鎌ヶ岳 県境稜線縦走路 南陵
歩けば崩れそうなガレた山容に一目で魅了され
念願の鎌ヶ岳を登ってきました!

book 概要

三重県三重郡菰野町と滋賀県甲賀市にまたがる鈴鹿山脈中部の標高1,161mの山「鎌ヶ岳」
槍ヶ岳にも似た鋭く尖った山容で、鈴鹿の槍ヶ岳やマッターホルンとも呼ばれることも。
今回は馬の背尾根~長石尾根を歩いてきました。

日程 2014年11月16日
ルート 馬の背尾根 ⇒ 鎌ヶ岳 ⇒ 長石尾根
登山口ナビ Googleマップで「三岳寺」を検索!
そのまま突き当たりまで進むと無料駐車場があります。

camera 写真館

鎌ヶ岳 山頂直下より鎌尾根
載せ切れない写真はこちら ⇒ 鎌ヶ岳 馬の背尾根~長石尾根-flickr

pen トレッキングレポート

御在所岳中登山口前駐車場
(7:00)
今日は2座の登頂を目指して湯の山温泉最奥部の駐車場で車中泊。
16台のスペースの奥には更に54台分の駐車場があります。
シャトルバス運行時間までは鈴鹿スカイラインに出られないようです。

鎌ヶ岳 馬の背尾根登山口 三岳寺への石段
(7:20)
馬の背尾根登山口は三岳寺の奥。
長石谷登山口を通過し、寿亭横の石段を登ります。
・・・どうやら手前の蔵の助から行けたようです遠回り。

鎌ヶ岳 馬の背尾根登山口 三岳寺
(7:25)
こちらが三岳寺。1階が倉庫で2階がお寺でしょうか?
ちょっと遠いけど、安全祈願!

鎌ヶ岳 馬の背尾根登山口 三岳寺 観音山遊歩道
西国三十三観音石仏像が祀られる観音山遊歩道を登って行きます。

鎌ヶ岳 馬の背尾根登山口 三岳寺  観音山遊歩道 展望台
(7:35)
登り切れば展望台。この高さでもなかなかの景色です。
観音山遊歩道は後日歩き直して寺カテゴリに追加しても良いかも?

鎌ヶ岳 馬の背尾根登山口
振り返ればそこが馬の背尾根登山口。
ここから鎌ヶ岳への山行が始まると思うとテンション急上昇!

鎌ヶ岳 馬の背尾根 登山道 ザレ尾根
馬の背尾根の名の通り、ザレた感じの尾根が始まります。
金華山も須磨アルプスも馬の背と名が付くところは大好きです!

鎌ヶ岳 馬の背尾根登山 やせ尾根
ザレた感じがなくなり、次は痩せてきました。
やはりこちらも気持ち良い!

鎌ヶ岳 馬の背尾根 湯の峰
(8:15)
まずは湯の峰へ到着。高度だけなら半分、距離は約1/3。
まったりペースながら悪くないスピードです。

鎌ヶ岳 馬の背尾根 登山道 ザレ尾根
湯の峰過ぎの下りはこれぞ馬の背!といった感じのザレ尾根です。
真っ白なザレ尾根がとっても新鮮。

鎌ヶ岳 馬の背尾根 登山道から御在所ロープウェイ
少し進むと御在所岳方面の展望が開け、ロープウェイが確認できました。
山頂部がガスっていますね・・・鎌ヶ岳の山頂は大丈夫かな?

鎌ヶ岳 馬の背尾根から鎌ヶ岳
急登を超え、やっと鎌ヶ岳がその姿を表しました。
あれに間違いないんだけど、写真とは随分違いますね・・・。

鎌ヶ岳 馬の背尾根 白ハゲ前 登山道
急登後の休憩と言わんばかりになだらかな登山道の先に白ハゲの岩場。
息が続くわけもないのに駆け出すことを止められません。

鎌ヶ岳 雲母峰-鎌ヶ岳登山道 馬の背尾根分岐峠
(9:15)
雲母峰と馬の背尾根分岐へ到着!
雲母峰は「三重県の山」にも収録されています。
また会いに来るからね!

鎌ヶ岳 雲母峰-鎌ヶ岳登山道 白ハゲ ザレ尾根
白ハゲの岩場へ続くザレた痩せ尾根。
本当にこの登山道が大好きです!

鎌ヶ岳 雲母峰-鎌ヶ岳登山道 白ハゲから雲母峰
白ハゲの巨岩群と雲母峰。後ろには四日市市街と伊勢湾が広がります。

鎌ヶ岳 雲母峰-鎌ヶ岳登山道 白ハゲから馬の背尾根
ここまで登ってきた馬の背尾根を振り返り。
登頂したわけでもないのにじわじわと達成感がこみ上げてきます。

鎌ヶ岳 雲母峰-鎌ヶ岳登山道 白ハゲ たっくん
白ハゲの岩場上から御在所岳を見つめるたっくん。
すごい腰が引けてるよ!

鎌ヶ岳 雲母峰-鎌ヶ岳登山道 白ハゲ後の急登
白ハゲの岩場を抜けると急登!
ロープもありますが足元しっかりで問題ありません。

鎌ヶ岳 雲母峰-鎌ヶ岳登山道 カズラ谷分岐
(9:40-45)
カズラ谷分岐へ到着。馬の背尾根分岐に続く二つ目の分岐です。
鎌ヶ岳・宮越山・入道ヶ岳と周回する時に使えそう。

鎌ヶ岳 鎌ヶ岳・カズラ谷登山道 鎌尾根分岐
(9:55-10:15)
鎌尾根分岐の奥に鎌ヶ岳の山頂が見えてきました!
たっくん待ちでしばらくお預けを食らいます・・・。

鎌ヶ岳 県境稜線縦走路・雲母峰道分岐 岳峠
(10:18)
すぐに岳峠へ!ここまで来たら山頂は目前です。

鎌ヶ岳 県境稜線縦走路 南陵パノラマ
素晴らしくかっこいい鎌ヶ岳山頂。
そう・・・これをこの目で見たくて来たんだ!

鎌ヶ岳 山頂直下より鎌尾根パノラマ
鞍部へ向かいながら振り返ると鎌尾根の天辺に人が!
今回は残念ですが絶対にあのルートも踏破してやる!

鎌ヶ岳 山頂碑
(10:35)
山頂直下の急登も胸の高鳴りが疲れを忘れさせてくれました。
興奮と共に鎌ヶ岳山頂へ到着!
さすが鈴鹿の人気山。20名以上のハイカーが眺望を楽しんでいます。

鎌ヶ岳から御在所岳
正面には昨年登った御在所岳がドーン!
本谷から御在所へ登り、武平峠を経て鎌ヶ岳へ縦走も良いな。
この登山ルートの幅広さが鈴鹿山脈の魅力ですね。

鎌ヶ岳 仙ヶ岳・宮越山・入道ヶ岳方面
仙ヶ岳・宮越山・入道ヶ岳方面。
調べてみたら仙ヶ岳って遠っ!
鈴鹿セブンマウンテンをそれぞれ単独踏破したら・・・

鎌ヶ岳 県境稜線縦走路 長石尾根分岐
(11:00)
20分ほど眺望を楽しみつつカロリーチャージを済ませ
帰りは長石谷・・・の予定が間違えて長石尾根へ。
長石谷は岳峠からでした。

鎌ヶ岳 長石尾根 展望地
(11:05)
少し進むとこちらにも展望地。
山頂が混雑している時はこちらがお勧めです!

鎌ヶ岳 長石尾根 ロープ場
しばらくロープありの急降が続きます。
トレランナーはこんなところも駆け下りるんでしょうか・・・。

鎌ヶ岳 長石尾根から御在所岳
長石尾根は御在所岳を眺めながら歩くことができます。
また中登山道も登りたいなぁ

鎌ヶ岳 長石尾根 痩尾根
走れる程度になだらかになってきました。
次もあるし、一気に駆け下りる!

鎌ヶ岳 長石尾根 三ツ口谷分岐
(11:25)
三ツ口谷への分岐はもちろん長石尾根を継続。
登りのハイカーが唖然とした表情で「元気ですねー」と。
下りって足場が許せば走りたくなりませんか?

鎌ヶ岳 長石尾根 三ツ口谷分岐
(11:35)
どうも国土地理院の地図にない三ツ口谷分岐があるようです。
こういうことがたまにあるから油断できない。

鎌ヶ岳 長石尾根 登山道 危険個所
(11:55)
一つ間違えると足を捻りそうな危険個所。
こういう何でもないところが意外と危ないんです。

鎌ヶ岳 長石尾根 石門
(11:57)
こんな細いとこ通れるかー?と思いきや難なく通過。
思ったほど細くなかったのか自分が思ったより細いのか・・・

鎌ヶ岳 長石尾根 ふかふか枯葉絨毯
(12:10)
枯葉がふかふか!あまり踏まれていないようです。
長石尾根はあまり人気がないんでしょうか?

鎌ヶ岳 長石尾根 分岐
(12:10)
ちょっぴり困った案内のない分岐。
無難に直進・・・正解でした!

鎌ヶ岳 長石谷・長石尾根分岐
(12:15)
やっと長石谷・長石尾根分岐へ到着。終わりが見えて来た!

鎌ヶ岳 長石谷・長石尾根登山道 渡渉ポイント
(12:20)
最後に渡渉ポイント。石が大きく足を濡らす心配はありません。

鎌ヶ岳 長石谷登山口
(12:25)
長石谷登山口へ到着。お疲れさまでした!
たっくんは1時間遅れでゴール・・・参考タイム通りでした。

鎌ヶ岳は憧れを裏切らない素晴らしいお山でした。
白ハゲの岩場に見るだけでもワクワクする鎌尾根
南陵は1,000m級とは信じられないかっこいい山容です。
四日市方面を望めば伊勢湾が見えるのも良いですね。

登りながら次はあのルートに挑みたいとどんどん夢が膨らみます。
伸ばそうと思えばどこまでも伸びる鈴鹿は本当に懐が広いですね。
人気の理由がよーく分かりました!

今回は随分長くなってしまいましたが
最後まで読んでくださってありがとうございました!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう