金糞岳 花房コース 金糞岳
用事に天候不順が続き一ヶ月・・・きつ目の山が良いな。
伊吹山に続く滋賀第二の高峰、金糞岳を登って来ました!

概要

滋賀県長浜市高山町と岐阜県揖斐川町坂内に跨る標高1,317の山「金糞岳」
伊吹山地に属し、伊吹山に続く滋賀県第二の高峰です。

高山キャンプ場 金糞岳 登山案内図(金糞岳 登山案内図-高山キャンプ場)

主な登山ルートは3ルート
・鳥越峠ルート( 高山キャンプ場 ⇒ 鳥越林道 ⇒ 鳥越峠 ⇒ 金糞岳 )
・中津尾根ルート( 高山キャンプ場 ⇒ 関西電力作業道 ⇒ 小森口 ⇒ 連状口 ⇒ 金糞岳 )
・花房コース( 高山キャンプ場 ⇒ 奥山 ⇒ 白倉岳 ⇒ 金糞岳 )

健脚向けの花房コースを登り、中津尾根で下る周回ルートを歩いてきました。

日程 2015年7月12日
ルート 花房コース ⇒ 金糞岳 ⇒ 中津尾根
登山口ナビ Googleマップで「滝と渓流の高山キャンプ場」を検索!
三角点 奥山 三等三角点 「深谷2」
白倉岳 二等三角点 「深谷1」
周辺情報 高山キャンプ場 駐車料金 300円(8:30-17:00)

写真館

金糞岳 花房コース アマチャ
載せ切れない写真はこちら ⇒ 金糞岳 花房コース~中津尾根-flickr

トレッキング日記

高山キャンプ場 案内板 (8:45)
金糞岳へは高山キャンプ場から!
まずはもりもり案内館で駐車場受付を済ませます。

高山キャンプ場 もりもり案内館
橋を渡ってすぐ左がもりもり案内館。
駐車料金は300円とリーズナブル!

高山キャンプ場 金糞岳 登山案内図
キャンプ場前には金糞岳 登山案内図があります。
花房コースは金糞岳まで8時間5分・・・健脚だからきっと大丈夫!

高山キャンプ場 滝谷林道
(8:50)
まずは夫婦の滝へ続く滝谷林道を進みます。

金糞岳 花房コース 登山口
すぐの分岐が花房コース登山口です。
登山案内図では分かりにくいので注意してくださいね。

金糞岳 花房コース 登山道
キャンプ場から少し歩けばもうハイカーの世界!
まぶしいまでの緑が本当に久しぶり!やっと来れた!

金糞岳 花房コース 鉄塔
(8:55)
二回折り返して鉄塔をくぐります。

金糞岳 花房コース 倒木
倒木に騒がしいまでの緑。
花房コースはあまり歩かれていないのかもしれませんね。

金糞岳 花房コース 登山道
(9:10)
明瞭な尾根道に入り心地良い風が迎えてくれます。
この暑いなかこの風が本当にありがたい。

金糞岳 花房コース 登山道
分岐が何度が出てきますがすぐに合流します。
心配せず楽そうな方を選びましょう。

金糞岳 花房コース 登山道
凹型の登山道は内部より縁が歩きやすくておすすめです。
縁へ上がる踏跡を見つけたら上がりましょう!

金糞岳 花房コース いちの足
(10:30)
1時間半でパンツは愚か膝下まで汗でぐっしょりです・・・
ここまで汗をかくのも珍しい。

金糞岳 花房コース 滝谷頭
(10:50)
展望のない中、2時間歩き続けて滝谷頭へ。
案内図ではここまで3時間半・・・何かの間違いですね。

金糞岳 花房コース 花
展望が得られずとも視線を足元に落とせば
この小さなお花が元気をくれます。元気花!

金糞岳 花房コース 森のアーチ
森のアーチ「ようこそ金糞岳へ!ここからが本番ですよ!」
目にすると脳裏に響くのは自分だけでしょうか?

金糞岳 花房コース 奥山 山頂広場
(11:20-30)
三等三角点のある奥山へ到着。
眺めを楽しみながら腰を下ろすも日陰がなくきつい!

金糞岳 花房コース 奥山から白倉岳・金糞岳
目指す白倉岳に金糞岳。
2時間半登ってもまだまだ遠い。

金糞岳 花房コース 登山道
背の低い緑のトンネルは腰を落として進みます。

金糞岳 花房コース ゴロウ頭
(12:05)
危うく見落とし掛けたゴロウ頭。
小広場ですが登りでは振り返らないと看板が見えません。

金糞岳 花房コース アマチャの群落
アマチャの群落が激励!足が軽くなります!

金糞岳 花房コース 八草出合い
(12:30)
八草峠へと分岐する八草出合い。

金糞岳 花房コース 八草出合い 八草峠方面
八草峠への道は完全に埋没しています。
「滋賀県の山」ではここから金居原へ縦走ルートが紹介されていますが・・・

金糞岳 花房コース 登山道
気付けば背丈を超える熊笹に囲まれています。
風は遮られ頭上からは直射日光・・・きつい!

金糞岳 花房コース 振り返り
(12:50)
やっと展望が得られました!風が気持ち良い!
こちらは登って来た花房コース。

金糞岳 花房コース 白倉岳
前衛峰の白倉岳はもう目前です!

金糞岳 花房コース 白倉岳 山名板
(13:00-13:10)
登山口から4時間10分で白倉岳を踏破!
できればこの時間には金糞岳にいたかった・・・。
軽くカロリーチャージして先を急ぎます。


金糞岳 花房コース カラマツソウ金糞岳 花房コース アザミ
金糞岳 花房コース ヨツバヒヨドリ金糞岳 花房コース ノリウツギ

稜線上の花々を力に変えて金糞岳へラストスパート!

金糞岳 花房コース 金糞岳
気付けは金糞岳がこんなに近くに!

金糞岳 花房コース 白倉岳 岩場
白倉岳の下りは急な岩場が続きます。
これまで単調だったので楽しい!

金糞岳 花房コース 「もうすこしだガンバレ!!」
白倉峠はいつの間にか通り過ぎると励ます為だけの看板。
「おっし!がんばる!」もう何でも力にしちゃいます。

金糞岳 花房コース 登山道
再び背丈ほどの熊笹をかき分けて進めば・・・

金糞岳 山名碑
(13:45-14:15)
猛暑の中、歩き続けること5時間・・・金糞岳山頂です!
ここまで本当に長かった!
北へ降りれば三角点もありますが断念。

金糞岳 山頂南側
「滋賀県の山」では360度の大展望が広がる・・・とありましたが
本当にこの山のことなんでしょうか・・・?
春先は花いっぱいで展望も得られたようです。残念。

金糞岳 中津尾根コース方面
食事休憩をたっぷり30分取って中津尾根へ向かいます。
急がないと高山キャンプ場が閉まってしまう!

金糞岳 中津尾根コース 伊吹山方面
南側の展望が得られるも伊吹山は完全に雲の中・・・

金糞岳 中津尾根コース 崩落
崩落しているところもありますがしばらくは大丈夫そう。

金糞岳 中津尾根コース 登山道
花房コースとは一変し、滑りやすく岩が多い道が続きます。

金糞岳 中津尾根コース 「頂上まで35分」
(14:30)
頂上まで35分・・・頂上から15分だしそんなもんかな?

金糞岳 中津尾根コース 鳥越林道分岐
(14:40)
坂内村登山口分岐。こちらが金糞岳の最短ルートですね。
中津尾根へは右の登り返しを進みます。

金糞岳 中津尾根コース 大朝頭
(14:45)
登り返しを登り切ったところが大朝頭。

金糞岳 中津尾根コース 金糞岳を振り返る
少し下って再び登り返し。振り返ると金糞岳がどーん!

金糞岳 中津尾根コース 小朝頭
(14:55-15:00)
小広場となっている小朝頭。
少し早いけど登り返しに疲れて一服。

金糞岳 中津尾根コース 登山道
小朝頭を過ぎるとまた緑が濃くなります。
鳥越峠ルート以外はあまり歩かれていないのでしょうね。

金糞岳 中津尾根コース 連状口
(15:25)
林道出合の連状口。展望駐車場も!
展望駐車場左の作業道を進みます。

金糞岳 中津尾根コース 登山道入口
作業道が右に折れたところから再び入山します。
ちょっと分かりにくいので注意してください。

金糞岳 中津尾根コース 登山道
あまり歩かれていない登山道。もしかして旧道かな?
迫り出した枝が低く、腰を落として進みます。

金糞岳 中津尾根コース 登山道
数分も歩けば踏まれた登山道へ戻ります。
ずっとあのままだったらどうしようかと・・・

金糞岳 中津尾根コース 登山道
心地良い尾根道に駆け出してみるものの全く続かず。
想像以上に暑さによる消耗が激しいようです。

金糞岳 中津尾根コース 登山道
落ちた花がポップコーンに見えて・・・
「ポップコーン食べたいなぁ。喉が渇くからダメか・・・」

金糞岳 中津尾根コース 小森頭
(15:55-16:00)
登山案内板にない小森頭。
ほど良い時間なのでここでも一服。

金糞岳 中津尾根コース 小森口
鳥越林道出合の小森口。
見ての通り草がすごい!肌を出していると切れそうです!

金糞岳 中津尾根コース 登山道入口
(16:10)
林道を横切ってそのまま入山。
木の看板は足元に埋もれてしまっていました。

金糞岳 中津尾根コース 登山道
久しぶりに杉林に戻って来ました。
つづら折れにゆっくり高度を下げて行きます。

金糞岳 中津尾根コース 砂防ダム
(16:30)
砂防ダム周辺は草をかき分けて行きます。
2Lの水分は既に枯渇・・・水が飲みたい!

金糞岳 中津尾根コース 水場
無理なく沢に降りれるところで給水。
沢の水を飲むのは初めてでしたが問題ありませんでした。
ここで飲んだ水が本当に美味しかった!

金糞岳 中津尾根コース 鉄橋
(16:35)
片側しかない鉄橋を渡り関西電力の作業道を戻ります。
ここまで来れば一安心かな?

金糞岳 中津尾根コース 白谷口
作業道に入ってすぐのこちらの分岐は左へ。
直進すれば閉鎖された深谷ルートへ続きます。
国土地理院地図からも抹消されてしまいました。

金糞岳 ダム管理道
走れないので歩幅を広げて何とか早歩き!
右手に大きな鉄塔が見えれば高山キャンプ場はすぐ!

17:10に高山キャンプ場へ到着!
自販機で一気に850mlの水分を摂取して一息。

一ヶ月のブランクに急な気温上昇もありましたが
ここまで身体が動かなくなることにびっくりしました。
これからは水分量を増やさねばなりませんね。

金糞岳はなかなか展望が得られない試練の道が続きます。
花房コースでは4時間半、中津尾根では小朝頭辺りからでしょうか?
無理なく楽しむなら鳥越峠ルートをお勧めします。

最後まで読んでくださってありがとうございます!
金糞岳 花房コース~中津尾根に興味が湧いた人は応援クリック⇒登山ランキング

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう