乗鞍岳 剣ヶ峰 山頂
山頂まで登らなくとも森林限界を超えた世界とお花畑だけでも楽しい!
剣ヶ峰山頂の乗鞍本宮では登山守を購入することができます。
今回は前半のほおのき平から剣ヶ峰、お花畑をレポートします。

book 概要

岐阜県高山市と長野県松本市にまたがるの剣ヶ峰(3,026m)を主峰とする山々、「乗鞍岳」
南北に多数の峰が連なることから「乗鞍連峰」と呼ばれることもある。
岐阜県・長野県共に畳平まで自動車道が通じており、「日本で最も登りやすい3,000m超級の山」とも称されている。

乗鞍岳散策マップ-飛騨乗鞍観光協会(「out 乗鞍岳散策マップ-飛騨乗鞍観光協会」より)

畳平から大黒岳、富士見岳を経て剣ヶ峰に至り、お花畑を一周して畳平。
out 乗鞍新登山道整備2017で整備されたばかりの乗鞍岳と平湯温泉を結ぶ新登山道を歩いてきました。
この記事は前半のほおのき平から乗鞍岳を登頂し畳平に戻るまでをレポートします。

日程 2017年8月12日
ルート 畳平 ⇒ 大黒岳 ⇒ 富士見岳 ⇒ 剣ヶ峰 ⇒ お花畑 ⇒ 畳平 ⇒ 姫ヶ原 ⇒ 硫黄岳 ⇒ 乗鞍権現 ⇒ 平湯温泉スキー場
out グレーディング 畳平 ⇒ 乗鞍岳 体力度 2/10 難易度 B/E
平湯温泉 ⇒ 乗鞍岳 体力度 7/10 難易度 C/E
登山口ナビ Googleマップで「out ほおのき平駐車場」を確認する
周辺情報 out アルピコ交通 シャトルバス(ほおのき平⇔畳平) 片道:1,270円 往復:2,300円
out 濃飛バス 平湯・新穂高線(大滝口・キャンプ場前⇒ほおのき平) 550円

camera 写真館

乗鞍岳 畳平 お花畑 ハクサンイチゲ 群落
載せ切れない写真はこちら ⇒ out 乗鞍岳 畳平~平湯-flickr

pen トレッキングレポート

乗鞍岳 ほおのき平駐車場
(22:30)
南アルプスの甲斐駒ヶ岳・仙丈ヶ岳を予定していましたが残念ながら雨予報。
2年振りに北アルプス、4年振りに乗鞍岳へ訪れました。
この時期の乗鞍岳は大混雑と思いきや駐車場は半分も埋まっていません。

乗鞍岳 ほおのき平 車中泊
ほおのき平バスターミナル発、乗鞍山頂(畳平)行バスの始発は3時45分・・・当然、車中泊です。
日本で最も登りやすい3,000m級の山と言われる乗鞍岳だけど、畳平から平湯へ続く新登山道は15km。
身体を休めたいのに興奮でなかなか寝付けませんでした。

乗鞍岳 朴の木平 バスターミナル
(3:15)
3時に起床して手早く準備。始発の30分前に切符を購入。
行列を覚悟していたものの、バス待ちは数人しかいませんでした。
もしかして、あれから天気予報が悪化したのかな?

乗鞍岳 ほおのき平 駐車場 シャトルバス
(3:30)
御来光バスが到着すると行列は20人以上に伸びていました。
4年前は同じ時間に並んでも3台目でしたが今回は余裕の1台目乗車。
ほおのき平バスターミナルからご来光登山口バス停までは45分・・・おやすみなさい。

乗鞍岳 御来光スポット シャトルバス
(4:15)
畳平前のご来光登山口バス停で下車。周辺はガスに包まれてひんやり。
携帯で足元を照らしつつ、まずは県境ゲートへ向かいます。

乗鞍岳 大黒岳 登山口
(4:25)
大黒岳と富士見岳の鞍部にある県境ゲート。
前回は富士見岳・・・4年振りの今回は大黒岳から御来光を仰ぎます。

乗鞍岳 大黒岳 登山道
暗闇に染まる登山道を駆け上がると気付けば先頭集団・・・
振り返れば揺れるライトが寂しさを打ち消してくれました。

乗鞍岳 大黒岳 避難小屋
(4:30)
濃霧をかき分けて5分も登れば大黒岳山頂です。
ひっそりと立つ大黒岳避難小屋は吹きさらしだけど、雨風を避けられるありがたい存在です。

乗鞍岳 大黒岳 避難小屋
10分もすれば避難小屋からは人があふれてしまいました。
日の出は5時過ぎ・・・それまでに朝食を食べながらじっと待機。

乗鞍岳 大黒岳 山頂
(5:00)
日の出時刻に備えて多くの登山者がカメラを構え始めました。
ガスが晴れることはないけど、勢い良く流れてる。このまま待てばきっと・・・

乗鞍岳 大黒岳 御来光待機
日の出時刻を過ぎ、ガスは確実に薄くなって来てる。
でも、御来光を仰ぐまでには至りませんでした。
一人が諦めて歩き始めれば、御来光難民の大移動が始まります。

乗鞍岳 大黒岳から鶴ヶ池
大黒岳から県境ゲートへ向かえば正面に鶴ヶ池がどーん・・・?
足元は明瞭なのに鶴ヶ池は半分も姿を見せてくれません。

乗鞍岳 大黒岳 コマクサ
高山植物の女王とも呼ばれるコマクサ。
開花時期は7月上旬~8月中旬。
雨に打たれたせいか元気がないけれど、間に合って良かった。

乗鞍岳 大黒岳から富士見岳
登りは暗闇とガスで見えなかった富士見岳。
前回はあの頂から御来光を仰ぎました。

乗鞍岳 大黒岳 チシマギキョウ
朝露の重さに頭を下げているのはチシマギキョウ。
良く似たイワギキョウとの違いは毛の有無。
下の方にある蕾はナスみたいだ。

乗鞍岳 県境ゲートから富士見岳
(5:20)
大黒岳から降りると富士見岳に陽が射し始めました。
人も集まってるし、遅ればせながら御来光に会えたのかな?

乗鞍岳 県境ゲートから御来光
御来光は照らしてくれるけど、その姿を見ることはできませんでした。
初日の出に御来光と外したことがなかったけど、仕方ありませんね。

乗鞍岳 県境ゲート分岐
最高峰である剣ヶ峰へは富士見岳横の登山道へ進みます。
ガスは少しずつ晴れて来てる・・・・剣ヶ峰に着く頃には青空が見えるはず!

乗鞍岳 富士見岳 登山口
(5:30)
前回はこちらの富士見岳から御来光を仰ぎました。
懐かしさが湧き上がって来たので立ち寄って行きます。

乗鞍岳 富士見岳 登山道
富士見岳は大黒岳と比べて荒々しい登山道。
しかしながら、10分ほどで登頂できるので軽く登りましょう。

乗鞍岳 富士見岳 山頂
(5:40-45)
ケルンが高く積まれた富士見岳。
風をさえぎるものがなく、強風に吹かれながらの御来光待ちが記憶に残ります。

乗鞍岳 富士見岳 登山道
富士見岳を奥に抜ければ剣ヶ峰へと続く登山道へ合流します。
知らずに戻られる方もいたので声を掛けさせていただきました。

乗鞍岳 富士見岳 登山口
(5:55)
登りと同じく10分ほどで富士見岳から下りることができました。
整備の行き届いた遊歩道・・・ありがたいけど、ちょっぴり物足りない・・・

乗鞍岳 富士見岳 シナノキンバイ
シナノキンバイとチシマギキョウが咲き乱れていました。

乗鞍岳 摩利支天岳分岐
(6:00)
右手に現れる摩利支天岳は進入禁止・・・山頂には観測所があります。

乗鞍岳 肩の小屋前 登山道
肩の小屋に近くになると左斜面が切れ落ちた登山道が始まります。
ガスさえなければ肩の小屋が見えるのですが・・・

乗鞍岳 肩の小屋前から乗鞍エコーライン
少しガスが晴れて長野県から畳平へ続く乗鞍エコーラインが現れました。
ヒルクライムの聖地だけあって多くのサイクリストが自転車で上がってきます。

乗鞍岳 肩の小屋前 シラネニンジン
肩の小屋周辺は多くの花々が出迎えてくれます。
散形に小さな花を付けるのはシラネニンジン。

乗鞍岳 肩の小屋前 シナノオトギリ
古くは弟切草、不思議なダンジョンシリーズで知られるオトギリソウの高山種、シナノオトギリ。
広がるようなおしべが特徴的です。

乗鞍岳 肩の小屋前 ウサギギク
小さなヒマワリのように元気をくれたのはウサギギク。
どこがウサギかと言うと、葉の形がウサギの耳を思わせることに由来します。

乗鞍岳 肩の小屋前 シロバナヨツバシオガマ
初めて目にしたシロバナヨツバシオガマ。
実は貴重でなかなか目にすることが難しいようです。

乗鞍岳 肩の小屋
(6:10)
たくさんの花々を写真に収めていれば、気付けば肩の小屋でした。
剣ヶ峰への登り口は肩の小屋奥・・・そのまま直進しましょう。

乗鞍岳 肩の小屋 登山道へ
奥の公衆便所をお借りして剣ヶ峰口のある肩の小屋裏へ。
晴れ予報と言うことで乗鞍岳に来たけど、ガスは晴れる気配がありません・・・

乗鞍岳 肩の小屋 ベンチより乗鞍岳
麓のガスが少し薄くなってきたような?
朝日岳と剣ヶ峰はガスに隠れたままだけど、待ってても仕方ない・・・行きます!

乗鞍岳 剣ヶ峰 登山口
(6:15)
展望のなさは登頂への障害になりえません。
頂上小屋は営業しているようだし、コーヒーを飲みながら待っても良い。
剣ヶ峰に向かって歩き始めます。

乗鞍岳 剣ヶ峰 登山道
剣ヶ峰への歩みを進めると嘘のように青空が迎えてくれました。
そう・・・この空をずっと待ってた!

乗鞍岳 剣ヶ峰 登山道
やがて頭上の雲も晴れ、暖かい陽射しが降り注ぎます。
どこかくすんでいたハイマツ達も新緑が鮮やかに!

乗鞍岳 剣ヶ峰 登山道より摩利支天岳
振り返ると隠れていた摩利支天岳の観測所も姿を現しました。
その奥には北アルプスが控えていますがそこまでは望めないかな・・・

乗鞍岳 剣ヶ峰 登山道 振り返り
湧き上がる歓声に再び振り返ると雲海に北アルプスが浮かんでいました。

乗鞍岳 剣ヶ峰 登山道より槍ヶ岳
「ブロッケンだ!」の声にカメラを拡大し探すものの見つけられず・・・
しかしながら、雲海に浮かぶ槍ヶ岳を収めることができて良かった!

乗鞍岳 剣ヶ峰 登山道
手前の朝日岳は巻いて鞍部に至れば、剣ヶ峰は目と鼻の先。
この青空もいつまで続くか分からない・・・急がなきゃ。

乗鞍岳 剣ヶ峰 権現池
鞍部に辿り着くとコバルトブルーの権現池が迎えてくれます。
御嶽山のニノ池に次ぎ、日本で2番目に高所にある火口湖です。

乗鞍岳 剣ヶ峰 蚕玉岳
(7:10)
剣ヶ峰への前衛峰、蚕玉岳。
ここまで来ると山頂にある乗鞍本宮奥宮や鳥居が確認できます。
山頂直下は急なガレ場ですが、ほんのわずか・・・駆け上がります!

乗鞍岳 剣ヶ峰 登山道
左へそれて行く分岐は頂上小屋へと続いています。
前回は冷え切った身体を温めてもらいましたが今回は防寒もしっかり!
頂上小屋は帰路に立ち寄ることにして山頂へ!

乗鞍岳 剣ヶ峰 山頂
(7:20-45)
朝の濃霧からは信じられないような青空の下、乗鞍岳最高峰の剣ヶ峰へ登頂。
大日岳の奥には御嶽山が雲海から顔を出していました。

乗鞍岳 剣ヶ峰 乗鞍本宮
剣ヶ峰山頂にある乗鞍本宮奥宮には早朝から神主がいらっしゃいました。
前回はまるで記憶にありませんが今回は立ち寄って行きます。

乗鞍岳 乗鞍本宮 登山守 山バッチ
登山守・・・買うしかない!これで今年の登山は無事息災間違いなし!
乗鞍本宮奥宮でしか買えない山バッチも合わせて購入しました。

乗鞍岳 剣ヶ峰より高天ヶ原
雲海に浮かぶ高天ヶ原。日本神話で神々が住まうとされた場所です。
実は白山や金剛山、伊吹山にも伝承が残っています。

乗鞍岳 剣ヶ峰より振り返り
続々と押し寄せる登山者に山頂が狭くなってきました。
乗鞍本宮裏から頂上小屋へ向かいます。

乗鞍岳 剣ヶ峰 頂上小屋
(7:50)
前回は冷え切った身体を温めるためにコーヒーをいただきました。
「こんな岩場を素手は可哀想」とアドバイスを受けて軍手も購入。
思い出に後ろ髪引かれつつも先は長いと立ち寄ることはしません。

乗鞍岳 蚕玉岳~肩の小屋
気付けば青空が姿を消し、どんよりとした天気へ。
御来光は仰げなかったけど、あの一瞬の青空を山頂で迎えることができた。
それだけで始発で来た甲斐がありました。

乗鞍岳 肩の小屋 ベンチ
(8:15-30)
肩の小屋へ戻ると、山頂部はガスに埋もれてしまいました。
登り始める前はこんな感じだったしまた晴れてくれると良いな。

乗鞍岳 肩の小屋~お花畑 富士身岳
帰路は富士見岳を巻いてお花畑へ向かいます。
前回は激しい靴擦れに諦めた未踏ルート・・・楽しみです!

乗鞍岳 肩の小屋~お花畑 不消ヶ池
行きはガスに覆われていた不消ヶ池もコバルトブルーに輝いています。
水面下に残る雪渓がどこか幻想的な美しさ。
写真では伝えきれない美しさです。是非、ご自分で見てくださいね!

乗鞍岳 お花畑分岐
(8:45)
不消ヶ池を過ぎれば間もなくお花畑分岐。
色褪せた木の階段を下り、沢沿いの石段を行きます。

乗鞍岳 お花畑 登山道
水が豊富なこともあってお花も多く見られました。
ロープで近づけないのがもどかしい!

乗鞍岳 お花畑 シナノキンバイ
シナノキンバイに紫のヨツバシオガマ。

乗鞍岳 お花畑 ハクサンイチゲ
今回お気に入りのハクサンイチゲ。
白山の名を冠する花は多くありますが、ハクサンコザクラとハクサンイチゲが可愛いですね。

乗鞍岳 畳平 お花畑
(8:55)
お花畑周辺は木道が整備されています。
お花畑保護のため、木道を外さずに楽しみましょう。

乗鞍岳 畳平 お花畑 カラマツソウ
花糸がどこか儚げで美しいカラマツソウ。
実は若い茎と葉は食べられます・・・もったいなくて食べられませんけどね。

乗鞍岳 畳平 お花畑 シナノオトギリ
肩の小屋でも見られたシナノオトギリ。

乗鞍岳 畳平 お花畑 ミヤマアキノキリンソウ
乗鞍岳では初対面のミヤマアキノキリンソウ。

乗鞍岳 お花畑 ミヤマキンポウゲ
シナノキンバイではなく、ミヤマキンポウゲ。
シナノキンバイの葉は掌状、ミヤマキンポウゲは鳥足状で見分けられます。

乗鞍岳 畳平 お花畑 雷鳥の碑
(9:10)
お花畑は15分ほどで周回して雷鳥の碑まで戻って来ました。
富士見岳でライチョウが見られたと聞きましたが見過ごしてしまいました・・・

乗鞍岳 畳平 お花畑 ハクサンイチゲ 群落
雷鳥の碑から畳平までも見事に花が咲き誇ります。
ハクサンイチゲとシナノキンバイの群落は見事でした。

乗鞍岳 畳平 イワギキョウ
畳平の石垣にイワギキョウが咲いていました。
チシマギキョウと違って花に毛がありません。

乗鞍岳 畳平 乗鞍バスターミナル
(9:20)
畳平まで戻って来ました。
まだ9時半か・・・と思いつつも3時半から動いているので6時間。
平湯に向かう前に腹ごしらえをして行きます。

乗鞍岳バスターミナル 軽食コーナー 天ぷらそば
天ぷらそばにソフトクリームでしっかりカロリーをチャージ。
温かい食べ物を身体に入れるとほっとしますね。

乗鞍岳 平湯・乗鞍新登山道マップ
案内所で平湯・乗鞍新登山道マップをいただくことができました。
下りのコースタイムは11.6kmを約5時間・・・ここからが本番です!

4年振りに訪れた乗鞍岳は新鮮な気持ちで登ることができました。
体力的な余裕に加え、花々の知識、アルプス同定が可能になったことで楽しさが倍増。
そのおかげで前回よりもぐっと充実した記事を書くことができました。

山頂まで登らなくとも森林限界を超えた世界とお花畑だけでも十分楽しむことができます。
登山者ならば山頂の乗鞍本宮までがんばって登山守を購入しましょう。


後編は平湯・乗鞍新登山道をレポートしています。

高山植物と稜線歩きの下山ルート 乗鞍岳 平湯・乗鞍新登山道



最後まで読んでくださってありがとうございます!
乗鞍岳に興味が湧いた人は応援クリック ⇒ out 登山ランキング

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう