雨乞岳 武平峠ルート 東雨乞岳から雨乞岳
雨乞岳は距離こそ長いものの標高差は400mほど。
七人山のコルから急登が始まりますが、振り返れば眺望が疲れを吹き飛ばしてくれます。
渡渉を繰り返す登山道は飽きが来ず、クマザサの山頂は雄大!
森林浴にぴったりの癒しのお山でした!

book 概要

滋賀県東近江市と甲賀市の境にある標高1,238 mの山、「雨乞岳」
御池岳へ次ぐ鈴鹿山脈第2の高峰で、「白倉岳」、「藤切岳」と呼ばれることも。
山頂には「大峠ノ沢」と呼ばれる小池があり、雨乞信仰の対象とされたことが山名の由来です。

主な登山ルートはこの5ルートです。
・武平トンネルからクラ谷、東雨乞岳を経るルート
・稲ヶ谷ルート
・朝明渓谷から根の平峠、杉峠を経るルート
・甲津畑から杉峠を経るルート
・綿向山からイハイガ岳、大峠、清水頭を経る縦走ルート

今回は「滋賀県の山」掲載の武平トンネルからクラ谷、東雨乞岳を経るルートを登ってきました。

日程 2015年5月17日
ルート 武平トンネル西登山口 ⇒ 沢谷峠 ⇒ クラ谷 ⇒ 七人山 ⇒ 東雨乞岳 ⇒ 雨乞岳
登山口ナビ Googleマップで「武平トンネル西駐車場」を確認!
三角点 雨乞岳 三等三角点 「雨乞岳」
周辺情報 武平トンネル西駐車場 15台


camera 写真館

雨乞岳 武平峠ルート 七人山 山頂部
載せ切れない写真はこちら ⇒ 雨乞岳 武平峠ルート-flickr

pen トレッキングレポート

雨乞岳 武平トンネル西駐車スペース
(7:05)
武平トンネル西の駐車スペースは7時過ぎには満車間近!
気合の入った前夜泊組もちらほら・・・。
もちろん、いちも前夜泊組です!

雨乞岳 武平トンネル西駐車場
道の反対側にもう少し広い駐車場があります。
ざっと15台ほどでしょうか?

雨乞岳 武平峠ルート 武平トンネル西登山口
(7:20)
駐車スペースから橋を渡ると右手に武平トンネル西登山口。
少し戻り気味に進んでいきます。

雨乞岳 武平峠ルート 登山口すぐの不明瞭
数分ですぐ左手を登って行きます。
足元に小さい看板がありますが分かりにくいので注意してください。

雨乞岳 武平峠ルート 登山道 立入禁止
(7:25)
明瞭な登山道が突然立入禁止・・・。
右に続く踏み跡を追って行きます。

雨乞岳 武平峠ルート 登山道 崩落
(7:27)
・・・が誤って元の道へ合流してしまったようです。
恐らくこの崩落を避ける為の立入禁止。
中央の石に足が掛かり問題なく進むことができました!

雨乞岳 武平峠ルート 炭焼小屋跡
(7:32)
これは・・・炭焼き小屋跡でしょうか?

雨乞岳 武平峠ルート 登山道
雨が降っているわけでもないのに登山道が沢状態。
・・・そろそろヒルが怖い季節がやってきますね。

雨乞岳 登山道 渡渉ポイント
(7:42)
このルートは何回も渡渉を繰り返しながら進みます。

雨乞岳 武平峠ルート ヤマツツジ
③番看板を超えると初のヤマツツジ。
ピンクのミツバツツジは見慣れていますが色が違うだけでこうも新鮮とは・・・。

雨乞岳 武平峠ルート 登山道
新緑の森を沢のせせらぎと共に歩く。
この気持ち良さはハイカーズハイとでも呼べば良いんでしょうか?

雨乞岳 武平峠ルート 登山道 枯れ沢登り
(8:10)
④番の沢谷峠を越えると楽しい楽しい沢登り!
・・・残念ながら一瞬で終了です。

雨乞岳 武平峠ルート イワカガミ
まだまだ元気な春の使者、イワカガミ。

雨乞岳 武平峠ルート 登山道 渡渉ポイント
飛石選びが楽しい!

雨乞岳 武平峠ルート ⑤クラ谷
(8:25-30)
⑤番のクラ谷。1時間強歩き続けてやっと半分。
参考タイムより随分早く来れてますね。

雨乞岳 武平峠ルート 登山道 滝
たまにこんなに立派な滝もあります。
夏なら飛び込んでます!

雨乞岳 武平峠ルート ⑦ 七人山のコル
(9:10)
⑦番の七人山のコルへ到着。
もちろん、七人山へ寄って行きます!

雨乞岳 武平峠ルート 七人山 山頂部
七人山頂部は新緑線が広がります。
ここで追いかけっこしたら楽しそう・・・

雨乞岳 武平峠ルート 七人山 山頂 たっくん
(9:15)
駆け上って5分で七人山頂へ。
たっくんが人々・・・忍々しているようです。

雨乞岳 武平峠ルート 七人山のコル 雨乞岳方面
七人山のコルへ戻り、雨乞岳方面へ。
素晴らしい新緑のトンネルに足も軽くなる!

雨乞岳 武平峠ルート 笹登山道
最初で最後の急登をがんばって越えれば・・・

雨乞岳 武平峠ルート 東雨乞岳 山頂
(9:45-10:00)
パノラマビューの東雨乞岳へ到着!
苦戦中のたっくんを待ちながら眺望を楽しみます。

雨乞岳 武平峠ルート 東雨乞岳より御在所岳・鎌ヶ岳
左・御在所岳、中央・雲母峰、右・鎌ヶ岳。
こちら側から見る鎌尾根はなんだか可愛く見えますね。

雨乞岳 武平峠ルート 東雨乞岳から雨乞岳
目指す雨乞岳はもう目と鼻の先!
この笹原上の登山道・・・良いですね!

雨乞岳 武平峠ルート ハルリンドウ
稜線上ではハルリンドウが励ましてくれました。

雨乞岳 山頂
(10:15-35)
雨乞岳登頂で鈴鹿セブンマウンテン制覇へリーチ!
最後は竜ヶ岳を残すのみです。

雨乞岳 山頂広場
東雨乞岳よりぐっと狭い雨乞岳山頂。
昼食には早いけれどゆっくりカロリーチャージ。

雨乞岳 大峠ノ沢
こちらが古くから雨乞信仰の対象とされてきた大峠ノ沢。
同様の信仰の池としては夜叉ヶ池がありますね。

雨乞岳 大峠ノ沢 おたまじゃくし
大峠ノ沢にはおたまじゃくしがうじゃうじゃ!

雨乞岳より綿向山
樹氷の美しさで全国区の知名度を誇る綿向山も。
水無山~竜王山の縦走コースに興味津々です。

雨乞岳 武平峠ルート 東雨乞岳より杉峠への稜線
東雨乞岳から眺める杉峠への稜線。
歩いても走っても楽しそう!

雨乞岳 武平峠ルート 登山道
新緑の森を駆け抜けて行くとたっくんがいない・・・。
釈迦ヶ岳で著しい成長を見せたのに調子が悪いのかな?

武平トンネル西駐車場 清掃結果
山頂から2時間で下山完了。
たっくん待ちの時間を使って駐車場のゴミ拾い。
これは良い時間の使い方を見つけたかもしれない!

雨乞岳は距離は長いものの標高差は400mほど。
七人山のコルから急登が始まりますが、振り返れば眺望が疲れを吹き飛ばしてくれます。
渡渉を繰り返す登山道は飽きが来ず、クマザサの山頂は雄大!
森林浴にぴったりの癒しのお山でした!

最後まで読んでくださってありがとうございます!
雨乞岳 武平峠ルートに興味が湧いた人は応援クリック ⇒ 登山ランキング