岐阜のマチュピチュ 天空の遊歩道 絶景スポット
テレビやフリーペーパーに取り上げられ人気急上昇中の岐阜のマチュピチュこと上ヶ流茶園。
駐車場から20分ほど歩けば、茶畑を一望できる絶景ポイントへ!

book 概要

揖斐郡揖斐川町春日六合、標高330mにある上ヶ流地区。
安政4年(1857年)より、寒暖の差を活かし農薬不使用、有機栽培の上ヶ流茶栽培が営まれています。
「天空の里」「天空の茶畑」として一定の知名度を誇っていました。
地元有志が一年近く掛けて遊歩道を造り、瞬く間に脚光を浴びるスポットとなりました。

ほとんどの人は絶景ポイントを往復するようですが、そこはトレッキングブログ。
天空の遊歩道をぐるっと一周歩いてきました。

日程 2016年6月4日
ルート 天空の遊歩道入口 ⇒ 絶景ポイント ⇒ 林道 ⇒ 天空の遊歩道入口
登山口ナビ Googleマップで「天空の遊歩道 駐車場」を検索!
三角点 このルート上に三角点はありません
周辺情報 第一駐車場 10台
吉田茶園前駐車場 4台

camera 写真館

岐阜のマチュピチュ 天空の遊歩道入口 案内所
載せ切れない写真はこちら ⇒ 岐阜のマチュピチュ-flickr

pen トレッキングレポート

岐阜のマチュピチュ 天空の茶畑 樫村バス停分岐
岐阜のマチュピチュ、上ヶ流茶園へは県道32号を西進。
樫村バス停すぐを右へ入ります。

岐阜のマチュピチュ 天空の茶畑 第二駐車場
(14:00)
10分ほど車を走らせて吉田茶園前の駐車場へ。
先に第一駐車場もありますが、混雑を踏まえこちらへ駐車。
第一駐車場まではおよそ200m。車道を歩いてきます。

岐阜のマチュピチュ 天空の茶畑
車道から見える上ヶ流茶園・・・天空の茶畑に納得!
この茶畑を見下ろせばマチュピチュに・・・?

岐阜のマチュピチュ 天空の茶畑 分岐
気になる分岐がありますが、天空の遊歩道入口はもう少し先。
もしかしたら天空の遊歩道に合流しているのかもしれませんね。

岐阜のマチュピチュ 天空の茶畑 天空の遊歩道入口
(14:10)
手作りの温もり溢れる天空の遊歩道入口。
仮設ながらにトイレもあります。

岐阜のマチュピチュ 天空の遊歩道 第一駐車場
第一駐車場は神社脇に車が続く続く・・・。
さすが今まさに旬の観光スポット!

岐阜のマチュピチュ 天空の遊歩道入口 案内所
ボランティアが2名案内されています。
上ヶ流茶の試飲サービスはこれからの季節、特に重宝されそうです。

岐阜のマチュピチュ 天空の遊歩道
茶園を楽しみながらの舗装路歩き。
規則正しく刈り込まれた茶畑をこの距離で見るのは初めて。
茶摘み体験体験も催されているようでいつかやってみたいですね!

岐阜のマチュピチュ 天空の遊歩道 御所の馬場石碑
茶畑に突如表れる小島城主 土岐頼康 居宅跡。
上ヶ流茶園への道中に小島城跡への看板があります。
城より上に居宅があるのが不思議な感じ。

岐阜のマチュピチュ 天空の遊歩道入
残念ながら茶畑とはここでお別れ。
本格的に天空の遊歩道へ入って行きます。

岐阜のマチュピチュ 天空の遊歩道
曲がってすぐにある烏帽子岩分岐。
薄そうな道だけど、案内はしっかり・・・次回のお楽しみ!

岐阜のマチュピチュ 天空の遊歩道 AB分岐
(14:15)
ショートカットの坂道分岐。距離は縮み、傾斜は増します。
今回は一般向け重視のAコースを進みます。

岐阜のマチュピチュ 天空の遊歩道 絶景ポイントまで100m地点
(14:20)
絶景ポイントまで100m地点を折り返すと登りが始まります。

岐阜のマチュピチュ 天空の遊歩道
観光スポットだけあって山に慣れている方ばかりではありません。
この狭い階段は渋滞気味でした。

岐阜のマチュピチュ 天空の遊歩道 絶景スポット
(14:25)
開けて来たので見下ろしてみればあの景色が広がっていました。
これが岐阜のマチュピチュです!

岐阜のマチュピチュ 天空の遊歩道 絶景スポット
絶景スポットには丸太ベンチも整備されています。
絶景を楽しんでいれば、体力の回復も早そうですね!

岐阜のマチュピチュ 天空の遊歩道
絶景スポットで終わりと思いきや、天空の遊歩道は更に奥へと続きます。

岐阜のマチュピチュ 天空の遊歩道 林道合流
(14:40)
やがて林道へ合流しました。
後付けされた「天空の」の下に何が書かれてるんでしょう?

岐阜のマチュピチュ 天空の遊歩道 林道合流 案内板
天空の遊歩道は林道を左に降りて行きます。
少し右に進んでみたもののマチュピチュは見えず・・・。

岐阜のマチュピチュ 天空の遊歩道 林道
ほとんどの人は林道まで来て引き返していました。
だからこそ慣れてる人がレポートせねば!

岐阜のマチュピチュ 天空の遊歩道 コアジサイ
林道沿いはコアジサイが見頃を迎えています。
写真はありませんがマムシグサも確認しました。

岐阜のマチュピチュ 天空の遊歩道 P782分岐
(14:55)
伊吹山が一望できるP782への分岐。
P782には四等三角点「千代保」があります。
こちらは山に慣れたハイカー向けでしょう。

岐阜のマチュピチュ 天空の遊歩道 舗装路
資金が投入されたか偶然かまだ新しい補修個所。
しかし、こちらを歩かれている人が全くいません。

岐阜のマチュピチュ 天空の遊歩道 林道分岐
(15:05)
坂道を上れば茶畑へと戻ることができますが遠回り。
素直に林道を行きましょう。

岐阜のマチュピチュ 天空の遊歩道 獣避け網
(15:10)
獣避けの網は右の支柱を引き抜いて通ることができます。
天空の遊歩道入口まで数分でした。

メディアに大きく紹介された岐阜のマチュピチュこと上ヶ流茶園。
地元有志による遊歩道は丁寧に整備され、案内もしっかり。
今後更に整備を進める計画もあるようです。

周辺には薬草風呂の楽しめる「かすがモリモリ村」や湧水「教如上人御清水 潤いの泉」
ハイカー目線で言えば、伊吹山北尾根、貝月山、鍋倉山等、山も充実しています。
これを機会にこの地域が盛り上がっていけば良いですね!
この記事がわずかながらでもその助けになればと思います!

最後まで読んでくださってありがとうございます!
岐阜のマチュピチュ 上ヶ流茶園に興味が湧いた人は応援クリック⇒登山ランキング

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう