谷汲山 華厳寺 本堂 提灯
初登山の同行者を連れて谷汲山こと妙法ヶ岳へ!
初詣で馴染みのある華厳寺、その奥之院への参道から登ります。

book 概要

揖斐郡揖斐川町谷汲にある、標高666mの山「妙法ヶ岳」
華厳寺建立時、谷間から油が湧き灯明に事欠かなかった古事より
谷汲山と呼ばれ、一般にはこちらの方が知られています。

主な登山ルートは2ルート
・東海自然歩道( 横蔵寺 ⇒ 妙法ヶ岳 ⇒ 奥之院 ⇒ 神海公民館 )
・華厳寺ルート( 山門 ⇒ 華厳寺 ⇒ 奥之院 ⇒ 妙法ヶ岳 )

今回は最短の華厳寺ルートを登って来ました。

日程 2015年7月11日
ルート 華厳寺 ⇒ 奥之院 ⇒ 妙法ヶ岳
登山口ナビ Googleマップで「谷汲山華厳寺」を検索!
三角点 妙法ヶ岳 三等三角点 「岐礼」
周辺情報 揖斐川町谷汲観光駐車場 700台 400円(日・祝及び特定期間)

camera 写真館

谷汲山 華厳寺 奥之院 東海自然歩道 ヤマヒル
載せ切れない写真はこちら ⇒ 妙法ヶ岳 華厳寺ルート-flickr

pen トレッキングレポート

谷汲山 華厳寺 山門
(13:40)
山門をくぐり左手に町営駐車場があります。
桜と紅葉の季節以外は無料開放されているようです。

谷汲山 華厳寺 仁王門
(13:50)
門前町を通り抜けて仁王門をくぐり華厳寺境内へ。

谷汲山 華厳寺 本堂
(13:55)
三十三度石・百度石を過ぎ、手を清め、本堂への石段を上がります。

谷汲山 華厳寺 本堂 提灯
この山行の無事を祈り参拝!

谷汲山 華厳寺 満願堂
(14:00)
本堂を左へ抜けて段差の大きな石段を登り満願堂へ。

谷汲山 華厳寺 奥之院入口
満願堂の右手が奥之院への入口です。
三猿ならぬ三狸・・・見狸、言わ狸、聞か狸。
これでは意味が通じませんね。由来が気になりますね。

谷汲山 華厳寺 奥之院 分岐
(14:05)
林道との合流地点は案内通り直進します。

華厳寺 第七番 東光山岡寺
奥之院まで33体もの石仏が導いてくれます。
こちらは第7番 東光山岡寺の石仏。

谷汲山 華厳寺 奥之院 登山道
登山道と言うよりも参道。
広く良く踏まれています。

谷汲山 華厳寺 奥之院入口 東海自然歩道合流点
(14:15)
ここから東海自然歩道へ合流します。
右に進めば神海へ・・・東海自然歩道も歩かねば!

谷汲山 華厳寺 奥之院 東海自然歩道
お馴染みの足に優しくない丸太階段が表れました。
初登山の同行者は筋力・体力をみるみる奪われて行きます。

谷汲山 華厳寺 奥之院 東海自然歩道
ちょっとした渡渉ポイントも。
滑りそうな石は避け、浅いところを選んで渡ります。

谷汲山 華厳寺 奥之院 東海自然歩道 ヤマヒル
そろそろヤマヒルが心配・・・と足元に目線を落とせばいた!
塩は持ち合わせていないのでデコピンで駆除。

谷汲山 華厳寺 奥之院 東海自然歩道 滝
(14:38)
「黒龍大神」の石碑のある滝。
名のある滝でしょうか?

谷汲山 華厳寺 奥之院 東海自然歩道 林道出合
(14:40)
林道に出ますがそのまま石段を登って行きます。

谷汲山 華厳寺 奥之院 東海自然歩道 橋
(14:45)
しっかりとした偽木の橋を渡ります。
ここでもヒルチェック・・・大丈夫!

谷汲山 華厳寺 奥之院 東海自然歩道
(14:50)
ヒルゾーンを抜けて登山道らしき雰囲気に。

谷汲山 華厳寺 奥之院
(14:55)
石灯篭が見えれば奥之院はすぐそこ!
・・・と言うか既に見えてる!

谷汲山 華厳寺 奥之院
(14:55-15:10)
ゆっくりでも1時間掛からず奥之院へ到着。
奥に湧き水を引いた水場があります。
慣れない同行者をしっかり休ませてシュークリームでチャージ!

妙法ヶ岳 東海自然歩道 お堂
(15:18)
少し登ったところで休憩できそうな小屋がありますが
湧き水のせいか足元はずぶ濡れでヤマヒルも・・・。

妙法ヶ岳 東海自然歩道 水場
小屋の左奥に向かえば岩穴から水が湧いています。
穴内は冷んやりとして心地良く水も冷たくて美味しい!

妙法ヶ岳 東海自然歩道
ここからは参道を離れて妙法ヶ岳の登山道へ。
鉄塔巡視路に迷い込まないように注意してください。

妙法ヶ岳 展望スポット
こちらが唯一の展望スポット。

妙法ヶ岳 東海自然歩道 卵
痰・・・と思ったらそこら中にあります。
昆虫の卵かな?

妙法ヶ岳 東海自然歩道
(16:00)
尾根に出れば緩やかに高度を上げるのみ!

妙法ヶ岳 東海自然歩道
ここで初めての倒木が出てきますが軽く跨いでいきます。

妙法ヶ岳 東海自然歩道
妙法ヶ岳 山頂への最後の登り。
丸太階段の脇を通り、足の消耗を避けましょう。

妙法ヶ岳 山頂広場
(16:18-20)
展望も山名板もない妙法ヶ岳の山頂へ到着。
2年前は山名板があったのに・・・。

妙法ヶ岳 花
(16:25-35)
少し進んみ鉄塔で出るものの展望は得られず。
慰めるように花が咲いていました。

クリームパンをチャージして後に
足がガクガクの同行者に合わせゆっくり下山。
つった足を揉みほぐしながら2時間で降りることができました。

満願の湯 朴葉味噌定食
満願の湯 食堂でいちオススメの朴葉味噌定食をいただきました!
華厳寺前の料理旅館 立花屋で仕込まれた味噌が絶品です!

初登山を考慮に入れた上で選んだ谷汲山こと妙法ヶ岳ですが
それでも同行者の足はガクガクプルプル。
体力的には耐えられるものの筋力が悲鳴を上げていました。

ここまでの状況は初めてだったのでびっくり!
金華山・百々ヶ峰くらいから始めるべきだったかもしれません。
近いからと言う理由で池田山にしなくて本当に良かった・・・。

最後まで読んでくださってありがとうございます!
妙法ヶ岳 華厳寺ルートに興味が湧いた人は応援クリック ⇒ 登山ランキング

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう