藤原岳 孫太尾根 福寿草
2014年に福寿草を知り、2015年は入道ヶ岳で空振り。
2年もの時を待ち続け、藤原岳で福寿草と対面を果たしました!

概要

三重県いなべ市と滋賀県東近江市に境界にある1,140mの山「藤原岳」
花の百名山、新・花の百名山に選定されており、全国でも有数の花の山として知られています。
春には藤原岳のシンボルとも言える福寿草を求め、多くの人々が足を運びます。

鈴鹿国定公園 藤原岳・御池岳(「藤原岳-いなべ市観光協会」より)

いなべ市公式登山ルートは2ルート。
大貝戸道(表道)(神武神社 ⇒ 藤原山荘 ⇒ 藤原岳)
聖宝寺(裏道)(聖宝寺 ⇒ 表道8合目合流 ⇒ 藤原山荘 ⇒ 藤原岳)
その他、御池岳から縦走、竜ヶ岳へ縦走などのバリエーションルートもあり。

表道、裏道を踏破した今回は、バリエーションルートの孫太尾根を登って来ました。

日程 2016年3月13日
ルート 孫太尾根(登山口 ⇒ 丸山 ⇒ 草木 ⇒ 多志田山 ⇒ 藤原岳)
登山口ナビ Googleマップ 孫太尾根登山口
北勢町南部第2配水池が目印です。
三角点 三角点はありません
周辺情報 孫太尾根登山口 駐車場 15台

写真館

藤原岳 孫太尾根 セツブンソウ
載せ切れない写真はこちら ⇒ 藤原岳 孫太尾根-flickr

トレッキング日記

藤原岳 孫太尾根 駐車場
(9:00)
孫太尾根の駐車場は15台ほどのスペース。
大貝戸駐車場なら満車必至の時間でも少し余裕があります。

藤原岳 孫太尾根 登山口
(9:10)
南部第2配水池を抜け、孫太尾根が始まります。
福寿草待ってろよー!

藤原岳 孫太尾根 分岐
すぐの分岐は左へ進みます。

藤原岳 孫太尾根 分岐案内
良く見てみれば小さな案内板もあり。

藤原岳 孫太尾根 登山道
杉の植林体を進みます。
二ヶ月振りの本格登山に心も身体も喜んでいる!

藤原岳 孫太尾根 登山道
(9:15)
林道跡との交差はそのまま直進。
右手には炭焼小屋か石垣が残っています。
この小屋へと続く林道だったのかもしれませんね。

藤原岳 孫太尾根 神武社殿跡
(9:20)
稜線に出れば神武社殿跡。
里山では忘れられて朽ち落ちてることもままありますが
こちらは移転されその証に石碑が残っています。

藤原岳 孫太尾根 登山道
孫太尾根の名の通り、明瞭な登山道が続きます。
傾斜もまだまだ緩く駆け出してしまう!

藤原岳 孫太尾根 登山道
早くもカルスト地形が表れ始めました。

藤原岳 孫太尾根 登山道
(9:40)
登り切ると丸山への案内板が迎えてくれました。

藤原岳 孫太尾根 登山道
カルストの隙間を縫うように登って行きます。

藤原岳 孫太尾根より伊勢湾
振り返れば伊勢湾が一望!
道半ばにも至らずこの眺望・・・素晴らしい!

藤原岳 孫太尾根 シキミ
この辺りから花の百名山が本領を発揮!
いろんな花々が楽しませてくれます。
こちらはシキミ。

藤原岳 孫太尾根 アセビ
多くの山で見ることができる鈴なりのアセビ。
アセビと言えばこの時期の入道ヶ岳も登らねば!

藤原岳 孫太尾根 登山道
(10:05)
カルスト地形は姿を隠し、落葉の積もる登山道へ。

藤原岳 孫太尾根 登山道
気持ちの良いアセビとヤマツバキのトンネル。
思わず駆け出すと帽子が枝に落とされる・・・
「ちょっと落ち着きなさい」と聞こえた気がしました。

藤原岳 孫太尾根 登山道 木段
孫太尾根で唯一の整備個所。
わずかながらに木段が整えられています。

藤原岳 孫太尾根 ロープ場
特に必要はないもののロープ場もありました。

藤原岳 孫太尾根 タチツボスミレ
孫太尾根で一輪だけ見つけたタチツボスミレ。

藤原岳 孫太尾根 オニシバリ
形のしっかりしたオニシバリ。
鬼を縛っても切られない樹枝を持ちます。

藤原岳 孫太尾根 ネコノメソウ
あちこちで目にしたヤマネコノメソウ。

藤原岳 孫太尾根 丸山
(10:20-30)
花々を愛でながら1時間ほどで丸山へ到着。
丸山山頂は広いセツブンソウ群落地!
小さなセツブンソウを踏まないよう注意して歩きましょう。

藤原岳 孫太尾根 丸山 セツブンソウ
春の優しさを体現したかのようなセツブンソウ。

藤原岳 孫太尾根 丸山 セツブンソウ
セツブンソウの双子かな?

藤原岳 孫太尾根 丸山 福寿草
福寿草も見つかりましたが終わっていました。
ら高度を上げて行けばそのうち会えそうです!

藤原岳 孫太尾根 ミスミソウ
丸山を少し下り、緩やかな登りを軽快に進んで行きます。
小さくて見落とすところだったミスミソウ。

藤原岳 孫太尾根 登山道
次の草木への登りが始まります。

藤原岳 孫太尾根 セリバオウレン
小さくも華やかなセリバオウレン。
綺麗な花なのにうまくピントを合わせられず残念です。

藤原岳 孫太尾根 草木
(11:05-10)
草木で休憩中のハイカーと情報交換。
「藤原岳まで1時間半。9合目に福寿草が咲き乱れているよ!」

藤原岳 孫太尾根 登山道
次の多志田山へはなかなかの急登。
帰路も走ることができない傾斜に足が・・・

藤原岳 孫太尾根 多志田山
(11:40-50)
広く平坦な山頂の多志田山。
藤原岳への急登に備え、携行食をチャージ!

藤原岳 孫太尾根 残雪
わずかながらに残雪がありました。
来年は残雪から顔を出す福寿草も見てみたい!

藤原岳 孫太尾根より藤原岳
やっと藤原岳が姿を表しました。
左奥のピークが山頂・・・見るからに急登です。

藤原岳 孫太尾根 登山道
切れ落ちた登山道も歩いてみれば特に危険はありません。

藤原岳 孫太尾根 治田峠分岐
(11:55)
竜ヶ岳へ続く治田峠分岐。
孫太尾根が難路・・・そうでもないような?

藤原岳 孫太尾根 福寿草
(12:05)
念願の福寿草群生地へ到着!
福寿草を知ってから二度の冬を越えて・・・やっと!

藤原岳 孫太尾根 福寿草
斜面には探す必要もないくらいに福寿草が咲き乱れています!
まだ開き切っていない花も可愛いですね!

藤原岳 孫太尾根 福寿草
薄く輝く神々しい福寿草も!
この目で見て人気振りに納得がいきました。

藤原岳 孫太尾根 福寿草&セツブンソウ
福寿草に目を奪われていたらセツブンソウもあちこちに。
孫太尾根の9合目は素晴らしい花の宝庫!

藤原岳 孫太尾根 福寿草 つぼみ
福寿草のつぼみが筍のように力強く頭を出しています。
もうしばらく楽しむことができそうですね!

藤原岳 孫太尾根 ガレ場
(12:25)
カルストの稜線へ出れば山頂はすぐ!

藤原岳 孫太尾根 ガレ場より孫太尾根
孫太尾根を振り返って1枚。
ここまで3時間と少し・・・意外と時間が掛かってしまいました。

藤原岳 孫太尾根 福寿草
こんなカルストの中にも力強く福寿草が咲いていました。
コンクリートジャングルに咲くタンポポと同質の強さですね。

藤原岳 山頂広場
(12:30)
藤原岳の山頂は大混雑!
数十人のハイカーで賑わっています。

藤原岳 山頂
決して近くなく身近でもない藤原岳ですが
今回で3回目の登頂となりました。

藤原岳 孫太尾根はバリエーションルートと扱われていますが
多少の分岐はあるものの尾根を外さず歩けば大丈夫でしょう。

藤原山荘から来て孫太尾根の群生地を見たハイカー曰く
「藤原山荘側はロープで守られており残念。」
「孫太尾根は自然で近寄ることもでき、こちらの方が良い。」
距離のある孫太尾根から登った甲斐がありますね!

藤原岳山頂から孫太尾根の福寿草群生地までは10分ほど。
他のルートの方も足を伸ばしてみることをお勧めします!

最後まで読んでくださってありがとうございます!
藤原岳の福寿草に興味が湧いた人は応援クリック⇒登山ランキング