

御池岳~鈴北岳 登山道
鈴北岳への登山道はまさかのロープ整備。
道迷いの心配はなくなりますがちょっぴり残念。

御池岳 鈴北岳・コグルミ谷分岐
(12:20)
再び真ノ谷源流へ合流すると鈴北岳・コグルミ谷分岐。
左手の鈴北岳へ向かいます。

御池岳~鈴北岳 登山道
浅い谷状の登山道は走れる緩やかさ。
駆け抜けるには細いくらいが気持ち良い!

御池岳~鈴北岳 真ノ池
(12:25)
池ノ平にある真ノ池。
秋にはトリカブトやアケボノソウが楽しめるようですよ!

御池岳~鈴北岳 登山道
池ノ平を抜けると鈴北岳が姿を表しました。
山頂に立つ看板が確認できます。

御池岳~鈴北岳 登山道
山頂を振り返ると苔にカレンフェルトに草原。
御池岳がつまった景色が広がっていました。

御池岳 鈴北岳~鞍掛峠 登山道
鈴北岳東のピークから鞍掛峠へ続く県境尾根。
これから歩くと思うとワクワクする!

鈴北岳 山頂
(12:40)
鈴北岳はパノラマビュー!
くるっと眺望を楽しみましょう。

鈴北岳 鈴ヶ岳方面
隣の鈴ヶ岳から来る方々も。
こちらは滋賀県側から来るときに登ろう!

御池岳 鈴北岳~鞍掛峠 登山道
登りのストレスを発散するかのように駆け下りて行きます。
焼尾山に烏帽子岳、その後に控えるのは養老山地です。
こんなに気持ち良い稜線歩きは久しぶり!

御池岳 鞍掛峠・タテ谷分岐
(12:45)
初心者お断りのタテ谷分岐。
気になりますが今回はパス・・・。

御池岳 鈴北岳~鞍掛峠 登山道
こちらもロープ整備。道迷い対策としては完璧。
大自然に没頭している中、水を差されるような気分になります。
これだけ明瞭なのに・・・と思ったけど、冬山用なら納得!

御池岳 鈴北岳~鞍掛峠 登山道 巻道分岐
(12:55)
下りだけど巻道分岐。
気持ち良い下りだし、そのまま駆け下りていきます!

御池岳 鈴北岳~鞍掛峠 登山道 巻道合流
(13:00)
恐らく巻道との合流地点。
駆け下りて5分ほどなのでどちらでも良さそう。

御池岳 鈴北岳~鞍掛峠 鉄塔
(13:05)
鉄塔をくぐれば鞍掛峠はすぐそこです!

御池岳 鞍掛峠
(13:10)
鈴北岳から30分ほどで鞍掛峠へ到着。
正面の急登は焼尾山・三国岳へと続きます。
鞍掛トンネル東登山口へは右に降りていきます。

御池岳 鞍掛峠 登山道
細く崩れやすい登山道。
鞍掛峠で終わった気分でいたらまだまだ距離があります。

御池岳 鞍掛峠 ミスミソウ
終盤を迎え、花達がねぎらってくれるようです。
こちらはミスミソウ。シキミ、カタクリ、タチツボスミレが確認できました。

御池岳 鞍掛峠 登山道
杉の植林帯をジグザクを降りていけば、どこからか水音が・・・

御池岳 鞍掛峠東登山口
(13:30)
鞍掛峠から20分で鞍掛トンネル東登山口へ到着。
思いのほか距離がありました。
時間があるので三国岳へチャレンジを検討・・・止めておきました。

鈴鹿山脈最高峰なのに鈴鹿セブンマウンテンに選定されなかった御池岳。
山名の由来となった池群やボタンブチ、鈴北岳と魅力的なスポットは多数。
ボタンブチの眺望に鈴北岳からの下りは本当に気に入りました!
選定されなかった理由が良く分かりません。

日本庭園と呼ばれる苔の楽園を見逃したのが残念ですが
登山道はまだまだある・・・次回の楽しみにとっておきます!

この長い記事を最後まで読んでくださってありがとうございます!
御池岳に興味が湧いた人は応援クリック⇒登山ランキング

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう