三ノ峰 山頂から別山
4年振りの銚子ヶ峰は気持ちを新たに登ることができました。
山を歩くだけで楽しかった4年前・・・。
今は花、湿原、稜線と楽しみ方が増えた分、更に楽しむことができました。

book 概要

岐阜県郡上市と高山市にまたがる標高1,810mの山、「銚子ヶ峰」
古くから白山の参拝に利用された美濃禅定道の登路上に位置する。
山域は白山国立公園内にある。郡上市の最高峰。

白山・別山の山頂図(「白山・別山の山頂図-石徹白登山口」より)

古より続く美濃禅定道を歩いてきました。

日程 2017年8月6日
ルート 美濃禅定道( 石徹白の大杉 ⇒ 神鳩避難小屋 ⇒ 銚子ヶ峰 ⇒ 一ノ峰 ⇒ 二ノ峰 ⇒ 三ノ峰避難小屋 ⇒ 三ノ峰 )
登山口ナビ Googleマップで「out 石徹白登山口駐車場」を確認!
三角点 銚子ヶ峰 三等三角点 「銚子峯」
ニノ峰 三等三角点 「二ノ峯」
周辺情報 石徹白登山口駐車場 17台
out 満点の湯 大人800円 小人400円

camera 写真館

美濃禅定道 三ノ峰 クガイソウ
載せ切れない写真はこちら ⇒ out 銚子ヶ峰~三ノ峰-flickr

pen トレッキングレポート

銚子ヶ峰 石徹白登山口 駐車場
低山が猛暑に沈む夏、銚子ヶ峰に人が集う理由は白山へのテント泊。
白山はこの時期、多くの高山植物が見頃となります。
天気予報に裏切られ5時発予定が大幅に遅れてのスタートとなりました。

銚子ヶ峰 石徹白登山口 東屋
石徹白登山口には東屋、トイレが整備されています。
前回来たときは東屋内にテントを張られていた方がいました。

銚子ヶ峰 石徹白登山口
(7:20)
ここに来るのは4年振り・・・前回はしなと共に6時発でニノ峰で撤退でした。
出発から1時間半も遅れたけれど、積み上げた経験が後押ししてくれるはず・・・

銚子ヶ峰 登山道 石段
銚子ヶ峰は白山へと続く美濃禅定道上にあります。
早朝の雨は森の濃さを増し、荘厳な空気が満たされています。

銚子ヶ峰 登山道 マット
(7:30)
420段の石段を越え、靴底から下界の泥を取り除けば、森の長老が現われます。

IMG_2795
樹齢1,800余年、高さ24m、幹まわり13mを誇る「いとしろの大杉」
気づけば手を合わせ、この山行の無事をお祈りしていました。

銚子ヶ峰 登山道
この先でアクシデントが発生!
熊が朽木でお食事中とのことで少し待って後続の団体と合流。
大人数でゆっくりゆっくり進むと熊の姿はありませんでした。

銚子ヶ峰 タマゴダケ
鮮やかな傘を持つタマゴダケ。
有毒キノコに誤解されがちだけど、食用キノコとして人気があります。
しかしながら、キノコは怖くて手が出せません・・・

銚子ヶ峰 登山道 登山口より1km地点
熊の心配もなくなったところでスピードアップ。
ちょっとした登りと平坦地が交互に現れるので軽快に進んで行きます。
4年前は余裕がなくて覚えてないけど、銚子ヶ峰ってこんなに登りやすいお山だったんだ。

銚子ヶ峰 登山道 沢
(8:10)
雨上がりでも穏やかな沢を一跨ぎ。
晴れていれば水がない涸沢となっているのかもしれませんね。

銚子ヶ峰 おたけり坂
(8:20)
女人禁制の白山を登ろうとした泰澄の母を神様が叱ったときに
「泰澄の母なるぞ」とおたけりをあげたとされるおたけり坂。
距離はないものの急登が始まります。

銚子ヶ峰 雨やどりの岩屋
(8:25)
泰澄の母が雨やどりをしたとされる雨やどりの岩屋。
入口が岩で封印されているような・・・?

銚子ヶ峰 登山道より山頂
左手が開けて銚子ヶ峰の山頂が現れました。
大きく右から回り込むのでもう少し時間が掛かります。

銚子ヶ峰 花 黄
サウンドノベルで一躍名を馳せた弟切草
「花言葉は・・・復讐」にピンと来る方もいるのではないでしょうか?

銚子ヶ峰 神鳩避難小屋
(8:55-9:05)
およそ1時間半で神鳩避難小屋へ辿り着きました。
当たり前だけど、4年前と変わらない小屋。
今回もメッセージを書き残しました「4年振りに来ました。別山行けるかな?」

銚子ヶ峰 神鳩避難小屋 水場入口
神鳩避難小屋から10分ほど下ると冷たくて美味しい水場があります。
なのでこの周辺では絶対に排泄してはいけません!

銚子ヶ峰 登山道 登山口より4km地点
(9:15)
見えていた銚子ヶ峰の頂が霧に消えてしまった。
でも、今日の天気は尻上がり。風が吹けばすぐに姿を見せてくれるんでしょう?

銚子ヶ峰 登山道
母御岩が青空を連れて来てくれました。
またしなを母御岩に座らせてその成長っぷりを並べて見たかったな・・・

銚子ヶ峰 登山道 シモツケソウ
伊吹山が教えてくれたシモツケソウ。ぽつりぽつりと咲いていました。

銚子ヶ峰 母御岩
(9:30-35)
空が青さを増し、呼応するように歩みも軽快だけど、既に2時間が経過・・・
先はまだ長いので母御岩で携行食を補給。

銚子ヶ峰 母御岩 ミヤマイワニガナ
母御岩の陰でミヤマイワニガナが咲いていました。
4年前はまだ花に興味がなく記憶にないけど、こんなに花が咲いてたんだ・・・

銚子ヶ峰 登山道 マルバダケブキ
ちょっとだらしなく咲くのはマルバダケブキ。

美濃禅定道 銚子ヶ峰 ギボウシ
ギボウシも咲き始めていました。

銚子ヶ峰 山頂部
4年前と変わらない銚子ヶ峰の山頂部。ガスがなければ右奥に別山が見えます。
思えば笹原から伸びる登山道に惹かれたのはこの銚子ヶ峰が初めかもしれない。

銚子ヶ峰 山頂直下 ニッコウキスゲ
銚子ヶ峰の山頂直下でニッコウキスゲが一輪だけ咲いていました。
三ノ峰から別山に掛けて群生しているようですがちょっと遅いかな?

美濃禅定道 銚子ヶ峰 山頂
(9:50-10:00)
休憩込でおよそ2時間半、銚子ヶ峰に登頂することができました。
母御岩で補給したで通過するつもりでした。懐かしさで思わず足を止めてしまいました。
4年前は「しなの心を折る」と掲げて登った銚子ヶ峰・・・そこから交際に至るんだから不思議です。

銚子ヶ峰 一ノ峰への偽ピーク
空は青さを取り戻しつつあるに一ノ峰から先は閉ざされたまま・・・
見えている2つのピークは名のない偽ピークです。

銚子ヶ峰 うえ田と笠場湿原 下り口
(10:15)
倒れたまま放置されていたのは「うえ田と笠場湿原下り口」
側面には「つなぎぶしの桧」とも刻まれていました。

美濃禅定道 笠場湿原
笠場湿原への下りはかなりの藪漕ぎを強いられそうです。
奥に続くのは願教寺山・・・登山道がなく残雪期のみ登れるお山です。

美濃禅定道 一ノ峰~三ノ峰
ピークを二つ越えるといよいよ一ノ峰から三ノ峰への稜線が姿を現しました。
ここから一ノ峰までは急で狭い登山道・・・軽く心を揺らしに来ます。

美濃禅定道 銚子ヶ峰~一ノ峰 タカネナデシコ
揺さぶられた心を癒すかのようにタカネナデシコが現れました。
大和撫子って清楚な美しさをナデシコに見立てた美称と言われますが華やか過ぎじゃ?

美濃禅定道 一ノ峰 山頂
(10:40-45)
見晴らしの良い一ノ峰。ここまで共に来た登山者達は引き返すらしくしばし談笑。
4年前はニノ峰で撤退したので、最低でも三ノ峰までは足を止められないんです。

銚子ヶ峰 一ノ峰から二ノ峰
すっかり忘れていたけど、ニノ峰へ続く稜線はこの美しさ。
前回は必至過ぎてこの眺望に目を向ける余裕がなかったんだろうな・・・
4年の歳月を経て眺望や花を楽しむ余裕が養われています。

銚子ヶ峰 一ノ峰 ハクサンフウロ
二ノ峰から花々が一段と種類を増してきました。
ハクサンフウロは白山へと近付いている証のように感じられて嬉しくなりました。

銚子ヶ峰 一ノ峰 ミヤマアキノキリンソウ
アキノキリンソウの高山種であるミヤマアキノキリンソウ。
花が丁部に固まって付くのが特徴です。

銚子ヶ峰 一ノ峰 カラマツソウ
花弁はなく花糸が広がるカラマツソウ。
カラマツの葉を思わせることに由来します。

銚子ヶ峰 二ノ峰 ヤマハハコ
カラマツソウとは対称的にギュギュっと詰まったヤマハハコ。
他にはウマノアシガタ、ヨツバヒヨドリ、タカネニガナが咲いていました。

美濃禅定道 二ノ峰 鬼の昇面岩
ちょっとどこにあるか分からなかった鬼の昇面岩。
次はちゃんと写真に収めようと思います。

美濃禅定道 二ノ峰 山頂
(11:45)
前回、水分が1Lを切って泣く泣く撤退した二ノ峰。
いよいよここからが未踏部へと足を踏み入れて行きます。

銚子ヶ峰 二ノ峰 シモツケソウ
ハクサンアザミ、シモツケソウ、ウマノアシガタの群落。
未踏領域への門出を祝うかのように多くの花々が見送ってくれました。

銚子ヶ峰 二ノ峰から三ノ峰
この時間では別山へは絶望的・・・しかしながら、未踏の三ノ峰への歩みは心躍ります。
ガスは相変わらず濃いままだけど、不思議と登る先は晴れてくれる。

銚子ヶ峰 二ノ峰~三ノ峰 水呑釈迦堂分岐
(11:55)
ニノ峰と三ノ峰の鞍部にある水呑釈迦堂分岐、ここから5分ほど下ると水場があるります。
下りで行ってみたところ、水が染み出すほどで使えたら幸運くらいに思った方が良さそうです。

美濃禅定道 二ノ峰~三ノ峰 タカネマツムシソウ
初対面となるタカネマツムシソウ。
マツムシソウの高山変種でミヤママツムシソウとも呼ばれます。

銚子ヶ峰 三ノ峰 ロープ場
二ノ峰からも見えていた踊り場にはロープもありました。
雨天時は泥で滑りやすいのかな?

銚子ヶ峰 三ノ峰 振り返り
振り返るとニノ峰の美しい稜線が広がっていました。
表も裏も美しい稜線を描くニノ峰は美濃禅定道のハイライトかもしれない。

美濃禅定道 三ノ峰 ヨツバシオガマ
三ノ峰避難小屋に近付くに連れ、また違った花々が迎えてくれます。
こちらは初対面のヨツバシオガマ。

三ノ峰 ミヤマダイモンジソウ
ユキノシタかなと思いきやミヤマダイモンジソウでした。

銚子ヶ峰 三ノ峰 ハクサンコザクラ
白山のシンボルとも言えるハクサンコザクラ。
室堂周辺から大汝峰で見られるお花畑は圧巻でした。

銚子ヶ峰 三ノ峰避難小屋
(12:30-35)
多くの花々に足を止めながら、三ノ峰避難小屋に辿り着きました。
上小池ルートと合流することもあって登山者が賑わっています。

銚子ヶ峰 三ノ峰避難小屋 内部
三ノ峰避難小屋は神鳩避難小屋と同じく管理が行き届いています。
次は別山と言わず、ここで止まって白山まで行ってみたいな・・・
いや、南竜ヶ馬場まで歩いた方が二日目が楽できるかな?

銚子ヶ峰 三ノ峰避難小屋から三ノ峰
「あれが三ノ峰ですか!?」「あれは偽物でもうちょっと奥だよ」
・・・銚子ヶ峰でもやられた偽ピークでした。

銚子ヶ峰 三ノ峰 カライトソウ
三ノ峰避難小屋から三ノ峰は高山植物が咲き乱れていました。
こちらの赤い猫じゃらしはカライトソウ。

銚子ヶ峰 三ノ峰 ハクサンシャジン
風に揺れて音を奏でそうなハクサンシャジン。

美濃禅定道 三ノ峰 クガイソウ
立ち並ぶクガイソウ・・・ここまで見られなかった花々が大集合。
別山を諦め意気消沈していたところに用意された宝物に救われました。

銚子ヶ峰 三ノ峰 お花畑 シモツケソウ
単独でしか見られなかったシモツケソウも鮮やかに咲き誇ります。
地元の伊吹山でも見事なお花畑が見られるようでいつか見に行かなきゃ・・・

三ノ峰 直下 登山道
花々を愛でながら登れば瞬く間に三ノ峰の頂が見えて来ました。

三ノ峰 山頂から別山
(12:45-13:00)
石徹白登山口から5時間半を掛けて三ノ峰。
銚子ヶ峰から見た別山の美しさにいつか登ってやると決意したものの
最近の山不足に早朝の雨と重なり、登頂に至りませんでした。

美濃禅定道 三ノ峰から別山・白山
別山の左奥には白山の双耳峰が控えています。
次は別山は当然として1泊2日で白山を目指してみようかな?

4年振りの銚子ヶ峰は気持ちを新たに登ることができました。
山を歩くだけで楽しかった4年前・・・。
今は花、湿原、稜線と楽しみ方が増えた分、更に楽しむことができました。

距離が長い分、花が移り変わって行くのも醍醐味の一つ。
健脚向けルートですが早出や小屋泊すれば、無理なく楽しむことができます。
お盆前の調整にぴったりのルートです。
引き返すことを前提に行けるところまで行ってみてはどうでしょう?

最後まで読んでくださってありがとうございます!
銚子ヶ峰に興味が湧いた人は応援クリック ⇒ out 登山ランキング

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう