飯盛山 遠景
日曜は雨予報。土曜の午後から行ける山は・・・?
志津山に引き続き養老山地を開拓!飯盛山から田代越へ行ってきました!

book 概要

岐阜県海津市羽根谷の奥、525mの山「飯盛山」
養老山地中央に二ノ瀬越よりやや南に位置します。

飯盛山へ登り桜番所、田代越から鉄塔巡視路を経て月見の森へ戻る周遊コースを歩きます。

日程 2015年2月28日
ルート さぼう遊学館 ⇒ 飯盛山 ⇒ 田代越 ⇒ さぼう遊学館
三角点 田代越 四等三角点 「鎌知土」
登山口ナビ Googleマップで「さぼう遊学館」を検索!

camera 写真館

羽根谷だんだん公園 最高地点展望台
載せ切れない写真はこちら ⇒ 飯盛山~田代越-flickr

pen トレッキングレポート

さぼう遊学館 第2駐車場
(14:15)
飯盛山へはさぼう遊学館の第2駐車場から!
砂防ダムをそのまま活かした駐車場は驚きの広さです。

さぼう遊学館 第2駐車場 展望
第2駐車場からの眺めもなかなか・・・。
川遊びしている人もいてとってものどか!

飯盛山 登山口
(14:18)
第2駐車場から更に奥へ向かい登山口へ。
飯盛山山頂までは白龍大神への参道を利用します。

飯盛山 登山道
神社でたまに見るガレた参道。
尾根に出るまではやや急な九十九折の道が続きます。

飯盛山 登山道 勇守霊神各霊碑
(14:40)
登山道から少し入ったところにある勇守霊神各霊碑。
登山口の鳥居もそうですが飯盛山は過去に勇守山と呼ばれていたようですね。
守ったのかそれとも守られたのか・・・思いを馳せるだけで楽しくなってきます。

飯盛山 登山道 分岐
尾根と巻道分岐。テープに従い尾根を進みます。
今後もこのような分岐が多数出てきます。

飯盛山 登山道 分岐
こちらの分岐は木のペンキに従います。
基本的に尾根を外さなければ問題はないはず。
巻道から支尾根に迷い込むのが心配ですからね。

飯盛山 登山道 直登コース分岐
(14:50)
右へ巻いて登り返すのが本来の参道ですが案内のある直登コースを進みます。
同じだけ登るのなら距離は短い方が良い!

飯盛山 白龍大神
(15:15~22)
飯盛山山頂の白龍大神へ裏から失礼しました。

飯盛山 勇守白龍大神
まだ新しい鳥居に御神名碑、小さいながらに山名版もあります。
直登コースの案内を見て登ってきましたが、神様に大変失礼ですね。
以後、ちゃんと鳥居をくぐって来ようと思います。

飯盛山~田代越 登山道
飯盛山で小休止してから田代越へ向かいます。
良く踏まれた登山道がすごく気持ち良い!

飯盛山~田代越 登山道 分岐
(15:30)
ピークを一つ巻いてこの分岐は右を直進が正解。

飯盛山~田代越 登山道 案内板
(15:30)
この看板は笙ヶ岳でも見かけましたね。
凹部は歩きにくいので左の盛り土部分を進みます。

飯盛山~田代越 林道分岐
(15:40)
林道へ出てすぐに山へ入りますが再び林道へ合流します。
この辺りは不法投棄かゴミが散乱していました。
次からゴミ袋を持参しようかな?

飯盛山~田代越 桜番所分岐
引き続き林道を進み県境尾根へ。
直進すれば桜番所、右に三角点、左が田代池方面です。
せっかくなので桜番所へ寄って行きます。

桜番所 看板
(15:45)
江戸時代、美濃からの入林者を取り締まる為に設けられた桜番所跡。
岐阜の山旅100コースではそのまま林道歩きですが時間短縮に県境尾根を行きます。

飯盛山~田代越 登山道 急降
(16:00)
県境尾根へ戻り進むとちょっとびっくりする激下り。
木に体当たりする勢いで下って行きます。

飯盛山~田代越 林道合流
(16:10)
大きく右へ曲がって林道へ。
引き続き県境尾根を進むので左へ進みすぐ山へ入ります。
少し登ってから左に抜けるところが分かりにくいので注意!

飯盛山~田代越 登山道 田代池
(16:30)
左手に林道、右手に田代池を眺めながら快適な尾根歩き。
田代池をゆっくり眺める時間もないので通り過ぎるのみ。
次回は美濃山崎ルートで槫沢池とセットで来たいところ。

田代越 山頂小広場
(16:35-55)
わずかな急登を越えると田代越へ到着。
田代越は峠だと思っていたのですが明らかにピークですね。

田代越 山名板
山名板に四等三角点もあり。
展望はないものの達成感がじわじわと湧いてきます。
少し休んでカロリーチャージ!

田代越 石津御嶽月見の森分岐
(16:55)
県境尾根へ戻り、鉄塔巡視路で月見の森へ向かいます。

田代越 登山道 レストハウス青空 案内板
(17:15)
踏跡を見ると奥にレストハウス青空があるようです。
しかしながら休んでいる暇がない・・・残念です!

田代越 鉄塔巡視路 眺望
ここに来て初めて展望が得られました。

田代越 登山道
驚くほど明瞭な登山道が続きます。
麓の行基寺から田代越へ向かう人が多いのでしょうか?

田代越 行基寺見晴台 眺望
(17:30)
ベンチや小屋がある行基寺見晴台。
レストハウス青空もそうですが充実しています。

飯盛山 遠景
先ほど登って来た飯盛山。
やはりご飯を盛ったような良い形をしていますね。

田代越 案内板
(17:35)
こちらが行基寺・月見の森分岐。
国土地理院地図には月見の森への道は記載されていません。
少し不安ですが月見の森へ。

月見の森 登山道
月見の森へ入るとぐっと整備された登山道へ。
迷うところもなく安心して進むことができました。

羽根谷だんだん公園 最高地点展望台
(17:50~18:00)
羽根谷だんだん公園の最高地点展望台へ到着。
もう6時前なのに・・・随分日が長くなりました。
目処も付いたのでしばらくこの眺めを楽しみます。

羽根谷だんだん公園 展望台 眺望
展望と夜景の良いとこ取り!
天気が良ければ白山・富士山も確認できるようです。
丸太階段を駆け下りて、日が暮れる前に戻ることができました。

初登りのたっくんを連れての山行でしたが鈍ってますね。
熊鈴が聞こえなくなるまで離れると不安になります・・・。

飯盛山~田代越は尾根、巻道の案内のない分岐が多く
いつも以上にルート確認を慎重に行いました。
無装備、無知識で挑むには少し難しいかもしれません。

田代越~月見の森はとても明瞭。
展望地も複数ありおすすめできるルートです。

田代越へは行基寺、美濃山崎からも登ることができます。
次は田代池、槫沢池を楽しみに美濃山崎からかな?

需要を計りかねる養老山地の開拓ですが
半日しか時間のない土曜に登って行こうと思います。
最後まで見てくださってありがとうございました!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう