池田山 林道
知らない間に新登山道・・・大津谷登山道が開通!
2年半ぶりに池田山の頂に行ってきました。

概要

伊吹山地の一角で標高923.9mの山「池田山」
金華山と並び東海地方有数の夜景スポットとしても知られています。
西濃では伊吹山に次ぐ人気の山です。

主な登山道は2ルート
・霞間ヶ渓登山道( 霞間ヶ渓 ⇒ ハングライダー発進基地 ⇒ 森の駅 ⇒ 池田山 )
・大津谷登山道( 大津谷 ⇒ 森の駅 ⇒ 池田山 )

2015年10月25日に開通した大津谷登山道を歩いてきました。

日程 2016年1月11日
ルート 大津谷登山口 ⇒ 森の駅 ⇒ 池田山
登山口ナビ Googleマップで「大津谷公園キャンプ場」を検索!
少し登って一本目を南に向かえば大津谷登山道入口です。
三角点 P513 四等三角点 「願成寺」
池田山 二等三角点 「池田山」
周辺情報 駐車場 大津谷登山道入口 10台
大津谷公園 大駐車場 50台
池田温泉 大人500円 小人300円

写真館

大津谷
載せ切れない写真はこちら ⇒ 池田山 大津谷登山道-flickr

トレッキング日記

池田山 大津谷登山口
大津谷公園キャンプ場からなら南へ数分歩けば大津谷登山道入口です。
案内板が分かりやすくて良いですね。

池田山 大津谷登山口 駐車場
車のまま進入すると10台ほどの駐車スペースがあります。
満車のときは大津谷公園に大駐車場があります。

池田山 大津谷登山口 ご案内
案内板によると大津谷登山道は2.84km。
その後、霞間ヶ渓登山道へ合流し山頂に至ります。

池田山 大津谷登山道 ゲート
(10:25)
獣避けのゲートは鎖とフランス落としの二重施錠。
閉め忘れ厳禁です。

池田山 大津谷登山道 分岐
柵を抜けてすぐ右へ登って行きます。

池田山 大津谷登山道
丸太でしっかり補強されています。
旧道らしき踏跡も残っていて近道も可能です!

池田山 大津谷登山道
土の階段・・・スコップで叩いて作ったんでしょうか?
この姿をどれくらい維持できるんだろう・・・

池田山 大津谷登山道
霞間ヶ渓登山道と同じく最初から急登!
身体が温まるまでがきつい!

池田山 大津谷登山道 終点まで2.48km
(10:35)
終点まで2.48km地点。何ともキリの悪い・・・

池田山 大津谷登山道 尾根
心地良い尾根道。あちこち切り開いた跡が見られます。
さすが公式登山道!

池田山 大津谷登山道 鉄塔巡視路階段
鉄塔巡視路で見かける黒い奴。
元々は鉄塔巡視路で整備して公式認定したのかもしれませんね。

池田山 大津谷登山道 眺望
終点まで2.14km地点を越え、振り返ると開けてきました。
揖斐は登っていますが手前から2列ほどが分かるのみ・・・
いつになったら全ての山を把握できるかな?

池田山 大津谷登山道 アセビ園
アセビの園を横切ります。春が楽しみ!

池田山 大津谷登山道
何故かワクワクした尾根道。
この辺りは歩いていて本当に楽しかった!

池田山 大津谷登山道 終点まで1.84km
(11:00)
終点まで1.84km地点・・・やっと1kmです。

池田山 大津谷登山道 急登
この急登がきつかった!
下りで走ることができない傾斜です。

池田山 大津谷登山道 終点まで1.51km
(11:10)
いくつかの案内板はスキップして終点まで1.51km地点。
こちらに一つ目の三角点「願成寺」があります。
間伐材の再利用か遊歩道のよう!

池田山 大津谷登山道
両脇を木で囲うだけでぐっと一般向けに見えてきますね。
気持ち良くなって登りなのに走っちゃう!

池田山 大津谷登山道 終点まで0.55km
(11:40)
終点まで0.55km地点からは林道歩きです。

池田山 大津谷登山道 林道
林道は薄っすら雪化粧。
足跡を見るとそこまで歩かれている感じもないような?

池田山 大津谷登山道 終点
(11:45)
アスファルトの舗装路へ合流し、ここが大津谷登山道の終点となります。
ここから少し下れば展望の良いハングライダー発進基地。
休憩するには持ってこいの場所ですが、山頂で昼食を目指します!

池田山 林道
池田山の山頂を眺めながらの林道歩き。
今まで怪しかった山頂が麓からでも判別できるようになりました!

池田山 ふるさと沙羅林道
(12:00)
東屋やトイレもあるふるさと沙羅林道。

池田山 ふるさと沙羅林道 分岐
公式には車道を歩くようですが東屋の奥から旧道へ入ることも。
距離は大差ないのでお好みでどうぞ。

池田山 森の駅
(12:05)
冬季休業中の森の駅。 初めて来たときはこちらで自然薯丼をいただきました!

池田山 森の駅殻の眺望 伊吹山方面
森の駅は山頂に勝る絶好の展望地!
昨日に引き続き伊吹山は雲の中・・・残念です。

池田山 登山道
道路を挟んだ向かいから再び登山道へ。
多少別れていますがすぐに合流します。

池田山 登山道
個人的には直進の尾根ルートより左の巻道がお勧めです。

池田山 登山道
ピークを一つ越えてこの尾根を抜ければ山頂はすぐ!

池田山 山頂展望台
(12:20)
展望台のある池田山頂上へ到着。
展望はなくはないものの残念展望です。
大津谷登山口からは2時間・・・少し霞間ヶ渓より近いのかな?

池田山 山頂碑
山頂碑もあります。
東屋で昼食を済ませて帰路は駆け下りて1時間で下山完了!

霞間ヶ渓登山道の焼石神社、ハングライダー発射基地がない分
スポット不足で地味な印象がぬぐえません。
しかしながら、新ルート・・・登らずにはいられませんでした。

たまたま登山口前を通過して大津谷登山道の存在を知りましたが
皆様はご存知でしたでしょうか?
いつもとは違うルートで池田山を登ってみませんか?

最後まで読んでくださってありがとうございます!
池田山 大津谷登山道に興味が湧いた人は応援クリック⇒登山ランキング

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう